DIYと暮らしを楽しむ

賃貸で原状回復が出来るDIYを楽しんでいます。100均DIY/ハンドメイド/プラバン/カフェ巡り/暮らしを楽しむ色んなこと。

ディアウォールで壁に収納棚をDIYする簡単な方法とアレンジアイデア!

こんにちは!もんちです・ω・)ノ

 

「壁に穴を開けずに簡単な収納棚を作って欲しい」とお願いされたので、実家に帰ってディアウォールで収納棚を作りました。

 

ディアウォールを使えば、賃貸で壁に穴を開けられないお家でもしっかりと頑丈な収納棚が作れます。

 

今回は、棚柱(ガチャ柱)と組み合わせて、置く物の高さに合わせて棚板を移動させることが出来るタイプの収納棚をDIYしました。

 

 

ディアウォールで可動式のおしゃれな「収納棚」をDIYする時の材料!

 

まず、必要なのは木材です。
 
作りたい場所の ①柱の高さ(長さ)、②棚板の幅(長さ)をはかってメモをしておきます。
 
ホームセンターで店員さんに長さを伝えると、購入後にお店でカットしてくれます。

ツーバイフォー
 
ディアウォールで使える木材は、2×4材(ツーバイフォー材)です。
 
どこのホームセンターでも「2×4材(ツーバイフォー材)」と書かれた札が付いて、分かりやすく販売されています。
 
「2×4材(ツーバイフォー材)」は、通販でも購入することが出来て、カッコいい色を塗ってくれているものもあります。
 
 
ただ、通販だと送料がかかってしまいます。
 
車があって近くにホームセンターがあるのならば、自分で買いに行って木材を買ってカットしてもらって、自分で塗装した方が安いです。
 
私は軽自動車ですが、座席を倒せば180cmの木材も運ぶことが出来ました。
 
「そんなの色々と面倒くさい!」って時には、全部してくれる通販がかなり便利です。
 
私は、「面倒くさいな〜」と言いながらも自分で塗装しました。
 

ツーバイフォー 2✕4材
  
 
木材以外に必要な材料は4つです。
 
  1. 棚柱
  2. 棚受け
  3. ディアウォール
  4. ビス
 
棚受けは必要な棚の数に合わせて用意します。
 
今回は、3段の棚を作る予定なので、3組の棚受けを購入しました。
 
ディアウォール 棚受け
 
全部ホームセンターで揃いますが、ディアウォールはAmazonでまとめて買った方が安く購入することが出来ました。
 
 
棚柱や棚受けなどの金具類も通販で購入出来ましたが、送料が高くなるのでホームセンターで購入した方が安いです。
 
材料が揃ったら、さっそく作っていきます。
 
 
 
 

ディアウォールで可動式のおしゃれな「収納棚」を作る方法!

 
まず、棚を作ると決めた場所に棚板を固定する為の柱を立てます。
 
壁際の方が安全です。
 
今回は、頑丈な家具の上の空いた場所に作って欲しいとのことでした。

食器棚
 
この家具の上に、ディアウォールを使って柱を2本立てます。
 

ディアウォールで強度がある「突っ張り柱」を立てるには天井からマイナス4cmで木材をカットする!

 
ディアウォールで柱を立てる時により強度がある突っ張り柱にするのは、木材をカットする長さが重要です。
 
私は、Amazonの口コミを参考にしました。
 
✔ ディアウォールの【Amazonでの口コミ】を見てみる
 
ディアウォールの説明書に書かれている長さとは違う長さの、床から天井までの長さからマイナス4cmした長さでカットするといいみたいでした。
 
実際に、床から天井までの長さから-4cmした長さで木材をカットしてみました。

ディアウォールで棚作り
 
 
ディアウォールを使ってカットした木材を突っ張ります。
 
Amazonの口コミであった通りに、手で揺らしてもしっかりとしている頑丈な柱が出来ました。

ディアウォール棚
 
ただ、-4cmで突っ張る木材は、少し突っ張りにくく感じました。
 
突っ張ることが出来るギリギリの長さなんだと思います。
 
それでも、頑丈で安全な突っ張り柱を立てることが出来たので、今後ディアウォールを使う機会があった時にも、また-4cmで作りたいと思います。
 
購入する木材は曲がっていない(反りがない)ものを選ばないと、突っ張る時にしっかりと突っ張れないです。
 
ホームセンターで購入する時には注意して選んだ方が良いと思います。
 
反り返ってる木材も結構陳列されています。
 
ディアウォールで作った柱には『棚柱』を固定しておきます。
 
 
次に、棚柱に付ける「棚板」をDIYします。
 

ディアウォールで作った収納棚に取り付ける「棚板」の作り方

 
ディアウォールで柱を作って「棚柱」を固定したら、「棚板」をDIYしていきます。
 
材料費を安くしたかったので、1✕4材(ワンバイフォー)の木材を2枚並べて作りました。板は「棚受け」にビスで固定します。
 
棚受けdiy
 
写真のように棚板に隙間があるのが嫌な場合は、板をくっつけても問題ないです。
 
棚幅を広くしたかったので、少し間隔をあけただけです。
 
もし、材料費に余裕があるのならば、一枚の大きな板で作る方が綺麗です。
 
「棚受け」を固定した棚板を、ディアウォールに取り付けた「棚柱」にガシャン!っとはめ込んでいきます。

賃貸アパートでディアウォール柱
 
作った棚板を全部はめ込めば、ディアウォールでDIYした収納棚の完成です。

ディアウォールdiy
 
これで、家具の上の空いたスペースも有効活用が出来ます。
 
今回は、「シンプルな棚を作って欲しい」とお願いされてのDIYだったので、これ以上の飾りつけはしませんでした。
 
個人的な好みだと、ロゴのステッカーを貼ったり、プレートを置いたりとしたいのですが、今回は「シンプルな棚を!」とのリクエストなのでこれで完成です。
 
ではでは、我が家でディアウォールで作った「収納棚」や「有効ボード収納」を少し紹介したいと思います。
 
ディアウォールでDIY出来るものは、アレンジの仕方で見た目の雰囲気も随分と変わってきます。
 

ディアウォールで作る収納アイデアを紹介!

  
まず一つめは、ディアウォールと有効ボード(ペグボード)を使ったDIYです。

ディアウォールと有孔ボードとペグボード
 
ハンドメイド雑貨を作る時の材料や筆記用具などを、有効ボードフックに引っ掛けて収納したいます。
 
有効ボード収納で使った木箱やリメ缶は、100均のセリアで購入したものをリメイクして使っています。
 
有効ボードでのフックの使い方や100均の活用方法は、【有孔ボード(パンチングボード)に100均と専用フックで簡単収納をdiy!】で書いています。
 
2つめのディアウォールを使ったDIYは、壁紙と組み合わせて作った収納棚です。
 
ディアウォールで作る収納棚の背面に木目の壁紙を貼るだけで、カフェにある収納棚のように見せることが出来ます。
 
 
ディアウォールでカフェ風収納棚
 
この時にDIYした収納棚には、100均の写真フレームを使ったアイデアで小窓を作るなどしてアレンジしています。

ディアウォール 小窓収納棚
 
その時に使った100均のアイテムやアレンジ方法は、【ディアウォールの見せる収納棚に写真フレームで小窓風の扉をDIY! 】で書いています。
 
こんな感じで、ディアウォールで作る収納はアレンジ次第で色んな雰囲気でDIY出来ます。
 
賃貸やマイホームで穴を開けたくない場所に、棚や収納を作りたい時には凄く便利です。
 
今日はここまで〜