DIYと暮らしを楽しむ

男前インテリアが好きで賃貸で原状回復が出来るDIYを楽しんでいます。100均DIY/ハンドメイド/プラバン/カフェ巡り/暮らしを楽しむ色んなこと。

DIYと暮らしを楽しむ

日常生活をお洒落に楽しんでいる人達が居ると知りました。
そんな方々のブログを参考に暮らしを楽しんでいるLIFE STYLE BLOGです。

ままごとキッチンの「手作りレンジ」とカチカチと音が鳴るスイッチをDIY!

ままごとキッチンで使う「ままごと冷蔵庫」をカラーボックスでDIYしていましたが、今回は「ままご電子レンジ」を作ります。

 

「ままごと電子レンジ」は、カラーボックスで作った「ままごと冷蔵庫」の上段に作ります。

 

「ままごと電子レンジ」には、手作りのカチカチと音がなる ”つまみスイッチ” も取り付けました。

 

手作りの「ままごとレンジ」のDIY

 

既にDIYした冷蔵庫の作り方は、こちらの記事で確認が出来ます。 

 

それでは、本日のDIYのスタートです。 

 

 

カラーボックスでままごとキッチンの「手作りレンジ」をDIYする方法!

 

ままごとキッチンと一緒に使う「ままごと電子レンジ」は、前回作った「ままごと冷蔵庫」の上の段に作ります。

 

ホームセンターで、182cmの1×4材(200円位)を購入しました。

 

カラーボックスに合わせた長さで下の写真の組み合わせで作れるように、ホームセンターで木材をカットしてもらいました。

 

カラーボックスでままごとキッチンをDIY

 

カットして貰った木材は、紙やすりで角を少しだけ丸く削って奇麗に整えました。

 

考えていた「ままごとレンジ」の型の通りに木材を組むと、こんな感じになります。

 

手作りのままごとレンジの扉

 

この手作りの「ままごとレンジ」では、右側の板にスイッチなどの装飾を取り付けます。

 

自分好みの配置で、速乾ボンドで張り付けていきます。

 

 

手作りの「ままごとレンジ」にボタンスイッチを貼っていく!

 

今までのDIYで余った端材 or 100均の木材で、「ままごとレンジ」のスイッチを作っていきます。

 

ままごとキッチンのレンジのスイッチを貼る

 

写真のように、カットした木材をスイッチ画面の飾りっぽく見えるように貼り付けていくだけです。

 

この時にも、カットした木材はちゃんと紙やすりで整えます。

 

木材の角を丸く整えた木材と何もしていない木材だとこんなに違います。

 

紙やすりで角を丸く整えた木材

 

紙やすりで整えた木材と手作りの木製取手は、「ままごとレンジ」の扉に速乾ボンドで貼り付けていきます。

 

手作りのままごとレンジのスイッチと取手を付ける

 

次に、「ままごとレンジ」の除き窓の部分を作っていきます。

 

手作りのままごとレンジにのぞき窓を作る

 

手作りの「ままごとレンジ」の小窓を透明板で作る!

 

手作りの「ままごとレンジ」の小窓の部分は、空洞のままにしていたり100均の焼き網を貼ったりとみなさん工夫されていました。

 

透明のプラスチックやプラバンを貼ったりしている方もいます。

 

金網を貼るのはおしゃれだけれど危ないと思ったので、透明のプラスチックを貼る事にしました。使用したのは、100均のプラ版です。

 

プラバンを「ままごとレンジ」の小窓の大きさにカットした後に、怪我をしないように角を丸くカットします。

 

ままごとレンジの小窓をDIY

 

本当は、L字型の金具でプラ板を固定した方が綺麗だと思います。

 

自宅で余っているパーツがT字しかなかったのですが、今回は節約でT字金具で固定しました。

 

プラ板をT字金具で固定する

 

ここで問題が...。金具だけの固定だと、プラ板の固定具合が緩いと感じました。

 

このままでは、子供がポンポン叩くとプラ板がペコペコなると思ったので、念の為に更にタッカーで固定しました。

 

プラバンをタッカーで固定する

 

「これでバッチリ!」と思った時にふと気付きました。

 

色を塗ってからプラ板を取り付けるべきでしたね。失敗しました。

 

プラ板を貼る工程は、塗装後に行った方が絶対に仕上がりも綺麗です。

 

手順を間違えてしまったので、プラ板の小窓にマスキングテープを貼って塗装しました。余計な手間が増えてしまいました。

 

手作りの「ままごとレンジ」を蝶番でカラーボックスに固定する!

