DIYと暮らしを楽しむ

男前インテリアに憧れて賃貸部屋でdiyを始めました。 カフェや雑貨屋巡りと暮らしを楽しむ色んな事。

DIYと暮らしを楽しむ

日常生活をお洒落に楽しんでいる人達が居ると知りました。
そんな方々のブログを参考に暮らしを楽しんでいるLIFE STYLE BLOGです。

ままごとキッチンの「手作り冷蔵庫」を作る!カラーボックスでdiy!

 

スポンサーリンク

「カラーボックスでままごとキッチンって作れたりする?」と友達から連絡がありました。どんなのかを取り敢えず調べてみると作れそうだったので作ってみる事にしました。

 

 

ー目次ー

 

 

今時のままごとキッチンは、冷蔵庫や電子レンジに蛇口付きのキッチン、スイッチ付きのガスコンロまであるのですね^^;

 

 

いや〜。昔より遥かに洒落たおもちゃでみんな遊んで育っているんだなと思いました。

 

 

デザインだって豊富で、diyして手作りする事だって流行っていました。格好良かったり、可愛かったり、カフェみたいだったりとどれもお洒落でした。

 

 

市販の木製品だと一万円代〜がほとんどでした。子供のクリスマスプレゼントにするそうなので、どんな雰囲気の物を作りたいと思っているのかなどの要望を聞いて作り始めました。

 

 

カラーボックス2個以外の材料費予算は5000円です。その中で沢山の「こんなんがいい」リクエストもあります。

 

 

クリスマスプレゼントだし、それなりにお洒落なままごとキッチンを作ってあげたいと思うので、余って残していた端材なども使って頑張って洒落たままごとキッチンを作りたいと思います。

 

 

★ままごとキッチン「冷蔵庫」の作り方!

 

 

今回のままごとキッチンdiyで「ままごとキッチン」「冷蔵庫」「電子レンジ」を手作りするのに使ったカラーボックスは3段カラーボックス2個です。

 

 

  • ままごとキッチンのキッチン本体
  • ままごとキッチンの冷蔵庫
  • ままごとキッチンの電子レンジ

 

 

これらに分けて作っていきます。まずは冷蔵庫の記事からです。冷蔵庫はカラーボックスの下2段分を使います。

 

 
カラーボックス

 

 

「扉なんてベニヤ板とかなんでもいいよ〜」って言ってくれたのですが、それもなんだか味気なくなる気がしたので少し調べてみました。

 

 

そして、ままごとキッチンをdiyしている人の中で人気の板張り扉を作ろうと思いました。1本500円弱で買える1×6材の木材をカラーボックス2段分の長さに3枚カットして貰いました。

 

 

その3枚の板を並べて木の棒を添えて、印の部分をビス(ネジ)で固定します。すると3枚の板がくっ付いてこんな感じになります。

 


板張り扉

 

この3枚の板張り扉の幅がカラーボックスの幅42cmと丁度一緒です^^作った板張り扉を上から見るとこんな感じです。

 


板張り扉の作り方

 

 

3枚の板を繋げるのに使用した木の棒は、紙やすりで少し角を丸くしています。写真は紙やすりする前と後のビフォー・アフター写真です。

 


紙やすりを使う

 

 

丸っこくしていた方が全体的になんとなく可愛いく見えます。また、木材の角で子供が怪我しないようにする為にでもあります。念の為です^^

 

 

これでカラーボックスの下2段分の大きさの扉が完成です。この作った板張りが冷蔵庫の扉になります。

 


ままごとキッチンの冷蔵庫の作り方

 

 

色はナチュラルな感じが良いとのことだったので、カラーボックスの色と合わせてセリアのニスを購入して塗りました。

 


ままごとキッチンの冷蔵庫

 

 

うーん…。ちょっと色が薄い?明る過ぎる?ムラになる?そんな気がするので、重ね塗りをして仕上がりを整えたいと思います^^;

 

 

取り敢えず蝶番で扉を固定しました。

 


蝶番の付け方

 

 

板張りのしっかりした扉のなので少し重さがあります。100均の蝶番だと不安だったのでホームセンターのしっかりめの蝶番を使いました。

 

 

★ままごとキッチン冷蔵庫の木製の取手を作る!

