DIYと暮らしを楽しむ

賃貸で原状回復が出来るDIYを楽しんでいます。100均DIY/ハンドメイド/プラバン/カフェ巡り/暮らしを楽しむ色んなこと。

100均の焼き網を曲げて作る『吊るす飾り棚』の作り方と取り付け方法!

こんにちは!monchi(@diyとカフェ巡り  )です。

 

DIYを始めた人が必ず作ると言ってもいいくらいに人気の100均『焼き網リメイク』。

 

以前に、100均DIYを始めたら最初に絶対に作ってみたくなる簡単DIYとして2つ紹介しましたが、焼き網を使ったDIYはそれ以上に人気と言ってもおかしくないくらいです。

 

【関連記事】 

www.diy-kurashi-cafe.com

www.diy-kurashi-cafe.com

 

今回はそんな焼き網リメイクで『吊るすタイプの飾り棚』を作りました。

 

100均の焼き網リメイク棚

 

それでは、本日のDIYのスタートです。

 

 

100均の焼き網とチェーンで『吊るす飾り棚』をDIYする方法

 
『吊るす飾り棚』をDIYする為に必要な材料はほぼ100均で揃えました。
 
木材を塗装するのに使った塗料もセリアの水性ニスです。
 

『吊るす飾り棚』のDIY材料

 
  • アンティークチェーン(セリア)
  • 焼き網(ダイソー)
  • 押しピンフック(ダイソー)
  • 水性ニス(セリア)
  • 木材(家にあったもの)
 
木材は家にあった端材を使いましたが100均の工作木材でも大丈夫です。
 
工作木材はセリアでもダイソーでも販売されています。
 

ダイソーの木材

 

塗料はセリアの水性ニスを使いました。

 

セリアの水性ニス

 
ダイソーでも水性ニスが販売されていますが、セリアと比べてテカテカした見た目になります。ただ、ダイソーの方が擦れても色落ちはしにくいです。
 
棚を吊るす場所がよく何かに触れる場所ならば、ダイソーの水性ニスの方が色落ちを気にしなくていいのでおすすめです。
 
セリアの水性ニスを使った場合の色の雰囲気です。
 

セリアの水性ニスの色

 

  • ①は水性ニスを薄めて塗装
  • ②は薄めずに塗装
  • ③は薄めずに塗装を二回重塗り

 

こんな感じです。

 

塗装の方法で棚の色も好みに合わせて作れます。

 

焼き網を使った『吊るす飾り棚』の作り方

 

まず、焼き網を簡単な折り曲げ方の『テコの原理』を使って折り曲げていきます。

 

焼き網を曲げる

 

次に、100均の安っぽさをなくす為にアンティーク加工をしていきます。

 

使い込んだ雰囲気が出るように、水性ニスを付けたスポンジや筆で適当に焼き網に色を付けてサビっぽくします。

 

焼き網にサビ加工をする

 

次に、折り曲げて出来たスペースに木材をはめ込みます。

 

 焼き網リメイクに使う木材

 

焼き網リメイクで使う木材は塗装して好みの色で仕上げます。

 

木材の塗装が終わったら、壁の出っ張りにS字フック付きのチェーン(セリア)を2本かけます。

 

セリアのS字フック付チェーン

 

焼き網にチェーンを通して壁掛けすれば『吊るす飾り棚』の完成です。

 

焼き網リメイクの吊るす飾り棚

 

もし、壁にS字フックを引っ掛けるような出っ張りがなければ、ダイソーの押しピンフックを使います。

 

ダイソーの押しピンフック

 

このままでは100均の安っぽさが出てしまうので、白い部分を黒く塗装して使います。

 

黒く塗装した押しピンフックを壁に挿して、フックの部分に焼き網をかければ『吊るす飾り棚』として使えます。

 

100均焼き網リメイク

 

あまりに重たいものは置けませんが、雑貨や小物程度ならば落ちてしまう心配もありません。

 

焼き網リメイクの棚 

 

これで、S字フック付チェーンや押しピンフックで吊るす焼き網リメイクの『飾り棚』の完成です。

 

『焼き網リメイク』好きなら合わせて読みたい記事

 

焼き網リメイクで作れるものは『飾り棚』だけではありません。
曲げ方を変えれば『収納カゴ』も作れます。


www.diy-kurashi-cafe.com  

吊り下げるのではなくて、置いて設置すると落下防止にもなる収納場所も作れますよ。

 

www.diy-kurashi-cafe.com

 

今日はここまで〜