読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DIYと暮らしを楽しむ

男前インテリアに憧れて賃貸部屋でdiyを始めました。 カフェや雑貨屋巡りと暮らしを楽しむ色んな事。

DIYと暮らしを楽しむ

日常生活をお洒落に楽しんでいる人達が居ると知りました。
そんな方々のブログを参考に暮らしを楽しんでいるLIFE STYLE BLOGです。

ままごとキッチンの「木のガスコンロ」「シンク」「蛇口」を作って完成!

 

スポンサーリンク

ままごとキッチンが完成して友人宅に無事に運び込みました。 前回の記事では「ままごとキッチン」の塗装は終わっていないここまで完成していました。

 


木製のままごとキッチンを手作り

 

 

今日は、細かいパーツを作って完全に完成させるまでをまとめた「ままごとキッチンの完成編」です。完成したままごとキッチンはこんな感じです^^

 

 

ままごとキッチンをカラーボックスのリメイクでDIYする方法

 

 

この完成写真の中の、木のガスコンロの作り方や、シンク、蛇口、換気扇の作り方まで細かく書いていきたいと思います。

 

 

ー目次ー

 

 

★ままごとキッチンをカラーボックスで作る!完成編!

 

 

カラーボックスをリメイクして作っていた「ままごとキッチン本体」と「収納扉」はこんな感じで塗装しています。

 


木で手作りするままごとキッチン

 

 

キッチン本体、赤い扉、キッチン台、キッチンに取り付けられる収納棚の詳しい作り方は過去記事でご覧頂けます。

 

【関連記事】ままごとキッチンの「キッチン本体」をカラーボックスで手作りする!

 

 

塗装した赤い扉には、以前に作り方を紹介した木製の手作り取っ手を取り付けました。その後、蝶番でカラーボックスに固定しました。真ん中には棚板を乗せています。

 


カラーボックスに扉を付ける

 

 

ここから、コンロやコンロスイッチなどの細かいパーツを作成して取り付けていって完成させます。作ったパーツの種類はこんな感じです。

 

  • 木で作るガスコンロ
  • 100均で作るシンク
  • 木とフェルトで作る蛇口
  • カチカチ音が鳴るスイッチ付き換気扇

 

カチカチと音が鳴るガスコンロなどのスイッチは、前回紹介した作り方とは違うバージョンで作りました。今回の作り方の方が音も良いです。それでは、木製ガスコンロの五徳の作り方から書いていきます。

 

 

✓ままごとキッチンの木製ガスコンロの作り方!

 

 

手作りのガスコンロを作る時に「こんなんがイイ!」と写真を見せてもらったのですが、その手作りガスコンロは全部が木で作られていました。

 

 

まず、作りたい大きさのガスコンロの幅の木材を探しました。使ったのは加工しやすくて工作に適しているとよく紹介されているファルカタ材です。

 


ファルカタ材でdiy

 

 

次に、作りたい手作りガスコンロの大きさで線を引きます。そして、中心に丸い型を取ります。缶の底の丸型などを使うとコンパスが無くても奇麗な型が取れます。

 


木にガスコンロの方を作る

 

 

次にドリルで穴をあけます。その穴からスタートしてジグソーで丸くカットし切り取ります。ファルカタ材なのでジグソーが無い場合は糸鋸でも簡単にカット出来ます。

 


ジグソーで丸く板を切る

 

 

次に、切り取った丸い板をもう一回り分だけ小さく丸くカットします。今度はテープの丸型で丁度良い大きさでした。

 


丸型をテープ型で取る

 

 

型取り通りに一回り分だけ小さくした切り取った円形の板を正方形の板に戻すとこんな感じです。こんな風に「ガタガタやないかい!」位な仕上がりでも紙やすりで整えれば大丈夫です。

 


木で作る木製コンロ

 

 

下記は紙やすりで整えた後の写真です。「ほら、この通り奇麗になりました。」なんて格好良く言いたいですが、多少の円の歪みはやっぱり残ります。ガスコンロ2個分を作りました。