 

小さな失敗を乗り越えつつ塗装した「ままごとレンジ」は、蝶番でカラーボックスに固定しました。

 

ままごとキッチンのレンジの扉を蝶番で固定する


開け閉めを乱暴に繰り返すかもしれない子供の「ままごとレンジ」です。

 

100均ではなくて、ホームセンターでしっかりめの蝶番を購入しました。

 

2個で160円くらいです。

 

次に、取手を取り付ける下穴をあけて取手を固定します。

 

下穴を開けて取手を付ける

 

木製取手とレンジ扉をカラーボックスに固定したらこんな感じになります。 

 

手作りままごとキッチンのレンジ扉のDIY

 

「ままごレンジ」の扉もパーツも、100均の水性ニスで塗装しました。

 

取手やスイッチは、レンジ本体よりも少し濃い色で塗装しています。

 

手作りままごとキッチンのレンジをDIY

 

これだけでも、手作りの「ままごとレンジ」は完成です。

 

でも、せっかくなので流行りの ”カチカチと音が鳴るスイッチ” を手作りして、レンジに取り付けてみることにしました。

 

手作りの「ままごとキッチン」で流行りの ”カチカチと音が鳴るスイッチ” をDIYする方法!

 

ままごとキッチンの作り方を調べていると、ガスコンロのつまみのスイッチを回すとカチカチと音が鳴るスイッチを作っている人が沢山いました。

 

参考にしたのは、100均DIYや「ままごとキッチン」の参考写真が沢山ある「LIMIA」という無料アプリとDIYブロガーさんの記事です。

 

DIY・インテリア・100均・暮らしのアイデア-LIMIA
DIY・インテリア・100均・暮らしのアイデア-LIMIA
開発元:Limia, Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

手作りのままごとキッチンで使う「つまみスイッチ」をDIYする!

 

まず、ままごとキッチンで使う「つまみスイッチ」を作ります。

 

柔らかくて加工しやすいファルカタ材に、丸く印を付けます。この長さのファルカタ材で150円くらいです。

 

ファルカタから丸型の木材を切り取る

 

テープの型などを使うとコンパス要らずで丸く印を付けられます。

 

今回作るキッチンの場合は、つまみスイッチが4個必要です。

 

  • 「レンジのスイッチ」×1個
  • 「ガスコンロのスイッチ」×2個
  • 「換気扇のスイッチ」×1個

 

必要な個数分を、まとめて一気に丸くカットしました。

 

糸鋸のカットでも丸く切れますが、ジグゾーがあると楽ちんにカット出来ます。

 

 

型取り出来たら、一枚ずつをカットしていきます。

 

こんなにガタガタでも、紙やすりで整えると綺麗になります。

 

カットした木材を紙やすりで整える

 

ファルカタ材は、本当に柔らかくて加工がしやすいです。

 

棚などのDIYには強度不足だから不向きですが、スイッチを作るくらいの工作にはめちゃめちゃ便利です。

 

スイッチは、「丸型」と「短い棒」のパーツで作ります。

 

紙やすりで整えていない状態だと雑に見えてしまう、ちょっとガタガタな感じでも大丈夫す。

 

手作りままごとキッチンのつまみスイッチのDIYパーツ

 

粗めの紙やすりで整えた後に、細かいめの紙やすりで整えて仕上げます。すると、見た目もこんなに綺麗になります。

 

手作りままごとキッチンのつまみスイッチを紙やすりで綺麗にしする

 

もしも、「そんなの作るの面倒です」って時には、予算に余裕があれば丸い木材も販売されています。

 

 

手作りままごとキッチン用に、「コンロスイッチ」のパーツなんかも販売されています。

 

 

この他だと、ダイソーの「木製ヨーヨー」や「木製だるま落とし」を分解した丸い木材を利用して作る方法もありました。

 

ちなみに、カチカチとなるスイッチを作る方法は、上記で書いたどの材料で作られたスイッチでも作れます。

 

スイッチを回してカチカチと音を鳴らす為のるパーツを作る!

