DIYと暮らしを楽しむ

賃貸で原状回復が出来るDIYを楽しんでいます。100均DIY/ハンドメイド/プラバン/カフェ巡り/暮らしを楽しむ色んなこと。

セリアのプラバンは色鉛筆でも書ける!指輪の作り方とコーティングに使える滲まない水性ニスを紹介!

最近のマイブームはプラバン作りです。

つい先日もプラバンでブレスレットを作りました。

 

www.diy-kurashi-cafe.com

 

今回はセリアのプラバンで指輪を作ってみました。

 

セリアの色鉛筆でも書けるプラバンが便利!

 

利用したプラバンはセリアで買った色鉛筆プラバンです。

紙ヤスリでプラバンを削らなくても色鉛筆で書ける手軽さから愛用しています。

 

通常のプラバンだと、色鉛筆でプラバンにデザインを書く場合はプラバン表面を紙ヤスリでザラザラになるまで削らないといけません。

これが凄く面倒で手間なんです。

 

セリアの色鉛筆プラバンを使うと、その削る作業をなくすことが出来てそのまま色鉛筆で書けます。

それだけでもかなり楽ちんになるのでかなりおすすめです。


色鉛筆プラバン

 

プラバンで作る指輪のデザインは好みのイラストや図案を書き写すだけで完成度が高ものを作れる!

 

プラバンで作る指輪のデザインは一から自分で考えて作る必要はありません。

セリアの色鉛筆プラバンのツルツルした面の方を表にして、好きなイラストを書き写すだけでおしゃれな指輪が出来るからです。

今回は、私自身が大ファンのaikoのツアーグッズのステッカーを書き写しました。


aikoアクセサリー

 

プラバンのツルツルした面の方から、油性ペンでイラストのラインのみを書き写してプラバンを裏返します。

そして、ザラザラとした面の方から色鉛筆で色塗りをすると裏面はこんな感じになります。


色鉛筆でのプラバン作り

 

色塗りが終わったら出来たら、はさみでラインの沿ってカットします。

この指輪は3cmの太さでカットしています。


プラバンで指輪をdiy

 

プラバンの縮み具合によって多少の違いは出てきますが、幅3cmの大きさのプラバンを焼くとここまで縮みます。


プラバン指輪

 

何個かを焼いてみましたが、平均して1cmちょっとの幅まで縮みます。

大きな誤差はなかったので縮み具合をも参考にしてみて下さい!

 指輪のプラバンは二種類あります。

 

  1. プラバン自体を曲げて指輪の形にする方法
  2. 指輪のアクセサリーパーツに焼いたプラバンを取り付ける方法

 

どちらの方法で作るかによって難易度や手間も違ってきます。

指輪のアクセサリーパーツは通販でも簡単でお得に購入出来ます。

 

 

アクセサリーパーツを使わずにプラバン自体をカーブさせて指輪を作る場合の作り方

 

指輪のアクセサリーパーツを使わずにプラバンだけを使って指輪を作る場合は、現時点で自分が付けている指輪を使います。

今自分が付けている指輪がペンを通って真ん中辺りで止まる太さのペンを探します。

こんな感じです。


指輪をハンドメイド

 

こうして指輪が止まった位置が自分が作りたい指輪の太さということになります。

この場所に印を付けたら準備完了です。

 

焼き立てのまだ熱くて柔らかい状態のプラバンをペンの印を付けておいた場所に巻き付けて固まるまでしばらく待ちます。

この時に火傷しないように軍手は必ず忘れずに付けて下さい。

しばらくしてプラバンが固まったらペンからプラバンを抜き取ります。

 

ハンドメイド指輪の作り方

 

すると自分の作りたい指のサイズにピッタリの太さの指輪が完成しています。 

軍手をしていると触っても熱くないので安心して下さい。

プラバンは抑え付け過ぎると歪んでしまいます。

固まるまでは軽く手を添えておくだけで十分です。

これで、プラバン自体を曲げて作るタイプの指輪は完成です。

 