 


ままごとキッチンの木で作るガスコンロ

 

 

超器用ではない人の手作業でのくり抜き作業だから、そこはもう仕方がなかったです^^;個人的には許容範囲だと思い作業を進めました。

 

 

次に小さいパーツを一杯作ります。幅2.5cmで長さ91cmの木材を購入しました。84円位だったと思います。その木材を同じ長さで8個カットします。

 


木で作るコンロのパーツ端材

 

 

このカットした木材も紙やすりで整えていきます。角は少し丸めに整えます。整える前と後の比較写真です。

 


紙やすりでバリを整える

 

 

トゲトゲを紙やすりで整え終わったら、その奇麗にした木材をこんな感じで並べます。かなりコンロの五徳らしくなってきました。

 


木製コンロを手作りする

 

 

上の写真の中心の空いている所に丸くカットしたコルクを配置します。コルクの型取りはテープの中心の円型を使いました。

 


コースターに印を付ける

 

 

こうして、ガスコンロ作りに必要なパーツを作り終えたら塗装して速乾性ボンドで固定します。ガスコンロの完成です。

 


人気の手作り木製コンロ

 

 

キッチン台に乗せてみるとこんな感じです。

 


手作りした木のコンロとままごとキッチン

 

 

なかなか良い感じになりました。ガスコンロを明るい色で塗装したので、キッチン台の色は濃いめに塗装しています。

 

 

「切り取りカットなんて出来ないけれど木製ガスコンロが欲しい」って時には、手作りままごとキッチン用のパーツで木製ガスコンロが販売されています。「ガスコンロなんて何でもいい」って方はコルクの鍋敷きを置いているだけにしていました。

 

 

キッチンカウンター本体はカラーボックスで作って、こういった細かいパーツは買った物を取り付けるという方法もあります。既存品の立派な木製ままごとキッチンを買うよりは節約になると思います。

 

 

先日の記事で紹介した「カチカチ音が鳴るスイッチ」を取り付けて、ままごとキッチンのガスコンロ部分は完成です。

 

 

f:id:mai-19820911:20161223000148j:plain

 

【関連記事】ままごとキッチンのカチカチ音が鳴る「ガスコンロのつまみ」を木と100均で作る方法!

 

 

お次は、ままごとキッチンのシンクを作ります。

 

 

✓ままごとキッチンのシンクの作り方!

 

 

手作りままごとキッチンのシンク作りで使ったのはダイソーで購入した白いバットです。キッチングッズのコーナーにあります。

 


ままごとキッチンとシンク用バット

 

 

写真の中で木材を置いている場所には蛇口を取り付けます。後々になって「蛇口が入らない(T_T)」なんてならないように借り置きをしてシンクをはめ込む場所を決めます。

 

 

キッチンシンクをはめ込む場所が決まったら白いバットの大きさに鉛筆で印を付けます。そして、その印の内側四隅にドリルで穴をあけます。

 


手作りままごとキッチンのシンクを付ける穴をあける

 

 

次に、ドリルであけた穴にジグソーを指してカットしていき、四角くく切り取ります。

 


ジグソーでままごとキッチンの板をカットする

 

 

カットは大きく曲がったり歪むと流石に駄目ですが、上の写真くらいの小さな歪みだと許容範囲です。

 

 

切り取った場所に白いバットをはめ込んで速乾性ボンドで固定しました。小さなカットの歪みだと、こんな風に白いバットの縁でちゃんと隠れます。

 


手作りままごとキッチンのシンク

 

 

購入する白いバットは必ず縁があるものを選びます。そして、天板を切り取る時の大きさは縁より内側の大きさ【A】【B】で測ります。

 


木のままごとキッチンの手作り方法

 


幾つかのブログを見ていると、気を抜いていて間違える場合が結構あるみたいです。バットをはめ込んでスカスカの隙間だらけにならないように寸法を測る時は特に間違わないように注意ですね^^

 

 

お次は、ままごとキッチンの木の蛇口を作ります。

 

 

✓ままごとキッチンの木の蛇口の作り方!

