DIYと暮らしを楽しむ

賃貸で原状回復が出来るDIYを楽しんでいます。100均DIY/ハンドメイド/プラバン/カフェ巡り/暮らしを楽しむ色んなこと。

初心者でも出来た!賃貸で現状回復が出来るおしゃれリメイクDIY術8選!

賃貸DIYブログのアイキャッチ画像

 

こんにちは!monchi(@diyとカフェ巡り  )です。

 
無事にマイホームへと引っ越しが終わった我が家ですが、賃貸で暮らしていた時には原状回復で出来る沢山のDIYやリメイクをしていました。
 
その中でも「これはやらなきゃ良かった」と思うものも沢山ありました。
 
そこで、今回は我が家で「やって良かったな」「ちょっとはおしゃれな部屋になったな」と思えたものだけをまとめてみました。
 
DIY初心者だった私が、何の知識もなくただネット検索をして得た情報だけで出来たものばかりです。
 
 

賃貸でもマスキングテープと壁紙だけでおしゃれなインテリアが作れる!

 
賃貸で現場回復が必須の場合でも、貼っても綺麗に剥がせるマスキングテープと「のりなし」の壁紙を使えばカフェ風のインテリアを楽しめます。
 
壁紙は引っ越しの時に綺麗に元に戻せる方法で貼り付けるので、賃貸住まいの場合でも安心です。
 
そこで、我が家でも実際に行っていたマスキングテープと壁紙を使ってのやって良かったリメイクDIYをまとめました。
 

マスキングテープと壁紙を使ってキッチンをブルックリン風にDIYする

 
賃貸のキッチンの壁は昔ながらの白いタイルでした。
 
その白いタイルと黒のマスキングテープを組み合わせて黒目地のタイルに見えるようにリメイクしていました。
 
流行りの「ブルックリンスタイル」を参考にしました。
 
【Before】

賃貸のキッチン

 

【After】

ブルックリンにリメイクしたキッチン

 

黒のマスキングテープを細くカットして貼っていくだけで黒目地のタイル張りのキッチンに見えます。

 

壁紙は壁紙屋本舗の壁紙を使って原状回復が出来る状態で貼ったので、引っ越しの時には綺麗に剥がすことが出来ました。

 

実際に現場回復をした時のことは「リメイクシートとマステで『ブルックリン風』に変えたキッチン!綺麗に剥がせるか原状回復してみた!」という記事でまとめています。

 

リメイクをしてキッチンの雰囲気が変わっただけでキッチンに立つことがほんの少しだけ楽しくなったのを覚えています。

 

キッチンの詳しいリメイク方法や材料はこちらの記事でまとめています。

 

【参考記事】

monchi-diy-style.com

 

100均のリメイクシートで玄関の靴箱を男前インテリアに変える

 
私がDIYや100均リメイクに興味を持ち出した頃には、セリアとダイソーのリメイクシートがかなり流行っていました。
 
貼って剥がせるものや、貼って剥がせるものでなくても後から綺麗に剥がすことが出来るようにする方法などの情報はググれば溢れていました。
 
まず、100均のリメイクシートや男前インテリアと相性のいいロゴステッカーなどを使って靴箱をリメイクしました。
 
ただシールを貼るだけで、白くてなんてない靴箱もかなりイメージを変えることが出来ました。
 
【Before】

賃貸の靴箱

 

【after】

男前インテリアにリメイクした靴箱

 

ほぼ100均のリメイクシートだけのDIYですが、随分と変わったので直ぐに出来るお手軽DIYとして凄くおすすめです。

 

ただ、一つだけ注意しないといけないと感じたことがありました。

 

「貼って剥がせる」と書いてあるリメイクテープでも数年そのままにしていると少し剥がしにくくなっていました。

 

絶対に綺麗に剥がせるわけではなかったのです。

 

綺麗に剥がそうとしても剥がしにくかったことについては、写真付きで「賃貸DIYで靴箱に簡単に剥がせるリメイクシートを使ってみた結結果!」という記事で紹介しています。

 

トラブルが起こっても、シール剥がし液を使えばなんとか綺麗に原状回復が出来る「化粧板」などに貼って使った方が安心だと思います。

 

壁紙も一緒に剥がれてしまう可能性があるので、壁紙へ直接張って数年そのままにしておくことはおすすめしません。

 

100均のリメイクシートで出来る靴箱のリメイク方法はこちらの記事でまとめています。

 

