読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DIYと暮らしを楽しむ

男前インテリアに憧れて賃貸部屋でdiyを始めました。 カフェや雑貨屋巡りと暮らしを楽しむ色んな事。

DIYと暮らしを楽しむ

日常生活をお洒落に楽しんでいる人達が居ると知りました。
そんな方々のブログを参考に暮らしを楽しんでいるLIFE STYLE BLOGです。

セリアのランチマットを木製フレーム風ポスターにリメイク!

 

スポンサーリンク

monchiです♪今日はセリアのランチマットをリメイクしたいと思います。セリアのランチマットは男前インテリアに合うバスサイン風の商品から可愛いナチュール系の商品まであります。

 

 

なので、ランチマットとして使うだけではなくて、カフェトレイの材料や壁に貼るポスターとしてリメイクしたりしてインテリアを楽しんでる方も沢山いらっしゃいます。

 

 

今日は、そんな人気のランチマットを使った工具なんて一切使わない簡単リメイクです。ハサミと木目調のテープさえあれば出来ます。

 

 

 

ー目次ー

 

 

★セリアのランチマットで簡単リメイク!

 

 

使うのはこちらのセリアのランチマットです。

 


セリアのランチマット

 

 

透明のビニールに入っているのですが、このビニールから出さずに使います。透明のビニールをかぶせたまま使うことでフレームに入っているように見えます。

 

 

なので、ビニールに付いているテープを綺麗に剥がします。ゆっくりめくると綺麗に剥がせる位の粘着力でした。

 


アメリカンランチマット

 

 

シールを綺麗に剥がせたらダイソーのリフォームテープを使います。本物の細い木のように見えるテープです。

 


リフォームテープ

 

 

このダイソーのリフォームテープでビニールに入れたままのランチマットの周りをビニールの上から囲うように貼っていきます。

 


ランチマットとリフォームテープ

 

 

リフォームテープがめくれて来ないように少し長めにリフォームテープをカットして、ランチマットからはみ出た両端は裏側へと折り返します。裏面は見えないのでこれで大丈夫です。

 


ランチマットをリメイク

 

 

こうしておくと端の方からリフォームテープがめくれあがってくる事を防げます。粘着が弱いのか丁度でカットすると剥がれてきやすいです。

 

 

これだけで完成です!表に向けると木枠のフレームに入ったようなポスターに見えます。

 


ランチマットをポスターにリメイク

 

 

ドライバーも木材も使わなずに貼るだけというとても簡単なリメイクdiyです。ちなみに、リフォームテープは木目調の色違いもあります。3色だったと思います。

 

 

ダイソーで100円です。売り切れている事はあんまりない商品なので購入しやすいと思います。

 

 

ランチマットはビニールに入って売られていない場合があります。そんな時は、同じく100均の透明のラッピング袋に入れてリフォームテープを貼っていけば作れます。

 

 

★ポスターの貼っても剥がせる貼り方!

 

 

ではでは、リメイクしたランチマットのポスターを貼っていきたいと思います。賃貸なのであんまり穴もあけたくない…

 

 

穴うめ職人 を持ってるけれど、穴を開けすぎると埋めていく作業もこれまた面倒ですよね^^;

 

 

お試し購入してめっちゃ綺麗に穴が消えるのを実感してはいるのですが、ポスターだと4箇所も穴があくし埋める作業が面倒臭い…

 

 

かといって両面テープは使えない…。そんな時はいつもマスキングテープを使います。でも、貼る物が凄く軽い時だけにしています。

 

 

 

 

重たい物だと【マステ+両面テープ】を沢山使って貼らないといけなくなります。いくら貼っても剥がしやすいとは言えども貼っている面積が広いと剥がす時に広い範囲に一気に力が加わります。すると壁紙が破れるかもしれません。

 

 

だから、ポスターや壁紙、黒板シートなどの軽い物を貼る時だけマスキングテープで貼っています。

 

 

今回もこんな風に四隅のそれぞれに2箇所ずつマスキングテープを貼りました。

 


ポスターの剥がせる貼り方

 

 

ランチマットでのリメイクポスターはとても軽いです。これだけのマスキングテープでも十分に壁に貼れます。

 


セリアのリメイクポスター

 

 

奥の方は紙袋を使ってポスターにリメイクした時のものです。このブログでも書いたあの日から貼っていても落ちて来た事はありません。

 

 

【関連記事】ダイソーの100均ビンテージ紙袋をレトロポスターにリメイクdiyする方法!

 

 

今回のポスターを貼る際、位置を移動させた時に剥がしたのですが、簡単綺麗に剥がせました。とは言ってもマスキングテープの貼り過ぎにはこれからも注意したいと思います。

 

 

現状回復は絶対ではないので広範囲に貼り過ぎたり、思い切った事をやり過ぎないようにしないと…^^;

 

 

今日はここまで〜