読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DIYと暮らしを楽しむ

男前インテリアに憧れて賃貸部屋でdiyを始めました。 カフェや雑貨屋巡りと暮らしを楽しむ色んな事。

DIYと暮らしを楽しむ

日常生活をお洒落に楽しんでいる人達が居ると知りました。
そんな方々のブログを参考に暮らしを楽しんでいるLIFE STYLE BLOGです。

ままごとキッチンの「キッチン本体」をカラーボックスで手作りする!

DIY・手作りままごとキッチン DIY
 

スポンサーリンク

ままごとキッチン作りの記事が続いていますが、今までは冷蔵庫とレンジの作り方でした。今回は、やっと「キッチン本体」を作っていきます。

 

 

ままごとキッチンとセットで遊べるようにと作った冷蔵庫&レンジの作り方は過去記事からご覧下さい。

 

 

【ままごと冷蔵庫の作り方】

ままごとキッチンの「手作り冷蔵庫」を作る!カラーボックスでdiy!

 

【ままごとレンジの作り方】

ままごとキッチンの「手作りレンジ」を作る!カチカチと音が鳴るスイッチ付き!

 

 

ままごとキッチンのキッチン本体もカラーボックスで作ります。今回は節約の為にシナベニヤという表面が比較的奇麗な大きなベニヤ板を一枚使いました。

 

ー目次ー

 

★カラーボックスをリメイクして「ままごとキッチン」を作る!

 

 

使用したカラーボックスです。よくある3段タイプを横に倒して使います。

 


カラーボックス

 

 

このカラーボックスの収納の右端と左端に扉を取り付けます。真ん中は棚にして扉は付けません。こんな予定です。

 


カラーボックスのリメイク

 

 

今回のカラーボックスのリメイクdiyで使った木材は記事冒頭で紹介したシナベニヤの板です。シナベニヤは押入れでも使われる事があるベニヤ板で表面も奇麗です。

 

 

今回は5ミリの厚みで182cm×91cmの大きさの板を購入しました。価格は1980円位〜です。

 

 

この大きなベニヤ板から、ままごとキッチンのパーツとなる「扉」「天板」「収納壁」などのパーツをホームセンターでカットしてもらいました。

 


ベニヤ板のカット図

 

 

いつもこんな感じで簡単な図で紙に記入しています。この紙を渡してホームセンターでカットして貰っています。

 

 

✓カラーボックスに取り付ける扉と棚板の作り方

 

 

まずはカラーボックスに取り付ける扉を作ります。カラーボックスの収納の大きさにカットしてもらった木材一枚と、扉の装飾の為にカットしてもらった細い木材4本を使います。

 


飾り扉の作り方

 

 

これらの木材を組みわせるとこんな扉になります。これまでのままごとキッチンの「冷蔵庫作り」「レンジ作り」と同様に紙やすりで角を丸く整えて、トゲトゲのバリも奇麗にしています。

 


ベニヤ板で扉作り

 

 

扉は上の写真の組み合わせで速乾性ボンドで固定します。固定している間にズレたり浮いてきたりがないようにと通常はクランプで挟んで固定します。

 

 

何故か我が家のクランプが行方不明で探しても見つからなかったので、取り敢えず重しを乗せて固定しました^^;

 


ベニヤ板で扉を作る方法

 

 

カラーボックスの真ん中の収納には棚を取り付けます。この棚板もホームセンターでカットしてもらっていたものです。ピッタリです。

 

 

カラーボックスの棚板を作る

 

 

棚の固定をする為に棚受けを取り付けます。写真のA側とB側は同じ高さの位置に印を付けます。

 


カラーボックスの棚受けを作る

 

 

棚の底から棚板を取り付けたい位置までの長さを測って印を付けてもOKですが、写真のように板などを当てて高さを決めると簡単で間違えも起こりにくいです。

 

 

左右の棚受けの取り付ける高さを間違えると棚が斜めになったりするので、間違えないように正確に同じ高さに4個ビスを打ちます。

 


カラーボックスの棚受けの作り方

 

 

今回はとことん節約の為にビスを棚受け代わりにしましたが、木材で棚受けを作ったりしている方が多いです。その辺はお好みですね^^;

 

 

ビスを棚受け代わりにしてもちゃんと棚は作れます。こんな感じです。

 


カラーボックスに棚を取り付けるリメイク

 

 

そして、さっき組み合わせて速乾性ボンドで貼り合わせて作っていた扉をカラーボックスの扉としてはめ込みます。こんな感じです。

 


カラーボックスでままごとキッチン作り

 

 

