DIYと暮らしを楽しむ

男前インテリアが好きで賃貸で原状回復が出来るDIYを楽しんでいます。100均DIY/ハンドメイド/プラバン/カフェ巡り/暮らしを楽しむ色んなこと。

DIYと暮らしを楽しむ

日常生活をお洒落に楽しんでいる人達が居ると知りました。
そんな方々のブログを参考に暮らしを楽しんでいるLIFE STYLE BLOGです。

木製 ままごとキッチンをDIYで手作りするにはカラーボックスを使えば簡単!

これまでは、「ままごと冷蔵庫」「ままごとレンジ」をDIYで作ってきました。

 

今日は、カラーボックスで「ままごとキッチン」の本体を塗装前の段階までDIYします。

 

カラーボックスでDIYしたままごとキッチン

 

「ままごとキッチン」とセットで遊べる「ままごと冷蔵庫」「ままごとレンジ」の作り方はこちらから確認出来ます。

 

 

それでは、本日のDIYのスタートです。

 

 

「ままごとキッチン」DIYをカラーボックスを使って作る方法!

 

「ままごとキッチン」を作るのに使ったのは、3段のカラーボックスです。 

 

カラーボックス

 

まず、カラーボックスを横に倒して、カラーボックスの右端と左端に扉を取り付けます。真ん中は棚にするので、収納扉は付けません。

 

カラーボックスで作るままごとキッチンのリメイク方法

 

カラーボックスに取り付ける収納扉は、押入れなどでも使われているシナベニヤの板を使います。ベニヤ板でも、表面が奇麗な種類です。

 

購入したのは、5ミリの厚みで182cm×91cmの大きさです。価格は1980円くらいです。

 

この大きなベニヤ板から、ままごとキッチンのパーツとなる「扉」「天板」「収納壁」のパーツをカットしてもらいました。

 

(※ ホームセンターで希望を伝えるとカットしてもらえます)

 

ベニヤ板のカット図

 

いつもこんな感じで簡単な図を紙に記入しています。

 

この紙をスタッフさんに渡して、ホームセンターでカットしてもらっています。

 

カラーボックスに取り付ける「収納扉」と「棚板」をDIYする!

 

まずは、カラーボックスに取り付ける扉を作ります。

 

カラーボックスの収納の大きさに合わせてカットしてもらったシナベニヤ1枚と、扉の装飾の為にカットしてもらった細いシナベニヤ4本を使います。

 

飾り扉の作り方

 

これらの木材を、紙やすりで整えてから組み合わせます。すると、縁付きの扉になります。

 

ベニヤ板で扉作り

 

扉は、上の写真の形で組み合わせたまま速乾ボンドで固定します。

 

固定している間にズレたり浮いてきたりがないようにと、通常はクランプで挟んで固定します。

 

 

もし、クランプがない場合は重たいものを乗せて固定します。 

 

ベニヤ板で扉を作る方法

 

次に、3段カラーボックスの真ん中に棚板を取り付けます。

 

この棚板も、ホームセンターでカットしてもらっていたシナベニヤです。

 

カラーボックスの棚板を作る

 

棚板を宙に浮いた状態で固定をする為に、ボックス内に棚受けを取り付けておきます。

 

簡易的な棚受けでも良いと思ったので、A側とB側の同じ高さの位置にビスを打ちました。

 

カラーボックスの棚受けを作る

 

左右の棚受けの取り付ける高さを間違えると棚が斜めになってしまいます。

 

間違えないように、必ず正確に同じ高さに4個のビスを打ちます。

 

カラーボックスの棚受けの作り方

 

少しのズボラにビスを棚受け代わりにしても、ちゃんと棚板は作れます。

 

カラーボックスに棚を取り付けるリメイク

 

そして、先に作っていた「収納扉」をカラーボックスにはめ込みます。

 

カラーボックスでままごとキッチン作り

 

サイズもバッチリでした。

 

収納扉は、塗装後にカラーボックスに蝶番で固定します。

 

だから、一旦ここでストップです。

 

ままごとキッチンに「壁面」を作りる方法!

