DIYと暮らしを楽しむ

男前インテリアが好きで賃貸で原状回復が出来るDIYを楽しんでいます。100均DIY/ハンドメイド/プラバン/カフェ巡り/暮らしを楽しむ色んなこと。

DIYと暮らしを楽しむ

日常生活をお洒落に楽しんでいる人達が居ると知りました。
そんな方々のブログを参考に暮らしを楽しんでいるLIFE STYLE BLOGです。

賃貸のキッチンに見せる収納棚をDIYして使い勝手を良くしてみた!

家具屋で買ったキッチンカウンターの家具の上に、原状回復が出来るDIYで棚を増設していました。

 

カップを下げられるこんな棚です。

 

キッチンカウンター家具をdiy

 

作り方はこちらの記事から確認出来ます。

 

 

そして、この棚のすぐ隣には天井までの高さがある見せる収納棚をDIYしていました。

 

賃貸のキッチンに収納棚を作る

 

この収納棚の作り方はこちらの記事から確認出来ます。

 

 

すぐ手に取れる場所に収納が出来るので凄く便利だったのですが、光が遮られ過ぎてしまって少し暗くなっていました。

 

そこで、もうちょっとスッキリとさせた棚に作り変えてみました。

 

それでは、本日のDIYのスタートです。

 

 

まずは、賃貸のキッチンにDIYした棚を壊して現状回復をする!


まずは、棚に収納していた物を全て撤去しました

 

賃貸キッチンのリメイク方法

 

次に、ビス(ネジ)を取って棚を壊してしまいます。

 

奇麗さっぱりと無くなって、賃貸のキッチンにDIYした棚の原状回復は無事に成功しました。 

 

賃貸を壁紙でリメイク

 

壁紙は壁紙屋本舗の壁紙を貼っています。ここはそのままにします。

 

 

しかし、スッキリとしたものです。

 

でも、このままの収納がないキッチンカウンターだけだと使い勝手は悪いです。

 

この場所には、スッキリとした収納棚を新しく作っていきます。 

 

キッチンカウンターの上に収納棚を新しくDIYする!

 

新しく作る棚には、元の棚を解体して出た木材を使います。

 

サイズ的に使えるものだけ再利用していきます。

 

DIYした端材

 

今回は、少し落ち着いた感じにしてあんまり飾りは付けはしない予定です。

 

シンプルな男前インテリアをイメージしてDIYしたいと思います。

 

最初に木材で棚の木枠を組み立てる

 

まずは、棚を壊した時の木材を再利用して木枠を組みます。ビス(ネジ)で固定しています。

 

棚の作り方

 

この木枠を、キッチンカウンターの上に乗せてみます。

 

キッチン収納棚の作り方

 

以前の棚よりも幅広の棚にしたので、オレンジで囲っている部分の長さが少し足りませんでした。

 

こんな風に、壊した木材を再利用して作れない箇所には木材を買い足しました。

 

足りない長さの木材は、ホームセンターでカットして貰いました。コーナンだとアプリのクーポンで10カットまで無料でお得です。

 

追加で購入した木材のやすりがけと塗装の下準備が終わったら、長さの足りなかった部分を組み立てていきます。

 

棚の高さ(間隔)を決めて棚板を固定していく

 

棚に置きたいと思っている物を置いてみて、棚と棚の間の間隔(高さ)を決めていきます。

 

キッチンカウンター上の収納棚の作り方

 

棚板を固定する時には、水平器で確認しながら真っ直ぐに固定します。

 

水平器の使い方

 

固定するビス(ネジ)の間隔を均等にしたい場合は、ツーバイフォー定規が便利です。

 

定規に穴があいているので、そこに印を付けると全て同じ幅でビス打ち出来ます。これで見栄えも綺麗になります。

 

ツーバイフォー定規の使い方

 

1×4材料(ワンバイフォー)や2×4(ツーバイフォー)をよく使う方には凄く便利です。

 

ワンコインで買えるのも嬉しい人気定規です。

 

 

斜めになっていないかを水平器で確認しつつ、棚も持ちながら固定していくなんて難しすぎると思います。

 

そんな時は、紙コップを重ねた上に棚を置くと作業がしやすいです。

 

棚を真っ直ぐに取り付ける方法

 

こうして、一番端の棚板を作り終わったら真ん中の棚も作っていきます。

 

さっきと同じように、置きたい物を置いてみて棚と棚の間隔(広さ)を決めます。

 

収納棚の作り方

 

真ん中の棚板も、水平器で斜めになっていないかを確認しながら固定していきます。 

 

マグカップのディスプレイ収納(見せる収納)の棚を作る

 

次に、木枠を組んだ棚の上にマグカップの見せる収納棚を作ります。※下の写真参照

 

SPF材での収納棚の作り方

 

高さ13cm幅にしました。

 

少し高さのあるマグカップも入る高さです。

 

こういった調節が出来るのも、DIYならではの嬉しいポイントです。

 

マグカップの収納棚の作り方

 

手持ちのマグカップの長さに合わせて作った「見せる収納棚」に、マグカップを並べてみました。

 

マグカップの見せる収納の作り方

 

取り出しやすいように少しの幅は持たせています。丁度いい感じで一安心です。 

 

DIY棚に転倒防止の対策をする

 

今回は、家具屋さんで購入したキッチンカウンターに収納棚を取り付けました。

 

キッチンカウンターの天板の縁の部分には、マスキングテープで飾り付けをしています。

 

だから、その部分にビスを打っても後々マスキングテープで穴を隠す事が出来ます。 

 

地震の転倒防止対策

 

という訳で、今回はキッチンカウンターの家具にDIY棚を直接ビス打ちしました。

 

これで、収納棚は倒れてこなくてしっかりと固定が出来ました。

 

賃貸のキッチンをセルフリノベーションする方法

 

でも、このままだと棚に置いたマグカップや調理器具が落ちてしまう危険性があります。

 

だから、背面には有孔ボードを取り付けようと考えています。

 

ー追記ー

 

DIY棚の背面に有孔ボードを取り付けました。

 

ー追記ここまでー

 

我が家は賃貸です。キッチンスペースも狭くてリビングから丸見えです。

 

キッチンカウンターの家具を置いてもキッチンが丸見えになってしまいます。

 

でも、キッチンカウンターの上に棚を付けてたことで、目隠し効果もあって ”キッチン丸見え” のお家ではなくなりました。 

 

この効果があっただけでも、収納棚を作って良かったと思えます。

 

勿論、収納が増えて便利さも増しています。

 

今日はここまで〜