DIYと暮らしを楽しむ

賃貸で原状回復が出来るDIYを楽しんでいます。100均DIY/ハンドメイド/プラバン/カフェ巡り/暮らしを楽しむ色んなこと。

100均プラバンとグルーガンで出来る!完成度の高いアクセサリーの作り方とコツを紹介!

こんにちは!monchi(@diyとカフェ巡り)です。

100均のプラバンとグルーガンを使って、簡単にDIY出来るおしゃれで完成度も高くなるアクセサリーの作り方を発見したので作り方とコツをまとめてみました。

 

イラストが下手でも素材集などを書き写せば下写真のようなプラバンアクセサリーが簡単に作れます。

 

素材集で作ったプラバンアクセサリー

 
100均のプラバンに素材集の文字デザインを書き写して焼き、グルーガンを上手く掛け合わせただけで作り方は簡単です。
 
少しの手間をかけるだけで、今までと少し違った雰囲気の個性的なブローチが作れます。
 
ではでは、実際に使用した素材集、作り方、コツなどを紹介していきます。
 
[:contents]

 

100均プラバンとグルーガンを使った簡単でおしゃれなアクセサリーの作り方!

 
100均のプラバンとグルーガンを使うと、少し個性的であまり見かけないプラバンアクセサリーを作ることが出来ます。
 
100均でもグルーガンは販売されていますが、ホームセンターだと金色や銀色のグルーも販売されていたりします。
 
個性的な色のグルーを使うことでカッコイイ雰囲気のブローチも作れます。
 

おしゃれな『フォント素材集』を使ってイラストを書く

 
まず、イラストを書いたプラバンを焼く所からスタートします。
 
私はあまり絵が得意ではないので素材集を書き写しています。
 
今回使用したのはフォント素材集です。
 
 
フォント素材集の中のローマ字やイラストを書き写しながらプラバンアクセサリーのデザインを考えていきました。
 
プラバンアクセサリーの下絵は、作りたいと思っているプラバンアクセサリーの4倍の大きさで考えます。
 
プラバンはトースターで焼いたら1/4まで縮むからです。
 

トースターで焼いて1/4に縮んだプラバン

 
では、プラバンアクセサリーの下絵デザインを作っていきます。
 
まず、100均の大きな丸いクッキー型を使って円を書きます。
 
100均のクッキー型で円を書く
 
次に、描いた円の中にフォント素材集で見つけたカッコイイ文字やイラストを詰め込んでいきます。
 
ローマ字とイラストで作ったプラバンアクセサリーのデザイン
 
描いた丸い線の中にフォント素材集にある文字を詰め込んだだけで、あっという間にプラバンブアクセサリーの下絵の完成です。
 
ただ、「フォント素材集の力を借りてもアクセサリーのデザインが浮かばない!」って時もあると思います。
 
そんな時は、好きなアーティストのツアーグッズを拡大コピーして書き写すという手もあります。
 
※ 著作権があるので書き写したデザインで作った場合は販売は出来ません。個人的に楽しんで下さい.
 
次に、完成したプラバンアクセサリーの下絵をプラバンに書き写していきます。
 

下絵をプラバンに書き写す時はマスキングテープで固定する

 
油性ペンでプラバンに下絵のデザインを書き写していく時、よく起こる失敗が【ズレて汚くなってしまう】です。
 
でも、この失敗は凄く簡単な方法で解決することが出来ます。
 
書き写している時にプラバンがズレてしまわないように、プラバンと下絵のデザインをマスキングテープで固定するだけです。

プラバンと下絵をマスキングテープで固定する

 

この方法だと下絵からズレずに綺麗に書き写せて、書き写し終わった後も綺麗に剥がせます。

 

マスキングテープを剥がす前のプラバン

 
油性ペンで書き写し終わった後は、線の内側に沿って綺麗にはさみで切っておきます。
 

プラバンをはさみで切る

 

今回のプラバンアクセサリー作りの場合は、着色の前にまず先にプラバンをトースターで焼きます。 

 