プラバンでaikoの指輪をdiy

 

色鉛筆プラバンで作品を作ると、プラバン背面の色鉛筆の色落ちが凄くあります。 

仕上げに水性ニスを塗って色落ちを防いでおきます。

塗っても書いた絵が滲みにくくて防水効果もあるパジコの水性ニスがおすすめです。

 

指輪のアクセサリーパーツとプラバンで指輪作る場合の作り方

 

指輪のアクセサリーパーツを使ってプラバンで指輪を作る場合はもっと簡単です。

指輪のアクセサリーパーツにプラバンで作った作品を接着するだけだからです。


指輪パーツ

 

サイズ調節が出来るフリーサイズの指輪パーツだと付ける指も自由に変えられるので便利です。

この点でもプラバン自体を曲げて指輪を作るよりも使い勝手が良いと思います。

 

激安指輪パーツ


指輪のアクセサリーパーツは価格が高いものではありません。

楽天やAmazonの通販や100均でも購入出来ます。

「ゴールド」や「シルバー」などの色違いあって自分好みの指輪が簡単に作れます。

 

 

この指輪の台座に付けるアクセサリーパーツをプラバンで作ります。

一番簡単で一般的な形だと「○」「▲」「■」などの図形の形だと思います。

 

このパーツ作りに便利な定規を発見しました。

ダイソーで購入出来る「○」「▲」「■」の穴が空いた定規です。

この定規の2番目に大きい場所で型取りすると指輪に調節良いサイズのプラバンが作れました。

 

100均図形定規

 

型取りした大きさは手で持つとこれくらいの大きさです。(下写真)

プラバンでパーツ作り

 

イラストの描き方や塗り方は上記で説明した時と同様です。

プラバン表のツルツルした面から油性ペンでイラストの輪郭を書き写して、ザラザラした裏面からは色鉛筆で着色(塗り絵)します。

 

 

色鉛筆でプラバン指輪

 

上写真のイラストもaikoのツアーグッズから選びました。

仕上がりに透けた感じが出るのが嫌な場合は色鉛筆で濃く塗ってみて下さい。

逆にグラデーションを作りたい場合は綿棒やティッシュなどで軽く拭き取ります。

 

色鉛筆プラバンは必ずコーティングをしないといけません。

トースターで焼いただけのものをそのまま使うと色落ちが激しいです。

色移り防止の為にもプラバンを焼いた後には必ずニスでコーティングして下さい。

完成したプラバンパーツを指輪の台座(アクセサリーパーツ)に接着剤で取り付けたら完成です。

 

プラバンで指輪作り

 

ダイソーの定規で形を取ったプラバンパーツは指輪の台座に丁度良いサイズ感でした。

大き過ぎても邪魔になるのでこれくらいが丁度良いと思います。

 

プラバンアクセサリーaiko風

 

プラバンのコーティングに使う水性ニスは滲んで失敗しないパジコの水性ニスがおすすめ!

 

プラバンのコーティングに使う水性ニスは油性ペンが滲まないものがおすすめです。

私はパジコの水性ニスを使っています。滲まないし防水効果もあるからです。

 

 

100均で販売されているニスはコーティングには絶対におすすめ出来ません!

塗るとせっかく描いたイラストが油性ペンでも滲んでぐちゃぐちゃになってしまうからです。

 

安い水性ニスを使って何度も失敗しました。

丁寧にイラストやデザインを書いたのに仕上げで全て滲んで汚くなってしまうのは物凄くガッカリして落ち込みます。

 

仕上げの作業で丁寧に作ったプラバンアクセサリーが台無しにならない為にも、コーティングで使うニスやレジンには気を付けた方がプラバンは上手に作れます。

 

こちらの記事で完成度が高くなるプラバンの作り方をまとめて紹介しています。

是非チェックしてみて下さい!

 

【関連記事】

www.diy-kurashi-cafe.com

 

今日はここまで〜