DIYと暮らしを楽しむ

賃貸で原状回復が出来るDIYを楽しんでいます。100均DIY/ハンドメイド/プラバン/カフェ巡り/暮らしを楽しむ色んなこと。

イケアの「ソープディスペンサー」をDIYしたラベルでリメイク!

我が家では、食器用洗剤を市販のボトルのまま使っています。

 

でも、何か詰め替え用のカッコイイ容器が欲しいなとずっと思っていました。

 

そこで、イケアで買った『ソープディスペンサー』を、食器用洗剤の詰め替え用容器として使ってみることにしました。

 

IKEAのソープディスペンサーとシャンプーボトル

  

このままではシンプル過ぎて自分好みではないので、少しリメイクをしました。

 

ラベルを手作りして『ソープディスペンサー』に貼っただけなのですが、結構雰囲気を変えることが出来ました。

 

ラベル作りには、簡単にオリジナルのシールが作れる100均の『シール用紙』を使いました。

 

 

イケアの「ディスペンサー」をおしゃれにリメイク出来る手作りラベルを簡単にDIYする方法!

 

おしゃれなラベルを自作するには、まずネット検索で「無料フォント」を探します。

 

無料で使えるおしゃれでかっこええ文字は、選びきれないくらいに沢山あります。

 

私がたまに利用している『フリーフォント』のサイトです。

 

www.fontsquirrel.com

 

注意しないといけないのは、商用利用が禁止のフォントもあるということです。

 

個人的にただ楽しむだけでの利用だと、ほとんどのフリー素材を普通に利用することが出来ますが、【利用規約】には必ず目を通しておいた方がいいです。 

 

英語でも、翻訳アプリにコピペしながら【利用規約】を確認することが出来ます。

 

でも、そういう作業ってやっぱり面倒くさいです。

 

フリー素材を探すのが面倒ならば素材集がおすすめ!

 

私はフリー素材をネット検索で探して【利用規約】に目を通す作業が疲れたので、「もう素材集を買っちゃいなよ!」と何かが吹っ切れて素材集でを買いました。

 

結果、思ったのは...「買って良かった!!」です。

 

今回のラベルも素材集で作りました。

 

手作りラベルをパソコンで作る

 

何時間もかけて無料の素材を探して、【利用規約】を気にする時間は本当にもったいないです。

 

素材集が手元にあれば、お手本を見ながら本の中の素材をペタリと貼り付けていくだけで、簡単におしゃれな『手作りラベル』が作れます。

 

今回の自作ラベルも、手書き風のイラストレタリングをコピペして作りました。

 

k100均クラフト用紙に手作りラベルをコピーする

 

素材集があれば、こんな感じのラベルが簡単に作れます。

 

長時間かけて目の疲れと戦って、【利用規約】を一つ一つ確認しながらネット検索で素材を探し続ける作業よりも遥かに効率が良くて楽しく作れました。

 

自分の好みが集まった素材集があるならば、試しに一冊は買ってみるべきだと思いました。

 

私が書店で見つけて買ったのは『ニューヨークデザインブック』です。レタリングのロゴも沢山あったので、ドンピシャで自分好みでした。

 

 

初めて素材集を買いましたが、一冊買うと何冊も欲しくなるくらいに使い勝手は最高でした。

 

この素材集で作った「ラベル」は、100均のシール用紙でプリントアウトしました。

 

100均の『シール用紙』でラベルをプリントアウトする!

 

素材集で自作した「ラベル」を、100均の『シール用紙』でプリントアウトしてみました。

 

100均のシールが作れるコピー用紙

 

うーん... 試しにクラフト用紙でプリントアウトした「ラベル」の雰囲気の方が、アンティークっぽくて好きでした。

 

ただの白の用紙でプリントアウトすると、めちゃくちゃ普通な感じになってしまいました。

 

100均のシールが作れるコピー用紙で作ったラベル

 

でも、このめちゃくちゃ普通な感じが嫌いな場合も、プリントアウトする前にデザインに、クラフト用紙の色や画像をはめ込んでおくだけで解決されます。

 

クラフト用紙の画像素材も、今回の購入した本の中には入っていました。

 

 

100均の「シール用紙」は、防水加工はされていません。

 

このまま水回りで使っても、すぐにシールが剥がれてきてしまいます。

 

そこで、簡単な防水対策をしておきます。

 

100均の幅広テープで『シール用紙』をコーティングする!