 

 

扉の取っ手はセリアでも可愛い物が販売されていますが、材料費削減の為にカットして貰った時に余ったこの端材で作りました。

 


端材で取っ手を作る

 

 

ホームセンターで木材をカットして貰った時に「この余りは持って帰る?」と、いつもおっちゃん聞かれます。

 

 

この時も「何かで使えるので持って帰ります」と伝えると「こんな小さいの使えるんかー(≧∇≦)? 笑」とめっちゃ笑われました^^;

 

 

「使えたやないか…おっちゃん。」皆さん、貰える物は貰って帰ると何かで使えますよ。

 

 

さて、話を戻しまして…。この、笑われながら貰って帰った端材を先程と同じように紙やすりで丸っこく整えます。紙やすりで整える前と後の写真です。

 


端材でdiyをする

 

 

次に、我が家で余っていた100均で買った木の棒で取っ手を作る為のもう一つのパーツを作ります。ダイソーで購入したカッター式ノコギリでカットします。

 


100均木材でDIY

 

 

この細かくカットした4個の木材も同様に丸っこく整えます。整える前と後の写真です。

 


端材でDIYをする

 

 

この小さいパーツと先程の端材を組み合わせるとこんな木製の取っ手になります。速乾性のボンドで固定します。ビスで固定してもOKです。

 


端材で取手を作る方法

 

 

「取っ手に丁度良い端材とか余っている木の棒なんて無いよ!」って時には、100均のセリアやダイソーで購入出来る木の棒を上記のようにパーツに分けてカットすれば作れます。

 

 

100均の木材はカッターでもカット出来る位に扱いやすいです。先程紹介したカッター式ノコギリなんかでも簡単にカット出来ますよ。

 

 

でも、耐久性はあまり無いので、「カットしやすそうだ!」なんて、細すぎる木材を買ってしまうと折れてしまう可能性があります。それなりに太さのある木材を買った方が良いです。

 

 

それと、カットするとバリが出るのでトゲが刺さらない為にも紙やすりで整えます。紙やすりも忘れずに購入して下さいね^^100均でも買えます。

 

 

★ままごとキッチン冷蔵庫の扉裏収納を100均で作る!

 

 

冷蔵庫の扉の裏には牛乳パックなどを入れる収納BOXも作ります。これまたネットで調べてみました。

 

 

市販のままごとキッチンだと、冷蔵庫の扉の裏の収納は「卵入れ」と「紙パック入れ」の二種類の収納が付いているものもありました。

 

 

また、ままごとキッチンを手作りする事も今は人気ということもあって「蛇口」「包丁入れ」「収納付き扉」「コンロ」「コンロスイッチ」などなど、パーツでの販売をしているお店もありました。

 

 

販売サイト:サザンツリー 

 

 

今回は「卵を入れる部分はいらなくて、2段とも木箱の収納にして欲しい」との事なので、2段とも木箱収納で作ります。

 

 

簡単な方法だと、ダイソーやセリアの木箱を速乾性ボンドやビスで固定するだけで収納BOXが完成します。こんな感じです。

 


ままごとキッチンをダイソー木箱で作る

 

 

今回は「安く作る!」ってのも課題なのでダイソーの収納ボックスを利用しました。我が家で使っていない木箱があったからです。材料費削減です^^

 

 

手作りボックスを作ろうと思ったのですが、まだ「ままごとキッチンレンジ」「ままごとキッチン本体」のdiyも残っています^^;

 

 

キッチン本体もレンジも拘りたいポイントが沢山あるので、まず一通り作ってみて予算が残れば色々と仕様を変えていけば良いなと思っています。第一弾のこの段階で冷蔵庫だけにそこまでお金はかけられません^^;

 

 

なので、取り敢えずはこの辺りで作った木製の取っ手を取り付けて「ままごとキッチン冷蔵庫」の完成です。最終段階で修正や装飾を加える余裕の材料費があればまた変更するかもです。

 


ままごとキッチン冷蔵庫の作り方

 

 

次回は「ままごとキッチンレンジ」の作り方を更新したいと思います。こんな感じです!

 


ままごとキッチンレンジ

 

 

長くなるので今日はここまで〜