【参考記事】 

monchi-diy-style.com

 

マスキングテープだけで玄関ポストを男前インテリアに変える

 
続いて、玄関ポストもリメイクをしていました。
 
黒のマスキングテープとステッカーのみを使った貼るだけのリメイクで物凄く簡単でしたし、現状回復も何の問題もなく綺麗に出来ました。
 
【Before】

賃貸の玄関ポスト

 

【After】

玄関ポストを男前インテリアにリメイク

 
「やっぱりCASAのマスキングテープは綺麗に貼れて綺麗に剥がせて素晴らしい!」と思いました。値段がもう少し安ければ嬉しいのですが…
 
リメイク方法は説明するまでもない感じです。マスキングテープをただ貼るだけです。
 
使ったマスキングテープなどの情報は別記事でまとめています。
 
【参考記事】
 
ちなみに、100均の黒のマスキングテープはおすすめしません。
 
我が家だけかもしれませんが、白い壁紙に黒の色移りが起こって消すのに苦労しました。
 

壁紙リメイクで賃貸部屋を男前カフェ風インテリアにリメイクする

 
賃貸部屋の白の壁紙は壁紙屋本舗の壁紙を使ってリメイクをしていました。
 
賃貸だったので退去時のことを考えると原状回復が可能なリメイクが必須でした。
 
そこで、壁紙は綺麗に剥がせる方法の「マスキングテープ+両面テープ」で貼り付けました。
 
【Before】

賃貸の壁紙

 

【After】

賃貸の壁紙リメイク

 

壁紙を木目に変えるだけでこんなにも変わります。

 

更に、この場所では壁紙の上からニトリのウォールステッカーを貼っています。

 

ニトリのウォールステッカーは貼った後も綺麗に剥がすことが出来ます。だから、貼る場所を変えてまた別の壁に貼り直したりも出来ました。

 

とはいえ、何度も貼ったり剥がしたりを繰り返していると粘着は弱まってきます。

 

我が家の場合は2回目の移動くらいで剥がれやすくなってしまいました。

 

この場所のリメイク方法や、引っ越しの時に実際に原状回復をしてみて分かったデメリットなどについてはこちらの記事でまとめています。

 

【参考記事】

www.diy-kurashi-cafe.com


 

「壁紙+黒板シート」で壁にカフェみたいなチョークアートを作る

 

原状回復が可能なリメイク方法で、賃貸の部屋でもカフェみたいな黒板チョークアートを作っていました。 

 

壁紙屋本舗の木目タイプの壁紙と100均の黒板シートを使います。

 

黒板シートで作ったチョークアート

 

チョークアートは手書きしました。

 

せっかく書いたのに消えてしまったり室内で粉が舞うことが嫌だったので、チョークの質感が出せる消えないペンや固形ペンキを使いました。

 

引っ越しの時に現場回復をした結果や壁紙の貼り方はこちらの記事でまとめています。

 

【参考記事】

www.diy-kurashi-cafe.com

 

でも、「チョークアートの手書きなんて出来ませんよ〜」って思っていませんか?

 

そんな人におすすめなのがハンドレタリングの書き方が上手くなる「チョークボーイ」さんの本です。

 

 

実際にその本を使っての練習方法のレビューもまとめています。

 

【参考記事】

www.diy-kurashi-cafe.com

 

かなり細かく書き方やお手本が書かれている本です。Amazonの口コミでも評判がイイです。

 

記事では、「チョークボーイ」さんが愛用している消えないチョークのような固形ペンキペンなどの材料紹介もまとめています。

 

賃貸でもディアウォールやアジャスター金具を使えばビスを打って収納が作れる! 

 

賃貸でDIYをしていて一番に残念に思ったことがあります。

 

それは、壁にビスが打てないということです。

 

「ここに棚を作りたいな」と思っても壁に穴をあけれないから棚を作れないんです。

 

そんな悩みを解決してくれたのが「ディアウォール」や「ラブリコ」でした。

 

 

 

 

このアイテムを使うと穴を開けることなく部屋に頑丈な突っ張り柱を作ることが出来ます。

 

作った突っ張り柱にビス打ちすれば、ガチャ柱を使った可動棚や有孔ボードの取り付けなどが簡単に出来ます。

 

「ディアウォール」「ラブリコ」を使って、これまでに実際に作ってみた棚や有孔ボード収納のDIYをまとめてみました。

 