『プラバンを上手く焼くコツ』を使ってプラバンを焼く

 
下絵を書き写し終わったら、着色はしていない白黒イラスト状態でプラバンを焼いていきます。
 
プラバンを焼く一般的に知られている方法は、アルミホイルをぐしゃぐしゃに丸めて…みたいな感じです。
 
でも、この方法だとプラバンが焼き上がった時にアルミホイルにくっついてしまい上手く焼けなかったりもします。
 
私はアルミホイルではなくてクッキングシートを使います。
 
ただ、アルミホイルと違ってクッキングシートは焦げやすいです。
 
頻繁なクッキングシートの取り換えが必要で面倒くさくも感じますが、くっついてしまう事は一切ないです。
 
 
なので、今回は上手く焼くコツの詳しい説明は飛ばして簡単に手順を紹介します。
 
まず、焼いていてプラバンがクネクネ~っとなっても「失敗したかも!」と焦って取り出さないで下さい。

プラバンがクネクネと縮む
 
しばらくすると、プラバンはクネクネと縮むことから落ち着きを取り戻してきます。
 
プラバンの縮み方が落ち着く
 
このまま待っていると、プラバンはペタンと落ち着いて平の状態になります。
 
そこでやっと取り出します!ちゃんと待つことが失敗しないコツです!
 
そして、取り出して直ぐに抑え過ぎないようにキッチンペーパーを挟んだ重しを上に置いて数秒待ちます。

プラバンブローチを重しで抑える
 
これでプラパンが真っ直ぐ綺麗に焼けます。

真っ直ぐに焼けたプラバンブローチ
 
何度かこの練習を繰り返すだけでコツは簡単に掴めます。
 
次に、焼いたプラバンに色を塗っていきます。
 

着色せずに焼いたプラバンに色を付ける

 
プラバンが上手く焼けたら色を付けます。
 
プラバンを焼いた裏面からポスカの金色と白を塗りました。
 
マニュキュアとドライヤーを使うと、色ムラも出にくくて乾きが早いのでおすすめです。

マニキュアで色ムラなく塗ったプラバン

 

油性ペンは色ムラが出やすいのであまりおすすめしません。

 
プラバンを焼いた後に裏面から色を塗ると、表から見ると表面に黒で書いた文字が浮いて立体的に見えます。
 
完成したプラバンブローチで確認しても、文字が少し浮いて見えています。

ハンドメイドのプラバンブローチの浮き出る文字
 
この立体的に見える文字の効果で完成度が高いプラバンアクセサリーに見せられます。
 
次は、上写真のプラバンブローチの周りにある「黒の縁取り」と「金色の縁取り」を作っていきます。
 

プラバンに縁取りを作る

 

この縁取りを作るのがグルーガンです。

 

最終仕上げは「グルーガン」を使って縁を作る

 

お待たせしました。
 
ここでやっとグルーガンの登場です。
 
100均でも販売されているスティック状の樹脂を高温て溶かして接着する道具です。
 

100均のグルーガン

 

100均で販売されている樹脂の種類は黒・茶色・白・透明の4種類です。


グルーガンのグルー三色
 
ホームセンターでは金色・銀色・緑などなどその他にも沢山の種類があります。
 
今回は、その中から金色を買ってみました。

グルーガンの金色グルー
 
まず、グルーガンをギュー!っとクッキングシートの上に絞ります。
 
グルーガンを7回〜8回押して、てんこ盛りグルーガンを一箇所に集め出します。

グルーガンを出す
 
その集めて沢山出したグルーの上に焼いた丸型のプラバン置いて、指で上からギューっと押していくと丸型のプラバンからグルーがはみ出てきます。
 

グルーガンの使い方
 
 
はみ出たグルーは数秒で固まるので、固まるまでしばらく待ちます。
 
クッキングシートの上で固まるグルーは、固まった後も綺麗にシートから剥がせます。
 
グルーガンのグルーは数十秒で固まってしまうので素早く作業します。
 
固まったグルーが張り付いたプラバンの裏面は綺麗です。

グルーガンを付けたプラバンの裏面

 

表から見ると、指で押した時にプラバンからムニっとはみ出たグルーが縁取りになっています。

 

グルーが縁取ったプラバン

 
ここで注意点です!
 
プラバン越しにグルーを押していても、じんわりとプラバンも熱くなってきます。火傷には注意しながら押して下さい。
 
この方法を使うとプラバンブローチも完成度の高いものに仕上がります。
 
丸型のプラバンでないと出来ない小技ですが、是非一度試してみて下さい。
 
おしゃれなプラバンアクセサリーのデザイン作りには、インスタで人気のタムズワークスさんの素材集もおすすめです。
 
 
 

今日はここまで〜 

 

【合わせて読みたい記事】