 

100均では、梱包用として幅広のビニールテープが販売されています。

 

このテープを、手作りした『ラベル』の全体にかぶさるように貼り付けます。(※ ラミネートするイメージ)

 

100均のビニールテープとラベルシールで防水対策する

 

次に、「ラベル」の周りに数ミリの余裕をもたせて、ビニールテープをはさみでカットします。

 

100均のビニールテープで防水対策をするリメイク

 

最後に、「ラベル」を裏返してシールを剥がします。

 

100均シール用紙でラベルを作る使い方

 

イケアの『ソープディスペンサー』に『手作りラベル』を貼り付けて、プラ容器に詰め替え用で購入した食器用洗剤を入れます。

 

IKEAのソープディスペンサーに100均DIYの手作りラベルを貼る

 

竹で出来たケースを被せてポンプの蓋を取り付ければ、『手作りラベル』でリメイクした『ソープディスペンサー』の完成です。

 

IKEAのソープディスペンサーを手作りラベルでリメイクする

 

『ラベル』を貼るだけでも、雰囲気がガラリと変わりました。

 

IKEAの『ソープディスペンサー』は水回りで濡れても大丈夫なのか?

 

IKEAの『ソープディスペンサー』は、竹で出来た箱をプラ容器に被せて使います。

 

詰め替えも、慣れれば楽ちんです。

 

IKEAの詰め替え用ボトル&ソープディスペンサー

 

でも、「食器用洗剤を入れて水回りで使っても大丈夫か?」と少し心配になりますよね。

 

IKEAの『ソープディスペンサー』は、木材ではなくてを使用しています。竹は耐摩耗性に優れた天然素材を使用しているそうです。

 

試しに少しだけ水に濡らしてみましたが、ぐんぐん水が染み込む感じはありませんでした。

 

多少は水を弾いてくれるので、直ぐに拭き取れば全然大丈夫です。

 

これから使い続けるとどうなるかは分かりませんが、我が家ではしばらく食器用洗剤の詰め替え用容器として水回りで使ってみようと思います。

 

こっちは、ラベルを貼っていないIKEAの『ソープディスペンサー』です。

 

IKEAのソープディスペンサー

 

こっちは、100均のシール用紙とフォント素材集を使った『手作りラベル』を貼って、プチリメイクをしたIKEAの『ソープディスペンサー』です。

 

IKEAのソープディスペンサーに手作りのレタリングラベルを貼る

 

ちょっとだけ雰囲気が変わりました。

 

もっと素敵なラベルが作れるように、これからもちょくちょく素材を使って作っていこうと思います。

 

おすすめの『ラベル素材集』は絶対にこれ!

 

おしゃれなレタリング文字で人気のインスタグラマーの方もよく素材集を発売しています。

 

なかでも、TAM’S WORKSさんの『手書き文字』の素材集がかなりおすすめです。

 

インスタでのフォロワーが35万人を超える超大人気のインスタグラマーさんで、レタリングの文字もおしゃれだし、その文字で作る『消しゴムはんこ』も凄く可愛いです。

 

 

本の中では、素材集を使った自作ラベルだけではない、色んなハンドメイドの作り方や活用方法まで紹介してくれています。

 

素材集が気になる方は、是非チェックしてみて欲しいです。

 

おしゃれなレタリング文字やイラストは、『西海岸インテリア』や『男前インテリア』にも使える素材がてんこ盛りです。

 

今日はここまで〜