読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DIYと暮らしを楽しむ

男前インテリアに憧れて賃貸部屋でdiyを始めました。 カフェや雑貨屋巡りと暮らしを楽しむ色んな事。

DIYと暮らしを楽しむ

日常生活をお洒落に楽しんでいる人達が居ると知りました。
そんな方々のブログを参考に暮らしを楽しんでいるLIFE STYLE BLOGです。

色鉛筆でも書けるプラバンで指輪をdiy!コーティングに使える水性ニスはこれ!

 

スポンサーリンク

monchiです♪最近は自分の中でまたプラバンブームが到来しています。先日はプラバンでブレスレットを作りましたが、今回はプラバンで指輪を作ろうと思います。

 

ー目次ー

 

 

★色鉛筆でも書けるプラバンで指輪をdiy!

 

 

準備するのはセリアで販売されている色鉛筆でも書けるプラバンと色鉛筆と油性ペンです。

 

 

色鉛筆でプラバンにデザインを書く場合はプラバン表面を紙ヤスリでザラザラにしないと書けないのです。これが凄く面倒で手間なんですよね0(・・;

 

 

今回は、セリアの色鉛筆プラバンを使ったので紙ヤスリでプラバンの表面を削る手間もなくて色鉛筆で書けたので楽ちん簡単でした。

 


色鉛筆プラバン

 

 

まずは、色鉛筆プラバンのツルツルの面を表にして好きなイラストを書き写します。今回もaikoのツアーグッズのステッカーを書き写しました。

 


aikoアクセサリー

 

 

色鉛筆で色塗りをしてしまった写真しか無かったのですが、ツルツル面は油性ペンのみでラインを書き写しています。

 

 

ラインを書き写せたらプラバンをひっくり返します。そして、お次はザラザラ面に色鉛筆で書き写したラインに合わせて色塗りしていきます。裏面はこんな感じです。

 


色鉛筆でのプラバン作り

 

 

ここまで出来たらはさみでカットします。今回の指輪は3cmの太さで書いてカットしてました。

 


プラバンで指輪をdiy

 

プラバンの縮み具合によって多少の違いは出てくると思いますが、幅3cmの大きさのプラバンを焼くとこんな感じまで縮みます。

 


プラバン指輪

 

 

何個か焼いても全て1cmちょっとの幅まで縮みました。一つ一つにそこまで大きく誤差はありませんでしたので縮み具合を宜しければ参考にしてみて下さい^^

 

 

今回は指輪のプラバンなので写真のようにカーブがあるプラバンに焼き上げます。プラバンだけでリングを作ってしまうのか、指輪のパーツにプラバンを取り付けるのかでも作り方は異なります。

 

 

それぞれで分けて作り方を書いていきたいと思います。

 

 

✡【プラバンを曲げて指輪作り!】

 

 

プラバンだけを使って、プラバンを曲げて固めて指輪を作る場合は、今しているご自身の指輪が丁度通るペンを探します。こんな風にです。

 


指輪をハンドメイド

 

 

こうして、このペンの太さで指輪を作ると自分のサイズにピッタリの太さの指輪が作れます。まだ熱くて柔らかい状態のプラバンをこのペンのこの場所に巻き付けて固めます。

 

 

この時に、火傷しないように必ず軍手をします。軍手をしていると触っても大丈夫です。軽く巻き付けるだけで十分なので抑え付け過ぎないように注意します。

 

 
ハンドメイド指輪の作り方

 

 

これで、プラバンだけで作るタイプの指輪は完成です。色落ちなどもありますので、塗っても滲みにくいと人気のパジコの水性ニスでコーティングしました。

 


プラバンでaikoの指輪をdiy

 

✡【指輪パーツとプラバンで指輪作り!】

 

 

お次は指輪のパーツを使って指輪を作ります。こんな感じの指輪パーツで、プラバンで作った好みのパーツを指輪パーツに接着して指輪を作ります。

 


指輪パーツ

 

 

サイズ調節が出来るフリーサイズのものだと、付ける指も変えられるので便利です。この点ではプラバンだけで曲げて指輪を作るよりは使い勝手が良いと思います。

 


激安指輪パーツ

 


値段が高いかと言えばそうでもなくて、楽天やアマゾンでセット購入すると数十円〜とめっちゃお得です^_^色も形も豊富にあります。

 

 

 

 

この指輪に接着剤で取り付けるプラバンパーツは、一番簡単な形だと○▲■などの図形です。立体的なパーツも作れますが、平たくても十分に可愛いです。

 

 

ダイソーで便利な定規が購入出来ます。この定規の○と■の穴の2番目に大きい場所で型取りすると、指輪に調節良いサイズのプラバンが作れます。

 


100均図形定規

 

型取りした大きさは手で持つとこれ位です。(下写真)

 

プラバンでパーツ作り

 

こちらも先程の【プラバンだけで指輪作り!】の時と同様に、表のツルツルの面は油性ペンで輪郭を書き写しました。またまたaikoのツアーグッズからイラストは選びました。

 

 

色鉛筆プラバンの場合は裏面から色鉛筆で塗り絵をして、表面からは輪郭のみを書き写します。その方が立体感が出て可愛いくて上手くも見えます。

 

 

仕上がりが透けるのが嫌な場合は色鉛筆で濃く塗ります。逆にグラデーションを作りたい場合は綿棒やティッシュなどで薄く伸ばします。

 

 

どちらの方法でも色鉛筆プラバンの場合は色落ちが激しいので、洋服への色移り防止の為にも必ずニスでコーティングする事をお勧めします。

 


色鉛筆でプラバン指輪

 

 

上の写真の様にプラバンを丸くカットしたらトースターで焼いていきます。縮むとニスやレジンでコーティングをして指輪パーツに接着剤で取り付けて完成です。

 


プラバンで指輪作り

 

 

焼いたプラバンは指輪のパーツに丁度良いサイズ感です。大き過ぎても邪魔になるのでこれ位が丁度良かったです。

 


プラバンアクセサリーaiko風

 

 

色移りとイラストが剥げてくるのを防ぐプラバンのコーティングは、普通の100均などで販売されているニスを塗るとせっかく描いたイラストが油性ペンでも滲んでぐちゃぐちゃになってしまいます。

 

 

仕上げの作業でせっかく作ったプラバンアクセサリーが台無しにならない為にもコーティングで使うニスやレジンにも皆さんこだわっています。

 

 

★プラバンのコーティングに使うニスはこれ!

