DIYと暮らしを楽しむ

男前インテリアに憧れて賃貸部屋でdiyを始めました。 カフェや雑貨屋巡りと暮らしを楽しむ色んな事。

DIYと暮らしを楽しむ

日常生活をお洒落に楽しんでいる人達が居ると知りました。
そんな方々のブログを参考に暮らしを楽しんでいるLIFE STYLE BLOGです。

IKEAで衣類収納!組み立て簡単な「ALGOT」シリーズで整理整頓スペースを作る!

 

スポンサーリンク

実家で弟の部屋だった一室が今は母の部屋になっています。

 

でも、洋服を収納出来るクローゼットがない部屋のまんま使っているので、取り敢えず洋服をカーテンレールにかけまくっていて全く片付いていませんでした。

 

「どうにかならへんかな?」とお願いされたので、IKEAの商品を使って衣類収納のスペースを作ってみました。

 

とにかくシンプルで安いのが良いとの事だったので「ALGOT」シリーズを購入することにしました。

 

IKEAの「ALGOT」シリーズで衣類収納の整える!

 

「ALGOT」シリーズは、ワイヤーバスケットやフレームなどのパーツを組み合わせてこんな感じで衣類やBAGなどの収納場所を簡単に作れます。

 

IKEAの衣類収納に使えるALGOTシリーズの使用参考例

出典:ALGOT フレーム/ワイヤーバスケット/ロッド - IKEA | IKEA | Pinterest | クローゼット、収納、ワードローブ

  

 価格もそこまで高くなくて、IKEAの店舗で購入するとフレームが¥1500〜、メッシュバスケットやワイヤーバスケットは¥400〜と凄くリーズナブルです。

 

ただ、毎度お伝えしているように通販で購入すると結構高くなっちゃいます。IKEAが近い方は店舗購入の方が絶対にお得です。

 

安くて簡単に組み立てられて収納が沢山出来るシンプルな見た目となれば、母親の言っていた理想の感じそのものでした。なのでこれに決定です。

 

IKEA『アルゴート』の掛ける収納のフレームを組み立てる!

 

まず、洋服を畳んでしまうよりは”掛ける収納”にしたいとのことだったので、ロッド付きフレームを購入しました。

 

 

組み立ても凄く簡単です。付属の工具でフレームを固定していくだけなので、説明書が無くても組み立てられる感じです。

 

IKEAのアルゴートの収納家具の組み立て方

 

こうして、フレームの組み立てが終わったらハンガーを掛ける部分の棒を取り付けます。これも、パチンとはめ込むだけなので凄く簡単です。

 

IKEAのアルゴートで作る掛ける収納のスペース

 

これだけで、洋服を掛けて収納が出来る『ロッド付きフレーム』の完成です。

 

この『ALGOTO(アルゴート)』シリーズは付属の部品を使ってフレーム同士を積み重ねる事が出来ます。

 

なので、好きなフレームの種類を組み合わせれば、こんな感じで掛ける収納を多くしたり引き出し収納を多くしたりと自分好みに変えられます。これは便利ですね。

 

f:id:mai-19820911:20170706160631j:plain

収納:ALGOT フレーム/メッシュバスケット/ロッド IKEA ALGOT/アルゴート… | Dream Home_内装 | Pinterest | 馬小屋、バルコニー、クローゼット

  

母親の場合は、『掛ける収納』を増やしたかったようなので、上写真の組み合わせの4つのフレームのうちの1つだけを引き出し収納にしました。

 

なので、続いては『引き出し収納』のフレームを組み立てていきます。

 

IKEA『アルゴート』の引き出し収納のフレームを組み立てる!

