DIYと暮らしを楽しむ

男前インテリアが好きで賃貸で原状回復が出来るDIYを楽しんでいます。100均DIY/ハンドメイド/プラバン/カフェ巡り/暮らしを楽しむ色んなこと。

DIYと暮らしを楽しむ

日常生活をお洒落に楽しんでいる人達が居ると知りました。
そんな方々のブログを参考に暮らしを楽しんでいるLIFE STYLE BLOGです。

100均のカフェ風サインペインティングステッカーで食器棚とキッチン扉を簡単リメイク!

ずっと探していたセリアの新商品のサインペインティングステッカーをやっと見つけました。

 

新商品は売り切れるのが早過ぎて、instagramで発見した時にはもう手遅れですね。だから、皆さんよりも数週間遅くやっとGET出来る感じになってしまいます^^;

 

今回はそのセリア新商品のサインペインティングステッカーでの簡単リメイクです。

 

 

サインペインティングのステッカーで食器棚のガラス扉をカフェ風に簡単にリメイクしてみた !

 

こちらがセリアのサインペインティング風ステッカーです。


サインペインティングのステッカー

 

サインペインティングってのは、カフェの窓ガラスとかに書いている文字とかなのですが、このステッカーでそれ風な事が出来ます。 

 

例えば、この食器収納棚のガラス扉に貼ってみます。曇ガラス風になってはいるものの中の食器がちょっと見えるのが気になる食器棚です。

 
収納棚

 

サインペインティングのステッカーを貼るとそっちに目が行って、ちょっと中の食器が見えるのをカバー出来るかな?と思って貼ってみました。


サインペインティングシール

 

うーん…。あんまり変わらない^^; でも、味気なかったガラス扉がちょっとお洒落な感じにはなりました。

 

100均のサインペインティングステッカーは指紋が付きやすいので貼る時には注意する

 

ステッカーは透明になっているで、指でステッカーの粘着を触り過ぎると透明のガラスに貼った時に指紋が結構目立ちます。

 

そんな予感はしていたので、気を付けて触っていたつもりだったんですが、やっぱり少し指紋が残ってしまいました。

 

曇ガラスだったのでまだ目だちにくくて助かりました。


サインペインティングの貼り方

 

この、サインペインティングのステッカーは一つ購入すると二種類のステッカーがセットになっています。

 

ステッカーは『貼って剥がせる』とは書いていないですが、ガラスとか化粧板とかツルツルした面だと後に剥がしても綺麗に剥がれそうです。

 

でも、剥がせそうと思うのは個人的な勝手な予想です^^;

 

ステッカーの説明書きにも「シール跡が残る可能性がある」と書いているので、綺麗に剥がれない可能性もあります。貼るなら自己責任になります。

 

私はガラスに直接貼りました〜。何だかんだ綺麗に剥がれそうだし、もし綺麗に剥がせなかったらシールの剥がし液でも使うかー。位な気持ちで貼っちゃいました。 

 

※シール跡が残ってしまったと後悔しないように、利用する場合は注意書きを読んでデメリットも納得した上で行って下さい。

 

残ったサインペインティングのステッカーでキッチンの扉もリメイクしてみた

 

サインペインティングのステッカーを二種類買ったのでまだ残っています。

 

お次は手付かずだったキッチン上の収納棚に使おうと思います。

 
収納棚の扉DIY

 

本当はベニヤ板でリメイクしようと思っていたのですが、面倒臭過ぎてそのままにしていました^^;

 

キッチンのコンロ周りはこんな感じで少しずつリメイクもdiyも進んでいるのですが、上の収納棚扉だけがなかなか重い腰が上がらず。


だから、キッチン扉はもうステッカーで済ませてしまおうと思いました。

 

ステッカーを一つ購入すると二種類入っているので、別のパターンを2つ購入すると4種類のステッカーを使えます。

 

先程、一種類を使ったので、残りの3種類をキッチン上の収納の棚扉で全て使いました。化粧板のツルツルした面の扉なので直に貼りました。


キッチンの扉にサインペインティング

 

なかなか、お洒落な雰囲気に誤魔化せたかな?っという感じ位にはなったかなとは思います。

 

ベニヤ板を貼るなんてやっぱり面倒臭過ぎるので手抜きリメイクで完了しました。

 

賃貸なので現状回復が絶対なので、ステッカーがあんまりちゃんと貼り付くと不安なので少し工夫しました。

 

この扉はグレーとブルーが混ざった感じで、透明のステッカーに残る指紋も目立ちませんでした。

 

なので、手の平で少しステッカーをペタペタとして粘着を弱らせてから貼りました^^;

 

これでも綺麗に剥がれるかは分かりませんが2日後だとペロンと簡単に剥がせました。

 

もし、シールの跡が残っても扉の素材が壁紙のように破れる素材でもなく、タイルのような素材なのでシール剥がし液が使えるので直接貼りました。

 

貼る場所の素材が脆かったりめくれやすい場合や、不安が残る方は貼らない方がいいかもです。 

 

今日はここまで〜