DIYと暮らしを楽しむ

男前インテリアが好きで賃貸で原状回復が出来るDIYを楽しんでいます。100均DIY/ハンドメイド/プラバン/カフェ巡り/暮らしを楽しむ色んなこと。

DIYと暮らしを楽しむ

日常生活をお洒落に楽しんでいる人達が居ると知りました。
そんな方々のブログを参考に暮らしを楽しんでいるLIFE STYLE BLOGです。

ディアウォールよりも安く柱を立てる原状回復DIYで有孔ボードを固定する!

賃貸の我が家は、玄関に元々付いてある大きな靴箱があります。

 

そんな玄関の靴箱には、100均セリアの商品と壁紙を使って原状回復が出来るDIYでリメイクを加えていました。

 

そして、何回かの原状回復DIYを繰り返してこんな感じに落ち着いていました。


玄関の賃貸DIY実例

 

玄関の原状回復が出来るDIYでのリメイク方法は、こちらの記事で確認出来ます。

 

 

今回は、別の場所で使っていた有孔ボードを解体して、玄関に有孔ボード収納を作りたいと思います。

 

 

作った有孔ボード収納を解体して玄関収納へと再利用するDIYをしてみた!

 

まず、玄関で使う為の有孔ボードを用意する為に、別の場所で使っていた有孔ボードを解体しました。

 


有孔ボードDIY

 

この場所の有孔ボード収納の作り方は、こちらの記事から確認出来ます。

 

 

有孔ボードを解体したらこんなにスッキリしました。


有孔ボード収納を解体する

 

使用していた有孔ボードは、塗装がされている45cm✕60cm 2枚です。

 

この2枚の有孔ボードを、繋ぎ合わせて再利用します。

 

元々ある靴箱の上に、ディアウォールのように突っ張れるアジャスター金具を使って有孔ボードを固定します。

 

我が家で行った、原状回復が出来る固定方法はこんな感じです。

 

ディアウォールよりも安く突っ張り柱を立てて壁を傷付けずに有孔ボードを固定する

 

まず、ディアウォールのように柱を突っ張れるアジャスター金具を使います。

 

ディアウォールだと2✕4材しか使えませんが、今回はディアウォールは使わないので角材を使用しました。

 

アジャスター金具と角材

 

まず、ボルトが角材の中に入るように角材に電動ドリルで穴をあけます。

 

穴の太さは購入したボルトの太さに合わせます。


角材にドリルで穴をあける

 

そして、角材にボルトを固定するアジャスター金具をビスで固定します。

 

角材にアジャスター金具を固定

 

ここまで出来たら、突っ張り柱を作る準備は完了です。

 

ボルトを回しながら通すと、予めドリルであけていた穴にボルトが通ってネジのように締まっていきます。


角材にアジャスター金具を固定する

 

このネジを調節して天井と地面(靴箱の台)で突っ張って柱を作ります。

 

この他にも、こんなアジャスター金具もあります。こっちの方も同様に木材に固定すると、簡単に突っ張り柱が作れます。

 

 

これらのアジャスター金具を使って「突っ張り柱」を作る準備が完了したら、賃貸の靴箱の上にビスを使わずに柱を突っ張ります。 


アジャスター金具で突っ張り柱を作る

 

まず、天井が傷付かないように板を一枚はさみました。

 

突っ張り柱の上下には滑り止めシートをカットして貼り付けています。


セリアの滑り止めシート

 

これは、セリアのマット滑り止めシートです。

 

本当に滑らないし、網目に沿って切ると真っ直ぐカット出来るのでかなり重宝しています。

 

この滑り止めシートを挟んで突っ張ると、滑って突っ張り柱が外れるリスクもかなり減らせます。5箇所にシートを入れています。


賃貸で突っ張り柱を作るDIY方法

 

手で揺らしても突っ張り柱はガッチリ固定されています。

 

この固定された突っ張り柱に、有孔ボードを固定していきます。

 

