DIYと暮らしを楽しむ

男前インテリアが好きで賃貸で原状回復が出来るDIYを楽しんでいます。100均DIY/ハンドメイド/プラバン/カフェ巡り/暮らしを楽しむ色んなこと。

DIYと暮らしを楽しむ

日常生活をお洒落に楽しんでいる人達が居ると知りました。
そんな方々のブログを参考に暮らしを楽しんでいるLIFE STYLE BLOGです。

セリアの剥がせるリメイクテープを貼った壁を原状回復してみた結果まとめ!

※【お知らせ】21017年6月30日に記事内容の追記更新を行いました。

 

セリアでは『リメイクシート』の他にも『リメイクテープ』が販売されています。

 

『リメイクシート』の場合は、商品説明で”貼って剥がせる”とはおすすめはしていません。

 

でも、『リメイクテープ』の場合は、商品説明に”貼って剥がせるけれど状況にもよるよ”的な少し控えめに貼って剥がせるこよが書かれています。

 
貼って剥がせる商品は、絶対に原状回復しなくてはいけない賃貸・アパート・団地には凄く魅力的です。
 
でも、暑さや湿気などのお家の環境によって、何処に貼っても100%綺麗に剥がせるわけではない事を知っておかないと後に凄く後悔してしまいます。
 

セリアの『リメイクテープ』は本当に貼って剥がせるのか?

 
今でこそ、『原状回復にもデメリットやリスクがある』と浸透してきてはいます。
 
DIYを始めた頃は知らない事だらけでWEB検索で調べては色々と試していました。
 
その中で、「マステは貼っても剥がせる!」とどのブログでも書かれていたので、よくも調べずに100均のマステが安いからと購入してタイルのリメイクに使用しました。
 
すると、貼って一年以上経った頃に行った原状回復で凄く大変な思いをしました。
 
何故なら、湿気や夏の暑さでテープが劣化してしまい、シール部分が粘着が溶けたようにベタベタになってしまっていたんです。
 
更に、そうして劣化したマスキングテープはプチプチと切れて剥がすのに凄く時間がかかりました。
 
そんな苦い思い出から、長期間経ってからの原状回復を考えている場所には、テープの劣化が怖くて100均のマステやテープはもう使っていません。
 

実際に『リメイクテープ』を使って数ヶ月後に剥がしてみた

 
セリアで発見した貼って剥がせる『リメイクテープ』。
 

セリアのリメイクテープ

 
今回は、壁紙の上から貼るのではなくて、タイルや化粧板などのツルツルした面で試してみようと思って購入してみました。
 
本当に綺麗に剥がせるのか、少し熱くもなってもしまう場所の冷蔵庫の側面のリメイクで使用しました。
 
そして、数ヶ月後に本当に綺麗に剥がせるのかを確認してみました。
 
冷蔵庫の熱によるテープの劣化なのか、やっぱりテープは若干切れやすくなってしまうものの綺麗に剥がす事は出来ました。
 

セリアのリメイクテープでの原状回復の結果

 
もっと詳しくは『原状回復』についてまとめた記事で紹介しています。
 
 

『リメイクテープ』は壁紙の上から貼っても剥がせるのか試してみた

 
人はすぐに調子に乗るものです。
 
「熱を持つ冷蔵庫の側面に貼っても剥がせたんだし、ビニール壁紙の上から貼っても綺麗に剥がせるはず」と勝手に思ってしまいました。
 
そして、壁紙屋本舗のコンクリートの壁紙の縁取りにセリアの貼って剥がせる『リメイクテープ』を貼りました。
 

セリアのリメイクテープで縁取りをDIY

 
この1ヶ月後くらいに、試しに少しだけめくって(剥がして)みましたが綺麗に剥がせました。
 
なので、「やっぱり貼って剥がせると書いてあるだけあって綺麗に剥がせている」と思ったので、継続してこの場所に貼り続けることにしました。
 
ですが、最近のこの異常な暑さと湿気に不安になったので念の為に再確認をしてみました。
 

夏の暑さと湿気で原状回復は失敗する可能性が高くなる

 
一度確認した時には綺麗に剥がせたあの場所を、異常なくらいに蒸し暑いこの時期に綺麗に剥がせるのかを再確認してみました。
 
テープを少し剥がした時に「あれ?ちょっとベタベタしてる…」と思いました。
 
貼って剥がせる『リメイクテープ』を貼っている場所は、朝からお昼過ぎまで太陽がガンガンと当たる場所です。
 
カーテンを閉めていても壁を触ると熱く感じるくらいの場所です。
 
更に湿気も凄い今年の夏の影響なのか、貼って剥がせる『リメイクテープ』でもまた少しの粘着質の劣化が始まっていました。
 
今のうちに剥がしておこうと思ってゆっくりと剥がしましたが、それでもビニール壁紙が少しテープに付いてしまいました。
 

セリアのリメイクシートの原状回復か結果

 
写真でも確認出来る通りに”ポツポツ”と付いているの少し剥がれてしまった壁紙です。
 
幸いだったのは、表面が少し剥がれただけだったことと、この部屋の壁紙が元々ポコポコした雰囲気の壁紙だったということです。
 
『リメイクテープ』を剥がした後も、見た目は最初と全然変わらなかったのです。大失敗にならなくて本当に良かったです。
 

しリメイクシートとsリメイクテープでの原状回復の結果

 

綺麗に原状回復出来た様に見えるのでギリギリセーフですね。

 

でも、この暑さと湿気を不安に思って確認をしていなかったのならば手遅れだったと思います。
 
もし、100均のテープや、原状回復をするつもりで【マステ+両面テープ】で壁紙を貼ったりしている場所があるのならば、時々は少しめくってみて確認してみる事をおすすめします。
 

原状回復には100均よりも『3M』のマスキングテープの方が良い?

 
我が家では、マスキングテープは3Mの商品を使っています。この家の環境ではまだ失敗した事はありません。
 
※ 3Mは原状回復で使う方法はすすめていません。どのお家でも100%原状回復が出来ると言い切れる方法はないようですので自己責任でdiyを行って下さい(._.)
 
 
念の為に、この『3M』のマスキングテープ+両面テープで貼っている壁紙の場所も確認してみました。
 
その場所は、とても綺麗で粘着質が増しているなどのテープの劣化は見られませんでした。
 

マスキングテープと両面テープで壁紙の原状回復DIY

 
取り敢えず一安心ですが、時々の確認はしておこうと思います。
 
今年の夏は異常な程の暑さと湿気だそうなので何が起こるか分かりません。
 
セリアの貼って剥がせる『リメイクテープ』を剥がした場所も、角に合わせてきちんと綺麗にカットして修正しておきました。

原状回復が出来る壁紙の貼り方でマステと両面テープを使った方法

 
これで、原状回復の確認と手直しのDIYは終了です。
 
またまた、湿気の強い日が続いています。気になる場合は一度確認してみた方が安心すると思いますよ。
 
今日はここまで〜