DIYと暮らしを楽しむ

賃貸で原状回復が出来るDIYを楽しんでいます。100均DIY/ハンドメイド/プラバン/カフェ巡り/暮らしを楽しむ色んなこと。

100均プラバンとレジンを使った完成度の高い「ぷっくり立体ピアス」の作り方!

今でも人気のあるプラバンアクセサリー作り。私もよく作るのですがピアスやブローチを作っていると中途半端にプラバンが余る時があります。

 

絵を書くスペースすら無い本当に小さなプラバンの欠片(かけら)みたいな切れ端です。

 

どうせ使えないと捨てている人も多いであろうそんなプラバンの欠片を使って立体ピアスを作ってみました。

 

プラバンの欠片を拾い集めて重ねてレジンで固めればこんな立体ピアスが作れます。

 

立体ピアスのパーツ

 

着色やぷっくりとさせる為に使った材料も100均で揃えることが出来ます。紹介した写真のピアスはホイルネイル用のシートとリキュールネイルを使っています。

 

捨ててしまっていたものでDIYしたこのピアスはとても簡単な方法で作れます。それでは作り方を紹介します。

 

 

100均プラバンでも出来る手作り「ぷっくり立体ピアス」の作り方!

 

まず、プラバンでアクセサリーを作った時に中途半端に余ったプラバンの欠片を三角形にカットします。

 

大きいのがあったり小さいのがあったりの適当で大丈夫です。

 

カットしたプラバンは色を付けずにトースターに入れて焼き、小さいプラ板の欠片のような三角形パーツを作ります。

 

プラバンアクセサリーに着色する時の方法

 

今回はプラバンを焼く前ではなくて焼いた後に着色をしていきます。

 

焼いたプラバンにマニキュアで着色をしていく

 

トースターで焼いた三角形のプラバンに色を塗っていくのですが、小さな欠片なのでプラバンが動いて塗りにくい場合があります。

 

そんな時は丸めたマスキングテープの上に貼って固定するとプラバンが動かないので塗りやすいです。

 

リキュールネイルとマニキュアを塗ったプラバン

 

プラ板の着色で使ったのはマニキュアとリキュールネイルです。

 

リキュールネイルでの手作りピアスについては以前にも「プラバンとリキュールネイルで作る本格派プラバンピアスがお洒落!」の記事で紹介しています。

 

重ねて作る「立体ピアス」は透明感が出た方が可愛いと思うのでリキュールネイルを使いました。使用したリキュールネイルは100均(キャンドゥ)で購入したものです。

 

リキュールネイルがしっかりと乾いたら立体ピアスの形に組んで固めていきます。

 

三角形プラバンを立体的に重ねて固めるにはレジンを使う

 

マニキュアやリキュールネイルを塗ったカラフルなプラバンの中から好きな色の組み合わせを選びます。

 

立体プラバンピアス

 

選んだ色の組み合わせでレジンを塗って重ねて固めます。この方法で重ねた2個のプラバンはしっかりと接着されます。

 

レジンで接着したプラバンアクセサリー

 

UVレジンは太陽光に当てても固まりますがそれだと何時間もかかってしまいます。そんな時はレジンを硬化する機械があると凄く楽ちんです。

 

数分で固めることが出来て数千円程度で購入することが出来ます。

 

 

レジンは接着だけじゃなくてプラバンの仕上げコーティングでも使えます。レジンでコーティングの仕上げをするとぷっくりツヤツヤになって完成度が高く見えます。

 

プラバンアクセサリーを頻繁に作っていく予定があるのならレジンを固める機械があるとかなり便利です。5分もあればレジンを固めることが出来るからです。

 

仕上がりをぷっくりとして見せたくない場合は水性ニスでのコーティングが一般的ですが普通の水性ニスだと油性ペンでも滲んでしまいます。

 

水性ニスを使う場合は油性ペンが滲まない「パジコ水性ニス」がおすすめです。

 

 

重ねたプラバンをレジンで接着して固めたら立体ピアスをデコっていきます。

 

100均のホイルネイル用アイテムを使って「立体プラバン」をデコっていく

 

レジンをしっかりと固めて重ねた三角形のプラバン同士が完全に固定されたら、100均のホイルネイルとトップコートを使います 。

 

100均のプラバンホイルネイル

 

トップコートをプラバンに塗ってベタベタするくらいになるまで乾かします。

 

ポイントは完全には乾かさないことです。少しベタベタするくらいにまで乾かしたら100均のホイルをペタペタとプラバンにあてます。

 

すると、ホイルシートをプラバンに当ててペタペタとした部分にホイルがくっついて柄になります。

 

100均のホイルネイルシートを使ったプラバン

 

同じ手順で色んな色のホイルを重ねる事でカラフルなプラバンピアスが作れます。

 

ホイルシートで作るカラフルなプラバンアクセサリー

 

ホイルを使うと三角プラバンピアスを2個重ねた「立体ピアス」でもカラフルで少し大人っぽいプラバンアクセサリーが作れます。

 

三角立体のプラバンピアス

 

同じ工程で色違いを何種類か作ってみました。色が違うだけで全て同じ工程なのに雰囲気が違う大人っぽいものまで沢山作れます。

 

立体的な大人のプラバンピアス

 

リキュールネイルを使うとステンドガラスみたいに透き通ってプラバンを重ねた時も凄く綺麗です。

 

コーティング仕上げもレジンで行うことで表面をぷっくりとさせて完成度を高く見せることも出来ます。

 

中途半端に余ったプラバンでも立体的でキラキラしたピアスが作れるなんて凄く得した気分になりましがデメリットもありました。

 

それは、とにかく時間がかかって面倒臭いということです。

 

普通のプラバンにイラストを書いて焼くだけの「プラバンピアス」よりも手間も時間もかかってしまいました。

 

プラバンの欠片を捨てずに残しておいて気が向いたら作るくらいが丁度いいのかと思います。

 

自分にはイラストを書いて焼いて作るプラバンの方が楽しんで作れて合っていると思いましたが、取り敢えず中途半端に余るプラバンは捨てずに取っておきたいと思います。

 

今日はここまで〜