DIYと暮らしを楽しむ

賃貸で原状回復が出来るDIYを楽しんでいます。100均DIY/ハンドメイド/プラバン/カフェ巡り/暮らしを楽しむ色んなこと。

壁紙リメイクでキッチンカウンターがまるで本物のコンクリートになるカフェ風DIY!

大人気の壁紙屋本舗の壁紙を使ってキッチンカウンターの背面を本物のコンクリートみたいにリメイクするDIYをした時のことをまとめてみました。

 

リメイクDIYで使ったコンクリート柄の壁紙

 

壁紙は現状回復が出来るようにマスキングテープと超強力両面テープを使って貼りました。とは言っても現状回復は必ず成功する保証はありません...。

 

現状回復DIYのデメリット・メリットについては『賃貸での現状回復DIYに「失敗した!」などの疑問の声が出てきている!?』で詳しくまとめています。

 

我が家では「現状回復は失敗する可能性も十分にある」ということも納得したうえで現状回復DIYを楽しんでいます。

 

キッチンカウンターをコンクリート風に見せるリメイクDIYは、壁紙をマスキングテープと超強力両面テープを使って貼ることで剥がしたい時に綺麗に剥がせるという現状回復DIYです。

 

生のりを使わない壁紙貼りも慣れてしまえば貼り方は凄く簡単です。

 

 

キッチンカウンターに壁紙を貼るだけでまるで本物のコンクリートみたいにリメイクするDIY方法!

 
使用したキッチンカウンターは背面と側面が化粧板仕上げになっています。
 
キッチンカウンター
 
この化粧板仕上げになっているキッチンカウンターの側面と背面を、DIYでまるで本物のコンクリートみたいにリメイクします。『なんちゃってリフォーム』です。
 
現状回復を考えている場合は、壁紙の〈のりなしタイプ〉を使います。
 
私が使った壁紙はコンクリート柄です。
 

 

壁紙屋本舗ではコンクリート柄の壁紙だけでも数種類あります。

 

コンクリート柄の壁紙の種類とイメージ画像は楽天市場の壁紙屋本舗のページで確認することができます。 

 

ではでは、早速ですがコンクリートの壁紙を貼っていきたいと思います。

 

キッチンカウンターにコンクリート柄の壁紙を貼っていく

 
まず最初にキッチンカウンターの背面にマスキングテープを等間隔で貼っていきます。

キッチンカウンターのマステを貼る
 
マスキングテープは貼った後にでもまた綺麗に剥がすことが出来ます。
 
だから、マスキングテープを貼った上から超強力両面テープを貼って壁紙を貼ることで剥がしたいと思った時にでもまた綺麗に剥がすことが出来ます。
 
下の写真は『マスキングテープ+超強力両面テープ』の重ね貼り方法です。
 
壁紙を貼る時のマスキングテープの貼り方
 
この方法で等間隔に貼った『マスキングテープ+超強力両面テープ』は、超強力両面テープの方のビニールテープだけを少しずつ剥がしながら壁紙を貼っていきます。
 
壁紙は貼りたい部分よりも少し大きめにカットしておきます。そして、貼りたい部分からはみ出てしまった壁紙はカッターでカットします。
 
コンクリート壁紙
 
上の写真のように少し余った壁紙はカッターで切り取ると、こんな感じで簡単に綺麗に整えられます。
 
壁紙の貼り方
 
今回は上の写真のように茶色の化粧板仕上げの部分を黒のマスキングテープで縁取って仕上げました。黒が入るだけでなんだかカッコよく見えるのでよく使う方法です。
 
キッチンカウンター側面の化粧板仕上げの部分はコンクリートの壁紙でこんな感じになりました。
 
壁紙コンクリート
 
コンクリートの壁紙の上からは3coinsのステッカーを貼りました。
 
「壁紙だけでは味気ないな〜」と感じた時には貼るだけでリメイクが楽しめるステッカーもおすすめです。100均や3coinsでも可愛いものが沢山販売されています。
 
キッチンカウンターの背面も同様のリメイク方法で作業します。そして、仕上がりはこんな感じになりました。
 
壁紙屋本舗の壁紙
 

現状回復が可能な方法で壁紙を貼る時に使っているマスキングテープはこれ!

 
現状回復は絶対に成功するものではありません。失敗する可能性も十分にあります。
 
私自身も「失敗するかも!」と感じたことは何度もあります。
 
その時の実体験は『賃貸での現状回復DIYに「失敗した!」などの疑問の声が出てきている』という記事でも紹介しています。
 
それでも、賃貸でも壁紙を貼るだけでおしゃれなインテリアを楽しめる『壁紙リメイク』はやめられません。
 
そんな我が家の現状回復DIYではいつも3Mのマスキングテープを使っています。
 
 
でも、3Mは現状回復DIY目的でのマスキングテープの利用を推奨はしていません。
 
あくまでも短期間のリメイクを楽しむ程度の利用での「貼って剥がせる」なのです。
 
何年も貼っていたりするとマスキングテープも劣化してしまいます。剥がれにくくなってしまう可能性は十分にあります。
 
それでも、我が家ではこのマスキングテープを使っての現状回復DIYで失敗したことは今はまだありません。
 
だから、ずっとこのマスキングテープを愛用しています。
 

現状回復が可能な方法で壁紙を貼る時に使う超強力両面テープは100均じゃない方がいい!

 
現状回復が可能な方法で壁紙を貼る時に使う超強力両面テープは100均じゃないものを使っています。
 
安くて使い勝手が良いのならば最高です。だから、やっぱり最初に100均の商品はお試ししています。
 
個人的な感覚にはなると思いますが、100均の超強力両面テープは頼りないと感じました。壁紙も剥がれてきやすいです。
 
我が家ではニトムズの超強力両面テープを使っています。
 
薄型タイプのテープで使い勝手が良いのに張り付き具合も超強力なのでおすすめです。
 
 
この他の超強力両面テープだと3Mも定番で人気ですね。
 
我が家では両方の超強力両面テープをお試し購入してみて、ニトムズの超強力両面テープを愛用しています。でも、ここは好みにもよると思います。
 
ニトムズや3Mの超強力両面テープは大きなホームセンターや通販でも購入することが出来ます。
 

『マスキングテープ+超強力両面テープ』の剥がせる現状回復DIYを使ったおすすめ関連記事!

 
無印良品の定番収納ケースを使ったリメイクDIYを紹介した記事です。
 

www.diy-kurashi-cafe.com

 

『マスキングテープ+超強力両面テープ』で賃貸の壁紙の上から木目の壁紙を貼った後、実際に二年後に現状回復をしてみた時の検証結果を紹介した記事です。

 

www.diy-kurashi-cafe.com

 
似たような方法や材料が溢れる中で、自分の家の環境(湿気・暑さ)に合った方法を見つけていくのもまたDIYの楽しい所なのかなと思います。
 
今日はここまで〜