サイズもバッチリだったので塗装後に蝶番で固定したいと思います。まだ塗装前なので固定はせずに扉作りは一旦終了です。

 

 

✓ままごとキッチンに「収納棚」を取り付けられる壁面の作り方

 

 

お次は、キッチンの調理器具をかけるフックや収納棚を取り付ける為のままごとキッチンの壁面を作ります。

 

 

この壁面で使う板も大きいシナベニヤをカットしてもらった時に作ったパーツです。

 

 

まず、カラーボックスの背面に115cmにカットしてもらった1×4材をビスで固定します。今回は115cmにしましたが、子供の届く身長に合わせて高さは決められます。

 


ままごとキッチンの壁を固定する

 

 

カラーボックスの縁の部分にビスを打って両端に1×4材を固定します。正面から見るとこんな感じです。

 


ままごとキッチンに壁に作る方法

 

 

次に、カットしてもらっていたベニヤ板を固定します。これでままごとキッチンに棚などの収納を取り付けられる壁面が完成です。

 


ままごとキッチンに壁を作る

 

 

 ✓ままごとキッチンに「シンク」をはめ込める天板の作り方

 

 

次に、カラーボックスの上でこのように木材を組みます。

 


ままごとキッチンの天板作り

 

 

今回は、余っていた端材も利用しているのでこんな感じで木材の種類がバラバラです^^;

 


ままごとキッチンの天板を作る

 

 

余りの木材が全く無い場合は長さを測ってカットしてもらいます。2×4材で組むとかなり頑丈に作れますが、1×4材でも結構頑丈ですよ^^

 

 

写真の中で「ベニヤ板」って書いている場所はベニヤ板の方が良いです。コンロのスイッチなどを取り付ける時に取り付け作業がやりやすいからです。

 

 

こうして組み合わせた木材の上に、カットしてもらっていたベニヤの板を乗せます。少し収納式にする為にパカパカと開け閉めが出来る扉式にしたい場合は蝶番で取り付けます。

 


ままごとキッチンの天板をベニヤ板で作る方法

 

 

指を挟んだりして危険かな?と心配な場合は、組み合わせた木材に直接ビスで固定します。

 


ベニヤ板でままごとキッチンの天板を作る

 

 

固定したビスが正面から見えてしまう箇所は見えても見栄えの良いビスで固定しました。

 


カラーボックスに天板作る固定方法

 

 

グラ付いてビスで固定しにくい場合は、写真みたいにマスキングテープで仮止めしてからビス止めするとやりやすいですよ^^

 

 

これで、ままごとキッチンの天板の完成です。カラーボックスより約9cm底上げされて浮いているので、ベニヤ板を切り取って「シンク」をはめ込めます。

 

 

カラーボックスで作るままごとキッチン

 

 

まだ、シンクとなるトレーで良さそうなものを見付けられていないので、シンクのはめ込み作業は「コンロ」「コンロスイッチ」「蛇口」などを取り付ける時に一緒にしたいと思います。

 

 

★ままごとキッチンに必要な「収納棚」と「かける収納」の作り方!

 

 

お次は、ままごとキッチンに必要な収納棚作りと調理器具をかけて収納するフックを取り付けます。

 

 

✓ままごとキッチンの収納棚の作り方

 

 

まずは、ままごとキッチンの収納棚を作りたいと思います。カットしてもらった1×4材とベニヤ板を使います。

 


収納棚の作り方

 

 

節約でベニヤ板も使って作ったんですが、全部1×4材で作っても大丈夫です。

 


1×4材で作る自作棚

 

 

簡単に組み合わせて作ったこの棚を先程作っていたままごとキッチンの壁面に取り付けます。壁面の背面から棚を固定するとビスも見えずに固定出来ます。

 


ままごとキッチンの収納棚

 

 

✓ままごとキッチンの調理器具をかけるフック収納の作り方

 

 

お次は、調理器具をフックにかけて収納出来るかける収納を作ります。セリアの木の棒と4個で100円のフックを使います。

 

 

木の棒に好みの間隔でフックを固定します。好みの間隔と言っても均等の間隔の方がやっぱり奇麗です。

 


100均のフックでリメイク収納作り

 

 

こうして簡単に作ったフック収納をままごとキッチンの壁面に取り付けます。今回書いたままごとキッチンのdiyを全部まとめて全体的に見るとここまで完成しました。

 


100均でお洒落な収納作り

 

 

まだ途中ではありますが、これでままごとキッチンの大体の形は完成しました。後は塗装をして、「コンロ」「コンロスイッチ」「シンク」「蛇口」「換気扇」などを取り付けて仕上げに入れば完成です。

 

 

取り敢えず今日はここまで〜。