 

ままごとキッチンの「つまみスイッチ」が完成したら、カチカチと音を鳴らす為のパーツを作ります。

 

まず、ダイソーで購入出来る円柱の工作木材に切り込みをいれます。

 

ダイソーの工作木材に切り込みwを入れる

 

この切り込みに、ペットボトルを小さくカットした物か、プラ板を小さくカットした物を挟み込みます。

 

挟み込む時には、速乾性の接着剤を付けておきます。すると、取れることなく固定されます。

 

プラバンを接着剤を付けて挟み込む

 

挟み込む個数が多い程、カチカチという音が沢山鳴ります。

 

調べてみると、皆さん大体8個にしてました。今回はお試し作りなので、手間を減らした4個で作ってみました。

 

ままごとキッチンのかコンロスイッチのDIYパーツ

 

カチカチなるスイッチを取り付けたい部分に、ドリルで穴をあけます。

 

今回の場合は、レンジ扉のここです。

 

手作りままごとレンジのスイッチを固定する下穴を開ける

 

この時にあける穴の大きさは、そこに通すビスやボルトネジよりも一回り大きめの穴にしておきます。

 

空回りして、スカスカになるくらいにしておきます。

 

つまみスイッチの下穴をあける

 

スイッチとカチカチと音が鳴るパーツを、長めのビス or ボルトネジとワッシャーなどを使って下記の順番で固定します。

 

手作りままごとキッチンのカチカチスイッチのDIY方法

 

すると、スイッチを回すと「カチカチパーツ」も一緒に回ります。

 

手作りのままごとレンジのカチカチ音がするスイッチのDIY

 

この「カチカチパーツ」が回った時に、小さくカットしたプラスチックが何かに当たってカチカチと鳴ります。

 

だから、小さくカットしたプラスチックが回転した時に、プラスチックが当たる場所を作らないとカチカチと音が鳴りません。

 

そこで、つまみスイッチを回転させた時に、プラスチックが当たる距離でビスを打ちました。

 

これで、ビスにプラスチック当たって弾かれてカチカチと音がなります。

 

カチカチと音が鳴るつまみスイッチの仕組み

 

今回は低予算で作れる「ビスを使用した方法」で作りましたが、大抵は「六角頭のボルトネジを使用した方法」で作られています。

 

何故なら、ビスで作ると【A】のスイッチを回しても【B】が一緒に回ってくれないからです。

 

【B】も一緒に回ってくれないとカチカチと音は鳴りません。

 

ままごとキッチンのつまみスイッチをDIY

 

そこで、少々無茶な方法を試してみました。

 

ビスの先端に速乾ボンドを付けてから、【A】のスイッチを取り付けました。

 

ビスの先端にボンドを付ける

 

これで、スイッチがビスとくっつくいて、左右どちらに回しても【A】と【B】が一緒に回転してくれます。

 

カチカチと音が鳴るままごとキッチンのつまみスイッチの仕組み

 

少々無茶な方法ではありますが、出来るだけお安く作るにはこの方法がベストだと思います。

 

ちゃんと音も鳴るので、手作りレンジのカチカチと鳴るスイッチはこれでも十分です。

 

以上で、手作りのままごとキッチンの「ままごとレンジ」の完成です。

 

手作りままごとキッチンのレンジをカラーボックスでDIY

 

「ままごと冷蔵庫」の作り方はこちらの記事で確認出来ます。

 

 

次は、「ままごとキッチン」のキッチン本体のDIYをします。

 

ー追記ー

ー追記ここまでー

 

取り敢えず、今日はここまで〜