DIYと暮らしを楽しむ

賃貸で原状回復が出来るDIYを楽しんでいます。100均DIY/ハンドメイド/プラバン/カフェ巡り/暮らしを楽しむ色んなこと。

リメイクシートとマステで『ブルックリン風』に変えたキッチン!綺麗に剥がせるか原状回復してみた!

こんにちは!monchi(@diyとカフェ巡り )です。

 

少し前にキッチンのリメイクを元通りに戻す現状回復を行いました。

 

これが入居時の我が家の備付キッチンです。

 

賃貸の備付キッチン

 

この何てないよくあるキッチンを、マスキングテープや100均のリメイクシートを使って黒目地のタイル風にリメイクしました。

 

ブルックリンスタイルにリメイクしたキッチン

 

この頃はブルックリンスタイルが人気で、タイルを使ったDIYも物凄く流行っていました。でも、賃貸なので好き勝手にタイルを貼ることは出来ません。

 

そこで、元々あったキッチンタイルを上手く活用しながらマスキングテープを使うことで、綺麗に剥がせて元に戻すことも出来るリメイクをしていました。

 

その時のリメイクDIYの方法は『賃貸のキッチンタイルをおしゃれなブルックリン風にリメイクするDIY方法!』の記事でまとめています。

 

このキッチンリメイクも引っ越し準備で現状回復したので、失敗したと感じたことなどをまとめてみました。

 

 

mtのマスキングテープは現状回復DIYに欠かせないアイテムだった!

 

キッチンリメイクではタイルを黒目地に見せる為にmtの黒のマスキングテープを使いました。マスキングテープを細くカットしてタイル状に貼っていました。

 

現状回復をする時はこのマスキングテープを剥がすだけです。

 

キッチンリメイクで貼ったマスキングテープを剥がす

 

全部を綺麗に剥がし終わると現状回復完了です。

 

賃貸のキッチンタイル

 

何の問題もなく無事に元通りのキッチンに戻せました。

 

ただ、少し失敗したと感じたことがあります。それは100均のマスキングテープも少しだけ使ってしまったということです。

 

100均のマスキングテープは現状回復DIYには不向き!

 

キッチンタイルの目地を黒目地に見せるリメイクでは、mtCASAのマスキングテープを細くカットしたものを使っていました。

 

キッチンタイルを黒目地に見せるリメイク

 

ところが、途中でmtの黒のマスキングテープがなくなってしまい、急遽100均のマスキングテープに手を出しました。

 

ここが後悔のポイントになりました。現状回復をした時にmtのマスキングテープの方が断然剥がしやすかったのです。

 

100均の黒のマスキングテープの部分にくると何度もブチブチと切れてしまい、剥がす時間も倍ほどがかかってしまいました。

 

やっぱり現状回復に使うマスキングテープはmtシリーズだな」と再確認しました。

 

最近は壁紙風のマスキングテープも販売されいるので、マイホームへの引っ越し後も現状回復DIYをする時には上手く取り入れたいと思います。

 

 

楽天市場で『mtCASA』のマスキングテープを探す 

 

100均のマスキングテープの場所は剥だけがしにくかったものの、全て綺麗に剥がすことが出来ました。

 

賃貸のキッチンタイル

 

色々とあったけれどキッチンのタイル部分の現状回復は無事に終了しました。

 

次に取りかかったのがキッチンの換気扇リメイクの現状回復でした。

 

キッチンの換気扇に直貼りしたリメイクシートも工夫すれば綺麗に剥がせた!

 

我が家のキッチンの換気扇はステンレス製です。

 

表面がツルツルしているのでリメイクシートを直貼りしても大丈夫だろうと思い、マスキングテープと100均のリメイクシートを換気扇に直接貼ってリメイクをしました。

 

キッチンの換気扇をリメイク

 

でも、少し心配だったので貼った数日後に少しだけ剥がしてみました。それでも綺麗に剥がすことが出来たので安心しきっていました。

 

貼って直ぐは綺麗に剥がせるけれど数年経てばそうはいかなかった

 

綺麗に剥がせると安心し過ぎてそのまま3年以上も放置していました。すると流石にシートも少し劣化していて剥がしにくくなってしまっていました。

 

リメイクシートの粘着が増していて破れやすくなっていたのです 。

 

リメイクシートを剥がしている途中で何度も破れてしまったので、剥がし終わるのにもかなりの時間がかかりました。

 

キッチンの換気扇リメイクのシートを剥がす

 

リメイクシートが剥がれにくいのでドライヤーを使ってみた

 

あまりにも粘着度が増して剥がしにくい所はドライヤーで温めながら剥がしてみました。

 

「この方法でラクに剥がせるよ!」とは言えませんが、何もしないで剥がした時よりは少しだけラクに剥がすことが出来ました。

 

換気扇のサイド部分に貼っていたmtの黒のマスキングテープは何の問題もなく綺麗に剥がせました。

 

これで、キッチンの換気扇リメイクの現状回復も完了です。

 

賃貸の換気扇

 

こうしておけば良かったと感じた部分もありましたが無事に綺麗に元通りに戻せて一安心です。

 

最近は現状回復ばかりしていますが、「こうしておけばもっとラクに現状回復が出来たのに」と後悔するポイントでは必ず100均のマスキングテープは使っています。

 

貼って直ぐに剥がすのならば問題はないものの、数ヶ月〜数年と貼り続けると粘着部分がベチャベチャになったり、色移りしてしまう可能性がグンっと増します。

 

マイホームでもいずれ戻したり変えたりしたい場所ではまた現状回復DIYをする予定ですが、その時は100均のマスキングテープはもう使わないです。

 

100均より値段が上がっても使うならばmtのマスキングテープですね。

 

今日はここまで〜