 

 

木製の蛇口を作る為に使用した木材です。大きな円柱の木材はホームセンターで購入しました。その他の木材は端材です。

 


木で作る蛇口の材料

 

 

これらの木材を組み立てると、蛇口ハンドルと土台はこんな感じになります。

 


木で作る蛇口ハンドル

 

 

蛇口はL字金具と速乾性ボンドを仕様してこんな風に組み立てました。この木材も捨てずに取っておいた端材を使いました。とことん節約^^

 


木製蛇口の作り方

 

 

次に、蛇口ハンドルとなる円柱の木材に「お湯」と「水」の目印となる飾りを張り付けます。

 

 

過去のハンドメイドで少ししか使わなくて余っていたフェルトを使いました。無い場合はダイソーでも購入出来ます。

 


フェルトと積み木

 

 

このフェルトの中から赤と水色を使います。蛇口ハンドルにする円柱木材の直径より少し小さめの丸型で印を付けます。

 

 

その印通りにフェルトがカット出来たら、蛇口ハンドルにする円柱木材に張り付けます。カットする円の型取りはセリアの水性ニスの底の大きさが丁度良い感じでした。

 


おもちゃ蛇口ハンドルの作り方

 

 

これで、お湯と水の印が付いた蛇口ハンドルの完成です。次に、この蛇口ハンドルを回せるように土台に取り付けます。

 

 

フェルトを貼り付けた蛇口ハンドルの木材の裏面にドリルで穴をあけて、速乾性ボンドを付けたダイソーのダボを差し込み固定します。

 


ままごとキッチンの回る蛇口の作りか

 

 

次に、取り付ける土台の木材にダボより少し大きめの太さの穴をあけます。その穴にダボを指して作っていた蛇口ハンドルをただ差し込むだけです。こちらにはボンドは付けません。

 


ままごとキッチンの木で作る蛇口

 

 

かなり簡易的ではありますが、この方法で蛇口ハンドルは回転します。そして、この土台の真ん中に作っていた蛇口を取り付けます。

 


ままごとキッチンの手作り木製蛇口

 

 

この完成した蛇口を、キッチン台にバットをはめ込んで作ったシンクとキッチン壁面との隙間に固定します。

 


手作りままごとキッチンのシンクと蛇口

 

 

これで、「お湯」と「水」の印付きで蛇口ハンドルもちゃんと回転する水周りの完成です。勿論ですがお湯や水なんて出やしまへん(^^ゞ

 

 

「蛇口なんて作るの無理だ」って方には、ままごとキッチンの手作りパーツの木製の蛇口がお勧めです。

 

 

キッチン台はカラーボックスで作って、蛇口はこの商品を取り付けるってだけでもままごとキッチン全てを購入するよりは節約にはなると思います。

 

 

お次は、ただの雰囲気だけのままごとキッチンの換気扇っぽいものを作ります。

 

 

✓ままごとキッチンの換気扇の作り方!

 

 

ままごとキッチンなんて作った事がないので、色々と調べると沢山の「あんなんもいいなー」「こんなんがいいなー」が出てきました。

 

 

お互いに絵心の無い下手なイラストも書きつつ予算とも相談して決めていたある日のことです。

 

 

「他にリクエストはー?どんなままごとキッチンがいいん?」

 

「棚が付いてて、調理器具かけるフックも欲しくて…うーん…理想はこんなん!」

 


キッチンのおもちゃ

 

 

……(°∀° )!?ピンク過ぎてよく分からんし(´-∀-`)小さっ‼

 

 

そんな第一印象の写真の中のおもちゃのキッチンでしたが、換気扇部分の雰囲気だけをこの写真から頂戴しました。

 

 

換気扇っぽいものを作るのに使用した木材は、キッチン台やキッチン壁面などを作る時にカットして貰っていたシナベニヤのあまりです。

 

 

