DIYと暮らしを楽しむ

男前インテリアが好きで賃貸で原状回復が出来るDIYを楽しんでいます。100均DIY/ハンドメイド/プラバン/カフェ巡り/暮らしを楽しむ色んなこと。

DIYと暮らしを楽しむ

日常生活をお洒落に楽しんでいる人達が居ると知りました。
そんな方々のブログを参考に暮らしを楽しんでいるLIFE STYLE BLOGです。

100均DIYでチョークレタリング入りの男前 収納ボックスを作る!

100均DIYで、男前インテリアにも合わせやすいチョークレタリング入りの収納ボックスを作ってみました。

 

男前インテリア収納をdiy

 

DIYをしていると余った木材(端材)が出ます。捨てるのも勿体無いので、あちこちに置いていました。

 

だけど、いい加減に整理整頓をしないといけない程の量になってきました。

 

そこで、100均の木の板・結束バンド・金網で、少し大きめの収納ボックスをDIYしてみました。

 

端材だけではなくて、ビニール袋を入れるとゴミ箱としても使えます。

 

それでは、本日のDIYのスタートです。

 

 

100均DIYで男前インテリアにピッタリなカッコイイ収納ボックスを作る方法!

 

まず、100均の木の板を速乾ボンドで3枚くっつ けて塗装しました。

 

水性ニスの、赤・緑・オレンジで塗装しています。

 

セリアの水性ペンキで塗装

 

塗装では、「塗って直ぐ拭き取る」という方法を使っています。

 

すると、ベタ塗りした感じも無く、自然な木の雰囲気を残したまま塗装が出来ます。

 

塗装した100均の木の板で収納ボックスを組み立てる!

 

塗装した100均の木の板が完全に乾いたら、コの字型に組んでビスで固定します。

 

コの字型に組んだ時に使った木材も、全て100均の木の板です。

 

収納ボックスのdiy方法

 

次に、コの字型に組んだ時に開いている箇所に丸棒を差し込みます。

 

100均の板で収納ボックスをdiy

 

丸棒も100均セリアの木材です。

 

左右に取手を付けると、収納ボックスの形が大体見えてきます。

 

でも、これだと両側面があいたままになるので金網で塞いでいきます。

 

収納ボックスの作り方

 

収納ボックスの側面に合ったサイズにする為に、金網をカットします。 

 

100均での収納ボックスの作り方

 

金網はホームセンターで購入出来ますが、100均の焼き網でも代用出来ます。

 

今回は、ホームセンターで購入して余っている金網があったのでそれを使いました。

 

 

これくらいの細い金網だと、ニッパーで簡単にカット出来ます。

 

金網を収納ボックスのサイドに合わせてカットしたら、カット面が刺さらないように板を使って少し丸めます。

 

焼き網の曲げ方

 

失敗しないように、時々収納ボックスの側面に合わせてサイズを確認しながら丸めていきます。 

 

焼き網で収納ボックスを作る方法

 

この金網を2枚作ります。

 

男前インテリアで使える焼き網

 

この金網を、結束バンドで収納ボックスの側面に固定していきます。

 

収納ボックスの側面に結束バンドで金網を固定する!

 

結束バンドで金網を固定する為に下準備をします。

 

電動ドリルで、結束バンドを通す為の穴を等間隔にあけていきます。

 

ドリルで穴をあける

 

結束バンドは、目立ちにくい黒を使います。白の結束バンドを使うよりも目立たないので、チープ感が少ないです。

 

こんな感じで、等間隔に金網と木の板を結束バンドで通して固定していきます。

 

焼き網を結束バンドで固定する

 

全てを結束バンドて固定し終わるとこんな感じです。

 

シンプルな雰囲気が好きな場合は、これで端材を入れる収納ボックスの完成です。 

 

男前インテリアに合う収納ボックス

 

 

ここにビニールの袋を入れるとゴミ箱としても使えます。

 

dめお、このままでは少しシンプルです。

 

そこで、流行りのチョークレタリングを描いて更にアレンジをしてみました。

 

チョークレタリングで収納ボックスをアレンジする!

 

 まずは、クーピーの白色で下書きをしました。

 

 

クーピーで薄く下書きをすると、失敗してもクーピーの消しゴムで消せます。

 

 

下書きで図案が決まったら、チョークまたはチョークの質感に似た固形ペンキの「ソリッドマーカー」で清書します。

 

 

チョークで清書すると、後に手で擦れたりすると次第に消えていってしまいます。

 

消す予定のない場所だと、チョークの質感を残したままに書けて消える事のない固形ペンキの「ソリッドマーカー」が便利です。

 

チョークレタリングの書き方

 

ソリッドマーカーは工事現場でも使われている消えないマーカーです。

 

チョークのような雰囲気も出せて粉も舞わなくて消えません。そんなことから、DIYをしている人の中でも人気で便利な商品です。

 

ただ、黒板消しでは絶対に消すことは出来ません。

 

子供の遊び場などのDIYで、描いたり消したりしたい場合は普通のチョークの方が良いです。

 

「ソリッドマーカー」は、個人的に大好きなチョークボーイさんも愛用しています。

 

チョークボーイさん愛用のチョークレタリング道具や上手く見える書き方などは、こちらの記事で確認出来ます。

 

 

収納ボックスには、「STORAGE BOX」と書きました。

 

チョークレタリングの文字には、影の線を足すだけでそれなりにおしゃれにも見せられます。これも、チョークボーイさんの本で学びました。

 

チョークレタリング文字の書き方

 

全ての文字に影の線を足すだけでも、こんなに雰囲気が変わります。

 

手書き文字の書き方

 

これで、男前インテリアにも合わせやすい端材入れの収納ボックスの完成です。

 

散らかっていた板も、無事に整理整頓が出来ました。

 

男前インテリア収納ボックスを自作

 

今日はここまで〜