DIYと暮らしを楽しむ

賃貸で原状回復が出来るDIYを楽しんでいます。100均DIY/ハンドメイド/プラバン/カフェ巡り/暮らしを楽しむ色んなこと。

ディアウォールを使わずに安く柱を立てて収納ウッドラックを作るDIY方法!

お家を買うことが決まってから今住んでいる賃貸でしてきたDIYの現状回復をしています。

 

子供も生まれたばかりでまだ二ヶ月です。なかなか思うように作業が出来ないので出来る時に少しずつ進めています。

 

つい最近に現状回復で解体したのは旦那さんの部屋に作った収納ウッドラックです。

 

DIYで作った収納ウッドラック

 

安全面も気にして天井と床とで突っ張り柱を立てて倒れてこないようにDIYをして二年半程が経っていました。

 

このウッドラック(収納棚)はディアウォールよりもお得な価格で現状回復が出来るように突っ張り柱を作って組み立てていました。

 

その時のDIY方法と使った道具などをまとめてみました。

 

 

アジャスター金具を使えばディアウォールよりも安く突っ張り柱を立てられる!

 

賃貸でのDIYで柱を立てる定番商品といえばディアウォールですが、一個1,000円程の商品なので決して安くはないです。

 

でも、アジャスター金具を使えば賃貸での現状回復が必須のDIYでもディアウォールよりも価格を抑えて柱を立てることが出来ます。

 

ディアウォールよりも安いアジャスター金具って?

 

我が家ではディアウォールと同じように突っ張り柱を立てられる「アジャスター金具」を使っています。

 

アジャスター金具

 

ディアウォールは木材にはめるだけで使えますが、アジャスター金具は木材にはめた後にビスで金具を固定しないといけません。

 

ディアウォールよりも少し手間がかかってしまいますが、「それでも大丈夫!」って場合はアジャスター金具を使った方がディアウォールよりもお得にDIYが出来ます。

 

 

※ アジャスター金具は1✕4材用と2✕4材用の二種類があります。間違わないように注意しましょう!専用ネジとセットで使います。

 

アジャスター金具は別売りのネジと一緒に使うことで突っ張り柱として使えます。ネジとSETで販売でしていて2個〜のまとめ売りをしている店舗もあります。

 


 

 

専用ネジを間違えて買ってしまいそうで不安な場合はSET販売している店舗から購入した方が安心だと思います。

 

2個で千円なので1個で千円くらいするディアウォールよりも価格がお得で使い方も凄く簡単です。

 

まず、アジャスター金具を1×4材の木材にはめ込んでビスで固定します。

 

アジャスター金具をビスで固定する

 

そして、天井と床でしっかりと突っ張るまで専用ネジを回していくだけです。

 

アジャスター金具の使い方

 

この時にペンチなどを使って回した方がしっかりと頑丈に柱を突っ張ることが出来ます。

 

手で回すだけよりもしっかりと突っ張れるので安全性を考えるとペンチを使ってネジを締めた方が良いと思います。

 

DIYした「突っ張り柱」を使ってウッドラックの枠を作る

 

アジャスター金具を使って壁際に作った2本の突っ張り柱を使って木枠を作ります。

 

ウッドラックの木枠の作り方

 

突っ張り柱の内側に棚柱も取り付けておきます。

 

棚柱を固定

 

この棚柱を使うと置きたい物の大きさに合わせて棚の高さを自由に変えられる可動式の棚が作れます。

 

 

棚の高さを変えられるのは収納したいものが変わっていく後々に物凄く便利です。

 

使い方も簡単で専用のクリップを差し込んだ位置に棚板を乗せるだけです。

 

棚柱の専用クリップ

 

専用のクリップは購入する棚柱によって異なります。組み合わせを間違えないようにしないと家に帰ってから「使えない!」なんてことに…

 

棚柱とその棚柱専用のクリップは一緒に購入しておいた方が間違える心配もないと思います。

 

ウッドラックの棚板を作る

 

ウッドラックの棚板は1×6材の木材3枚を金具で繋ぎ合わせて作りました。

 

金具で繋ぎ合わせた棚板

 

この棚板を合計3枚作って着色しました。

 

DIYした棚板を着色

 

しっかりと乾かしたら棚柱に付けたクリップ(棚受け)に乗せていきます。水平になっているのかも水平器でちゃんと確認します。

 

棚板を水平器ではかる

 

棚板を設置したら一番下のスペースにはハンガーラックにかけた洋服をセットします。

 

ハンガーラック付きのウッドラック収納

 

棚の上に本、小物類、帽子を並べて『収納ウッドラック』の完成です。

 

DIYで作った収納ウッドラックの完成品

 

突っ張り柱を使って作っているので倒れてくることもなく、このウッドラックをDIYしてからの2年半の間ずっと使っていました。

 

2年半程使っていてみて分かったことは「この方法では棚板が反り返ってくる」ということでした。

 

繋ぎ合わせる時に使った金具をもっとしっかりとした固いものにしておけば反り返らなかったのかもしれません。

 

次の家で作る時にはその辺も考えて作りたいと思います。

 

名残り惜しいと思いながらも引っ越し準備の為にこのウッドラックは解体し現状回復をしました。

 

少しのトラブルを除けば無事に綺麗に取り外すことが出来ました。「こうしておけば良かった」と思った改善点も含めてまた記事でまとめたいと思います。

 

取り敢えず今日はここまで〜