 

『ALGOT(アルゴート)』を引き出し収納で使用したい場合は、別のフレームを使用します。100cmと70cmの2種類の高さがあります。

 

 

先程と同じような感じで付属の工具でフレームを組み立てます。引き出し収納のフレームの場合はレールが付いています。

 

IKEAアルゴートの引き出し収納フレームのレール

 

今回購入した引き出しフレームは100cmです。100cmのフレームで引き出しレールは6段あります。このレールに好みのワイヤーバスケットをはめ込みます。

 

IKEAの衣類収納に便利なアルゴート引き出しフレーム

 

はめ込めるワイヤーバスケットには、プラスチックバスケットや網目が細かいメッシュバスケットなど数種類のタイプがあります。

 


IKEAのアルゴートシリーズのメッシュバスケット引き出し

出典:ALGOT フレーム/メッシュバスケット6個/トップシェルフ - IKEA

 

 今回は、その中から網目が大きいタイプのワイヤーバスケットを選びました。

 

IKEAのワイヤーバスケット

 

これで、IKEAの店舗販売価格でと¥400です。お安いです。大きさは『浅型』『深型』とあります。こちらは『浅型』タイプです。

 

 

付属の部品をパチンとはめて 引き出しを引いても抜け落ちないように出来るので安全です。

 

IKEAのワイヤーバスケットの引き出し

 

これだけで引き出しの準備は完了です。あとは引き出しフレームのレールにはめ込んでいくだけです。

 

IKEAのワイヤーバスケット収納

 

『深型』タイプの引き出しの場合は、引き出しレールを二段分使ってワイヤーバスケットをはめ込みます。写真では一番下の段が『深型』タイプです。

 

IKEAのアルゴートのワイヤーバスケット引き出し収納

 

『掛ける収納』✕『引き出し収納』でフレームで組み合わせる!

 

組み立てた『引き出し収納』の上に、先に組み立てていた『掛ける収納』のフレームを積み重ねて付属の部品で固定します。

 

IKEAのアルゴート収納

 

こんな風にパチンとはめるだけの簡単な部品です。

 

この部品をフレームの内側の『T字』になっている箇所にはめ込むとしっかりと固定されます。

 

IKEAのアルゴートで収納の重ね方

 

こうして積み重ねた『ALGOT(アルゴート)』をTVボードと壁面の隙間にはめ込みます。これで、衣類収納の完成です。

 

IKEAのカラーボックス収納と衣類収納のアルゴート

 

積み重ねたフレームの上の段は『掛ける収納』です。そして、下の段がパンツやBAGなどを畳んだりして収納出来る『引き出し収納』になっています。

 

ちなみに、TVボード代わりに使っているカラーボックスもIKEAで購入しました。こちらは組み立てがやや面倒くさかったです。

 

でも、結構丈夫なのでTVを置いても全然大丈夫でした。

 

IKEAのカラーボックスをTVボード代わりに使う!

 

IKEAのカラーボックスは凄く沢山の種類がありました。4つの収納場所があるこのタイプで¥4,999でした。引き出しを入れていない状態だとこんな感じです。

 

IKEAのカラーボックス収納

 

カラーボックス用の収納シリーズもIKEAで購入しました。二種類購入しましたが、どちらの収納ケースも組み立てが凄く簡単でした。 

 

f:id:mai-19820911:20170706173822j:plain

 

このカラーボックスの上にTVを置いた状態で壁面の真ん中辺りに設置しました。

 

そして置いた時に出来る両側のスペースに、最初に作った『ALGOT』シリーズを積み重ねた衣類収納を積み重ねたものを置きます。

 

部屋が狭いので引きで写真を撮れなくて全体の写真はありませんが、イメージはこの写真の組み合わせで積み重ねた真中のスペースにTVとカラーボックスがある感じです。

 

IKEAのアルゴートで衣類収納

出典:ALGOT フレーム/メッシュバスケット/ロッド - IKEA

 

収納もかなり増えたし、ワイヤーボックスなので中に何が入っているのかも分かりやすくて使い勝手は良いみたいです。

 

でも、ホコリが気になる場合は普通のプラスチックボックスの方が良いかもしれません。

 

ラベルを貼ることで中に何が入っているのかも分かりやすくは出来ます。

 

クローゼットが無い部屋だったので、掛ける収納が出来ずにカーテンレールに掛けていた時よりも遥かに衣類の整理の勝手も良くなったそうです。

 

1日で組み立てた私の肩こりはかなりのものでしたが喜んでもらえて良かったです。

 

今日はここまで〜