 

 

普通の水性ニスだと塗った時にイラストが滲んでしまったり、雨で濡れるとヌルヌルになってしまいます。お勧めはレジンでコーティングするかパジコの防水ニスか耐水性ニスです。

 

 

私はコーティングにレジンを使用していました。雨で濡れても洗濯機で回してしまった時でも無事だった位にしっかりとコーティングされます。価格はメーカーによって色々ですがセールになっている時も多くて、1000円以上値下がっていたりします。そんな時にまとめ買いしています。

 

 

 

 

でも、レジンの場合でもぷっくりさせたくて付け過ぎたり、気泡を抜く為に爪楊枝で触り過ぎると油性ペンでもせっかく書いたイラストが滲んできてぐちゃぐちゃになってしまいます。

 

 

私自身何度も失敗しています。そんな時にもパジコの耐水性ニスを薄く塗ってからレジンを重ねると滲まないと知りました。

 


プラバンコーティングでレジン

 

 

この耐水性のニスも、最初に薄く下塗りをしてから重ね塗りをする事が滲まずに塗れてぷっくりと見せられるコツみたいです。

 

 

最初にニスを薄く塗ってから30〜40分乾燥させます。それから重ね塗りをしていきます。最初からたっぷり塗ると滲む可能性が高いです。欲張って何度か失敗しました^^;

 

 

このパジコのニスはネットで調べて見つけました。幾度となく仕上げのコーティングでイラストが全部滲んでしまう失敗を繰り返して「せっかく作ったのにイラストがぐちゃぐちゃになったー(+_+)」なんてがっかりしていたので調べまくりました…^^;

 

 

そして、プラバンの上手な人のinstagramやブログで紹介されていたのが、このパジコの耐水性ニスと防水ニスでした。どっちを買うかかなり迷いました…

 


パジコの水性ニス

 

 

そして、決め切れずに試しに二種類とも買ってみました。防水ニスの場合は薄く塗って数十分乾燥乾させてから重ね塗りをして、3〜4日燥時させます。耐水性より時間がかかります。

 

 

最初は乳白色の防水ニスですが、しっかりと乾燥させるとちゃんと透明になります。「仕上がりが濁る」なんて書き込みもありましたが、日数はかかるもののちゃんと乾燥すれば仕上がりはぷっくりしていて透明でレジンみたいだと人気も高いです。

 

 

耐水性でも雨で少し濡れる位ならば、さっと拭けば問題なかったです。100均などの水性ニスの様に少し濡れただけでベタベタしたりはしませんでした。

 

 

レジンの滲み防止のコーティングにならば、乾燥時間が短い耐水性ニスでも使い勝手も良くて十分だと思いました。

 

 

 

 

逆に、レジンは高くて使わないけれど日数はかかれどレジンのようなツヤツヤぷっくりな仕上がりを重ね塗りを繰り返して作りたいのならば、完全防水のニスがお勧めだと思います。

 

 

 

 

こんな感じで防水と耐水性とそれぞれにメリット・デメリットがあるように感じました。私はレジンも使うので、耐水性で十分だと思いました。

 

 

ちなみに、防水ニスは石鹸などにデコパージュした時のコーティングに使うとデコパージュが凄く長持ちするそうです。

 

 

アマゾンや楽天だと口コミも多いので気になる方は一度口コミを見てみて下さい^_^きっと参考になると思います。デメリットを沢山見ておきたいならばアマゾンの口コミですかね!

 

 

レビューで送料無料!とかが少ないAmazonはレビューを書きたいと思った方が商品を使ってみてのレビューをちゃんと書いている印象があって参考になりました。

 

 

パジコのニスでも、いきなりドバっと塗り過ぎるとやっぱり多少は滲んでしまいます。まずは筆で薄く一塗りして数十分乾燥させる下塗りをしてからたっぷりと塗ってぷっくり見せるのがコツです。

 

 

★色鉛筆プラバンならセリアのプラバンがお勧め!

 

 

セリアで販売されている色鉛筆プラバンは予め片面がザラザラになっているので紙ヤスリをしなくても、色鉛筆や水性ペンやボールペンでもプラバンに書く事が出来ます。

 

 

色鉛筆で書けるプラバン

 

 

お値段も100円なのでお試しに購入しやすいと思います。感じた特徴は、普通のプラバンよりグニャグニャなりやすく感じました。

 

 

でも、しばらく焦らずに眺めていると、きちんと平らの状態になってくれます。トースターの中である程度平らに縮み切ってからトースターから取り出して重りを乗せて平らにします。

 

 

紙ヤスリでプラバンを磨くのが面倒な方は一度セリアの色鉛筆プラバンをお試し下さい。色鉛筆で作るプラバンはグラデーションを作れたり、サインペンよりも豊富な色でイラストを書けるというメリットもあります。

 

 

monchi-cafe.hatenablog.jp

 

 

プラバンは簡単に出来るクラフトdiyです。是非お試し下さい^_^ノ

今日はここまで〜