読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DIYと暮らしを楽しむ

男前インテリアに憧れて賃貸部屋でdiyを始めました。 カフェや雑貨屋巡りと暮らしを楽しむ色んな事。

DIYと暮らしを楽しむ

日常生活をお洒落に楽しんでいる人達が居ると知りました。
そんな方々のブログを参考に暮らしを楽しんでいるLIFE STYLE BLOGです。

DIYで真似出来る!?カフェインテリアがお洒落な「堀江カフェ」に行ってきた!

関西カフェ雑貨 関西カフェ雑貨-大阪カフェ
 

スポンサーリンク

インテリアやDIYに興味を持ち出してから、お洒落だなと思うカフェや雑貨屋さん行く事が週間になっています。

 

 

100均DIYや簡単DIYをやり始めた頃は作りたい物が沢山あって真似したい物も沢山あったのですが、 ある程度作ってしまうと「何か作りたいけれど作りたい物が浮かばない」「アイデアが欲しいー」ってなってきます。

 

 

お洒落なカフェや雑貨屋さんに行くとインテリアや内装までお洒落なので、「こんな棚を作りたい」「壁紙でこんな壁にしたい」とか沢山のやりたい事が浮かびます。

 

 

先日も、そんなアイデアと「おうちカフェ」で真似出来そうな美味しい食べ物を探しに小さなカウンターだけのカフェに行ってきました。お店の方も気さくでとても良い方でした。

 

 

ー目次ー

 

 

★カフェインテリアと内装がお洒落な「堀江カフェ」へ!

 

 

インスタで見て気になっていた、北堀江にある「The coffee coffee coffee」という小さなカフェに行ってきました。

 

 

コンクリートの打ちっぱなしと木製の扉で作られたなんともお洒落なカフェの外観です。

 

 

大阪カフェで人気の堀江のThecoffeecoffeecoffee

 

 

カフェ店内のインテリアも外観と同様にコンクリートの打ちっぱなしを基調としたものでした。カウンターは正面から見ると板張りになっていますが、裏側はコンクリートブロックになっていました。

 


DIYで参考になるカフェインテリアの内装

 

 

カウンター内の壁面棚と入り口の商品陳列棚はコンクリートにガチャ柱を取り付けて作られていました。

 


DIYで真似出来るガチャ柱を使った収納棚

 

 

「ガチャ柱」は「スリットレール」や「棚柱」とも呼ばれています。棚受け金具(ブラケット)をレールに「ガチャ」っとはめ込んで棚を作ることからこう呼ばれるようになったそうです。

 

 

我が家でも、『ディアウォール✕ガチャ柱』で壁に穴を空けずにこういった棚を作っています。ガチャ柱は長さも豊富です。一本1,000円弱から購入出来ます。

 


ディアウォールとガチャ柱で棚をDIY

 

【関連記事】ディアウォール棚を100均アイテムでおしゃれなカフェ風にする方法!

 

 

こうして、賃貸でも壁に穴を空けることなく簡単に棚作りを真似出来ます。写真の棚の場合は、背面の壁に木目の壁紙を貼っています。

 

 

今回、カフェでコンクリートの壁面に木製の棚があるのを見て、「コンクリートの壁の前に木の棚があるのも素敵だなー」と思ったので、ちょっと真似したくなりました。

 

 

我が家にもコンクリートの壁紙を貼っている場所はあります。模様替えが出来るかまたゆっくり考えてみたいと思います。

 

 

インスタで写真が投稿されているカフェや雑貨屋さんは店内までお洒落です。だから、雑誌やインスタで調べて実際にお店に行くと真似したい棚やインテリアが毎回見つかります。

 

 

こりゃ、止められません。これからも色んなお洒落なカフェや雑貨屋さんを調べて行きたいと思います。

 

 

★おうちカフェで真似出来るかもな「カフェメニュー」!

 

 

今回行ったカフェ「Thecoffeecoffeecoffee」で人気のフレンチトーストです。

 


フレンチトーストの美味しい食べ方

 

 

ワックスペーパーを折って作られたお皿の上にフレンチトーストが入っていて、バニラアイスとコーヒーアイスが添えられています。

 

 

フレンチトーストが入ったワックスペーパーはカッティングボードの上に置かれていました。ワックスペーパーのおかげで、カッティングボードは全然汚れていませんでした。

 

 

カッティングボードのDIYが流行っていた頃に「使うことないしな〜」と思って作った事が無かったのですが、こんな使い方があるなら作ってみようかなと思いました。

 

 

そして、もう一つ人気なのが『ルッジェーリ』のジェラートが添えられたコーヒーゼリーです。

 


大阪堀江のカフェで人気のコーヒーゼリー

 

 

ジェラートは「ラムレーズン」と「コーヒー」のどちらかから選べます。そんなに大きいコップではなかったので食べやすいサイズでした。

 

 

コーヒーゼリーが好きな方は、アイスを使えば自宅でも真似出来る「いつもとは違う食べ方」だと思いました。私はコーヒーが苦手なのでこれは真似出来ませんけど^^;

 

 

「The coffee coffee coffee」ではコースターは木製の物が使われていました。我が家でも端材が沢山残ってきているので、またコースターでも作ろうと思います。

 

 

今回の「DIYのヒントを探すカフェ巡り」でも、DIYのヒントになる沢山の真似したい事を見つけられました。このヒントを参考にまた色々と作っていきたいと思います。

 

 

インテリアも内装もお洒落なカフェでしたが、お店の方も気さくで話しやすい方で本当に凄く素敵なお店でした。

 

 

「The coffee coffee coffee」の所在地やinstagramなどの情報はface bookページからも確認出来ます。

 

 

今日はここまで〜