角材ではなくて、1×4材や2×4材でディアウォールと同じように突っ張り柱を作りたい場合は、こんなアジャスター金具もあります。

 

 

こっちの金具も、ディアウォールよりはかなりお安いです。

 

アジャスター金具で作った突っ張り柱に有孔ボードを固定する

 

まず、突っ張り柱にビスで一枚めの有孔ボードを固定出します。

 

そして、固定した有孔ボードのすぐ上に木の棒を一本固定します。


有孔ボードDIY

 

この木の棒は、ただの飾りです。あった方が見た目が良かったので挟みました。

 

次に、二枚目の有孔ボードを固定します。

 
有孔ボード収納をDIYする

 

これで、賃貸でも壁を傷付けずに有孔ボードの取り付けが完了しました。

 

ディアウォールよりも低価格で取り付けられます。

 

※ 沢山の重たい物を置く予定の場合はディアウォールの方が緩むことも無く安心だと思います。ただの個人的な感想ですが参考までに(._.)

 

知ってる?壁の隅でも快適に電動ドライバーが使える工具を使ってみた

 

こういったDIYをする時に困るのが、電動ドライバーを使いにくい角のビス留めです。

 

今回の場合だと、有孔ボードの四隅のこの場所です。


賃貸で出来る有孔ボードDIYe

 

こういった場所で電動ドライバーを使おうとすると、壁や床に電動ドライバー本体が当たってビス留めしにくいです。

 

それでも、面倒くさいからと無理やり電動ドライバーを使って締めようとすると、ネジ穴が潰れてしまったりもします。

 

ネジ穴が潰れてしまうのは、もっともっと面倒くさいです。 

 

だから、そうならない為に電動ドライバーは使わずにドライバーで手動でビス留めしたりもします。

 

でも、面倒くさがりな私は隅っこだって隙間だって電動ドライバーで済ませたいです。

 

そこで、TV番組の「有吉ゼミ」で紹介されていたちょっと便利な「フレキシブルシャフト」っていう工具を買ってみました。

 

使ってみると、もうコレめっちゃくちゃ便利でした。

 

 

こんな隅っこの場所でも、この工具を電動ドライバーの先端に取り付けてグッ!と先端を曲げるだけで簡単に快適に電動ドライバーが使えます。


フレキシブルシャフトの使い方

 

電動ドライバー本体が床や壁に当たって使いにくいなんて事も無くて、凄く快適でした。

 

その他の用途だと、L字金具やセリアのアイアンバーを取り付ける時のこういう隙間にだって使えます。


角や隅で電動ドライバーを使いやすくするフレキシブルシャフト 

 

面倒だから電動ドライバーでちゃちゃっとビス留めしたいのに、電動ドライバーが使いにくい隙間や角って結構あります。

 

価格は600円〜2000円くらいです。

 

商品によって口コミ評価が分かれていたので迷いましたが、「角だから電動ドライバーが使えない」っていうストレスが無くなったので買って良かったです。

 

ホームセンターや通販で簡単に購入出来ますが、「電動ドライバー用」「インパクトドライバー用」「電動&インパクトドライバー兼用」と3種類あります。

 

だから、この商品が気になって購入する時には、間違わないように注意して下さい。

 

そんなこんなで、取り付けた有孔ボードの背面には少しの隙間を作っています。


賃貸DIYで有孔ボードを固定する方法

 

全ての生活雑貨を格好良く「見せる収納」が出来れば良いのですが、私にはそんなセンスはありません。

 

だから、ファブリーズや靴の湿気取りなどの見せたくない物は、この有孔ボード背面の隙間に収納して隠してしまおうと思いました。

 

有孔ボード背面の隙間収納も使ってみるとなかなか良い感じです。

 

何でも放り込まないように注意しながら活用したいと思います。

 

次回は、有孔ボードに鍵をかける場所を付けたり、小物や雑貨を置ける飾り棚を取り付けたりしたいと思います。

 

取り敢えず、今日はここまで〜