「ディアウォール+有孔ボード」でかける収納を作る

 

ディアウォールで突っ張り柱を作った後に有孔ボードをビスで固定すれば、簡単に「かける収納」が作れます。

 

有孔ボードはホームセンターで購入しました。自宅でのカットが出来ない場合は90cm×90cmなどの規格サイズが便利です。

 

私も規格サイズを購入して使いました。

 

有孔ボードDIY

 

「有孔ボード専用フック」を使ってかける収納をしますが、全て引っ掛ける収納をすれば見た目がごちゃごちゃして見えてしまいます。

 

そこで、有孔ボード専用フックの他には、100均アイテムをリメイクするなどして上手く活用しました。

 

t有孔ボードDIYで作った収納

 

100均アイテムをリメイクして使うことで、ペンを入れたり棚に並べたりしての収納方法も使えるようになりました。

 

有孔ボードで使える100均を使ったリメイク収納方法はこちらの記事でまとめています。

 

【参考記事】

www.diy-kurashi-cafe.com

 

有孔ボードに棚を付けられる専用フックもありますがお値段は少し高めです。

 

100均のアイテムを上手く使えば、有孔ボードに棚を取り付けることも低価格で出来ます。

 

「ラブリコ+ガチャ柱」で可動式の本棚を作る

 

「ディアウォール」と同じように突っ張り柱を作れるアイテムで「ラブリコ」があります。

 

個人的にはラブリコは見た目がディアウォールよりもおしゃれだと感じました。そして、壁ギリギリの位置(壁びピタ付け)での設置が可能なスッキリ設計です。

 

親戚のお家でラブリコを使って本棚を作りましたが、突っ張る時に少しコツが必要なディアウォールよりもネジ式のラブリコの方が突っ張り柱を作るのは簡単でした。

 

【参考記事】

www.diy-kurashi-cafe.com

 

しっかりとネジを回して突っ張れば大容量の頑丈な本棚も作れました。

 

「アジャスター金具+有孔ボード」で玄関収納をプラスする

 

玄関の靴箱の上に突っ張り柱を立てて有孔ボードを取り付ければ、家具の上の空いたスペースにも収納をプラス出来ます。

 

【参考記事】

www.diy-kurashi-cafe.com

 

「ディアウォール」や「ラブリコ」は少し値段が高いと感じている場合はアジャスター金具がおすすめです。

 

ただ、木材にドリルで穴を開ける工程が増えるので使い勝手は良いとは言えません。

 

それでも、「ディアウォール」「ラブリコ」と比べれば価格はかなり抑えられます。

 

賃貸DIYで作った現場回復必須の有孔ボード収納でもおしゃれに見せられる!

 

賃貸で工夫をしてせっかく作った有孔ボード収納でも、活用方法がいまいち分からず上手く使いこなせずに困ることも多くありました。

 

そこで、海外のインテリアなどの写真が沢山見れる「Pinterest」という無料アプリを使ってアイデア探しをしました。

 

Pinterest(ピンタレスト)
Pinterest(ピンタレスト)
開発元:Pinterest
無料
posted withアプリーチ

 

参考にしたい有孔ボード収納の写真を探して色々と参考にしました。

 

「Pinterest」で見つけた沢山のおしゃれな有孔ボード写真のおかげで、我が家の有孔ボードも装飾と雑貨収納が沢山詰まった有孔ボードになりました。

 

海外の有孔ボード収納DIY

 

壁に穴を開けたりする必要はなくて少しの工夫で作れます。また、100均の材料も使って作るので材料費もそんなにはかかりませんでした。

 

この有孔ボードで使った装飾の方法や収納の作り方はこちらの記事で書いています。

 

【参考記事】

www.diy-kurashi-cafe.com

 

以上が賃貸で住んでいた頃にやってて良かった我が家で行った現場回復DIYやリメイクです。
 
逆に「失敗したな…」と感じた現場回復DIYについては「賃貸での原状回復DIYに「失敗した!」などの疑問の声が出てきている?!」という記事でまとめています。
 
新しいお家は賃貸ではないのでビスは打ち放題で穴も開け放題です。
 
とは言って、穴を沢山開けるのはやっぱり嫌です。
 
だから、これからも現状回復が出来るDIYも取り入れながらDIYやリメイクを楽しみたいと思います。 
 
今日はここまで〜