 

キッチンの調理器具をかけるフックや収納棚を取り付ける為に、ままごとキッチンに壁面を作ります。

 

この壁面で使った板も大きいシナベニヤをカットしてもらった時のものです。

 

まず、カラーボックスの背面に115cmにカットしてもらった1×4材をビスで固定します。

 

今回は115cmにしましたが、子供の身長に合わせて高さは決められます。

 

ままごとキッチンの壁を固定する

 

カラーボックスの両端の縁の部分にビスを打って1×4材を固定します。

 

正面から見るとこんな感じになります。

 

ままごとキッチンに壁に作る方法

 

次に、カットしてもらっていたベニヤ板を固定します。

 

ままごとキッチンに壁を作る

 

これで「ままごとキッチン」に棚やフックを取り付けられる壁面の完成です

 

ままごとキッチンに「シンク」をはめ込めむ天板を作る!

 

次に、カラーボックスの上で木材を組みます。

 

ままごとキッチンの天板作り

 

今回は、余っていた木材も利用しているので太さも色もバラバラです。 

 

ままごとキッチンの天板を作る

 

余りの木材が全く無い場合は、長さを測ってカットしてもらいます。

 

2×4材で組むとかなり頑丈に作れますが、1×4材でも頑丈です。

 

でも、上の写真の中で「ベニヤ板」って書いている場所はベニヤ板の方が良いです。

 

コンロのスイッチを取り付ける時に、取り付け作業がやりやすいからです。

 

組み合わせた木材の上に、カットしてもらっていたベニヤの板を乗せるとシンク台が完成します。

 

開け閉めが出来るように蝶番でベニヤ板を固定すれば、パカッと開けるのでシンク内を収納スペースとしても使えます。

 

ままごとキッチンの天板をベニヤ板で作る方法

 

指をはさんだりして危険な気もしたので、今回は開閉式にはせずにガッチリとビスで固定しました。

 

これで、ままごとキッチンのシンク台となる天板部分も完成です。

 

カラーボックスで作るままごとキッチン

 

カラーボックスは、木材で囲むことで約9cm底上げしています。

 

この後にベニヤ板を切り取って「シンク」をはめ込めます。

 

ー追記ー

 

ダイソーのパッドを使って「ままごとキッチン」にシンクをはめ込みました。

 

 

ー追記ここまでー

 

まだ、シンクにするトレーで良さそうなものを見付けられていません。

 

だから、シンクのはめ込み作業は「コンロ」「コンロスイッチ」「蛇口」などを取り付ける時に一緒にしたいと思います。

 

ままごとキッチンに作った壁面に「収納棚」と「かける収納」を作る!

 

次に、ままごとキッチンに作った壁面に「収納棚」と、調理器具をかけて収納する「フック」を取り付けます。

 

ままごとキッチン用の収納棚を作る

 

まずは、カットしてもらった1✕4材とベニヤ板を使います。

 

収納棚の作り方

 

節約であまったベニヤ板も使って作りましたが、全部1×4材で作っても大丈夫です。

 

1×4材で作る自作棚

 

簡単な組み合わせでDIYしたこの棚を、「ままごとキッチン」の壁面に取り付けます。

 

壁面の背面から棚を固定するとビスも見えずに固定が出来ます。

 

ままごとキッチンの収納棚

 

次に、ままごとキッチンの壁に「フック」を取り付けていきます。

 

ままごとキッチンに調理器具をかける「フック」を取り付ける

 

調理器具をフックにかけて収納することが出来るように「かける収納」を作ります。

 

「かける収納」のDIYには、セリアの木の棒と4個で100円のフックを使いました。

 

木の棒に好みの間隔(等間隔)でフックを固定します。

 

100均のフックでリメイク収納作り

 

こうして、簡単に作ったフック収納を「ままごとキッチン」の壁面に取り付けます。

 

カラーボックスDIYしたままごとキッチン

 

これで、「ままごとキッチン」の本体は大体が完成しました。

 

後は塗装をして、「コンロ」「コンロスイッチ」「シンク」「蛇口」「換気扇」などを取り付けて仕上げるだけです。

 

関連記事を追記しました!

 

「ままごとキッチン」の塗装を済ませて完成させました。

 

 

今日はここまで〜。