塗装した後にスイッチやつまみの配置を決めてこんな風に組み立てます。四角いスイッチはただの飾りですが、つまみのスイッチはガスコンロと同様に回転させるとカチカチと音が鳴ります。

 


ままごとキッチンのカチカチ鳴るスイッチを付ける

 

 

換気扇の回転するスイッチの取り付け方はガスコンロのつまみと同じ方法です。換気扇のスイッチを付け終わったら、この換気扇を真似たパーツを換気扇が付いているであろう場所に取り付けます。

 


木で作るままごとキッチン

 

 

友人が送ってきてくれたあのおもちゃのピンクのキッチンと比べてみるとこんな感じです。

 


手作りのままごとキッチン

 

 

うーん(゜゜)似てないけれど許される範囲ではありそうだし、何より音が鳴るスイッチとか付けてるもん。それだけで凄いんやもん。という変な自信をを力に変えて「これでよし(๑•̀ㅂ•́)و✧」としました。

 

 

これで、ままごとキッチンに必要なパーツが全て完成しました。今回は色々と検索して凄く沢山調べました。その時に参考にしたまとめサイトの一つです。

 

 

kinarino.jp

 

日本だけではなくて海外のお洒落なままごとキッチンと定番のデザインや簡単な作り方が紹介されています。何から手を付けたら良いのかが分からない時は、取り敢えず色んな方の手作りままごとキッチンを見ると自分がどんなままごとキッチンを作りたいのかもイメージが湧きやすくなると思います。

 

 

★ままごとキッチンとレンジと冷蔵庫を並べてついに完成!

 

 

手作りのままごとキッチンの全てのパーツが作り終わりました。写真はカラーボックスをリメイクして作った「手作りままごとキッチン」の完成写真でです。

 


手作りの木のままごとキッチン

 

 

先に作って、作り方を紹介していた冷蔵庫とレンジも合わせて並べるとこんな感じです。無事に終わりました^^

 


手作りのままごと冷蔵庫とままごとレンジ

 

 

Xmasに間に合って良かったです。この完成した木のままごとキッチンは最低限の分解をして車で運びました。上手く組み立ててXmasプレゼントとして渡せる事を願うばかりです^_^

 

 

完成までの工程は、手作りのままごとキッチン関連の記事で確が出来ます。関連記事はままごとキッチンのカテゴリからご覧頂けます。気になる方は是非見てみて下さい^^

 

 

ちなみに、フックにかける調理グッズや包丁なども木製で揃えたい場合はこんな「ままごとグッズのSET」もあります。凄い商品だと「木製のままごとグッズ18点SET」なんてのもありました^^;

 

 

ままごとキッチンを手作りして浮いたお金で、こんな「ままごとグッズ」を一緒にプレゼントするのも絶対に喜びそうですよね^^ 作り方を色々と調べている最中に大人の私までテンションが上がるこういった可愛いおもちゃは凄く沢山ありました。

 

 

✓ジグソーを使って初めて木材カットをしてみた感想!

 

 

実は、怖くて全然使ってなかったジグソーを今回のままごとキッチンのdiyで初めて使いました。天板を切り取ったりのカットが沢山あったものだから仕方なく「怖いけど使ってみるか〜」って感じでした^^;

 

 

私が使っているBLACK DECKERの工具はアタッチメントを付け替えられる電動工具です。ですから、ヘッドを交換すると「電動ドライバー」「ジグソー」「インパクトドライバー」「電動ノコ」などなど、様々な工具として使えます。

 

 

初めてジグソーを使ってみて「全然怖くないし音も静かな方やん」「セットで付いていて持っていたのに何で頑なに使ってなかったんだろう^^;」と今までの時間を勿体無く思いました。

 

 

ジグソーで曲線カットが出来たり、薄い板なら簡単に苦痛なく木材カットが出来ると分かれば作りたい物もどんどん増えて、もっともっと作れる物も増えると思います。

 

 

そんな訳で、これからのDIYが楽しみではありますが、取り敢えずは少し休憩で三連休を楽しみます。

 

 

では、よいXmasを!今日はここまで〜