DIYと暮らしを楽しむ

男前インテリアが好きで賃貸で原状回復が出来るDIYを楽しんでいます。100均DIY/ハンドメイド/プラバン/カフェ巡り/暮らしを楽しむ色んなこと。

DIYと暮らしを楽しむ

日常生活をお洒落に楽しんでいる人達が居ると知りました。
そんな方々のブログを参考に暮らしを楽しんでいるLIFE STYLE BLOGです。

100均のプラバンとレジンで立体ピアスを作ってぷっくりさせる方法!

100均でも購入出来るプラバンは、今では大人の遊びやアクセサリー作りでも大人気です。

 

でも、ピアスやブローチを作ると中途半端にプラバンが余る時があります。

 

絵を書くスペースすら無いプラバンの欠片(かけら)みたいな切れ端です。

 

「どうせ使えないしね!」と捨てている人も多いであろうそんなプラバンの欠片も、集めて重ねてレジンで固めればおしゃれなピアスを作れます。

 

大人プラバンとプラ版ピアス

 

上写真のピアスは、100均で販売されているホイルネイル用のシートとリキュールネイル、プラバンの欠片を使って作ったものです。

 

いつもは捨てていたプラバンの欠片でもこんな風なピアスが作れます。

 

プラバンの欠片も捨てては勿体無いんです。

 

それでは、本日のプラバンDIYのスタートです。

 

 

100均のプラバンで「立体ピアス」を作る手順!

 

まず、プラバンでアクセサリーを作った時に余った欠片を広い集めます。

 

中途半端に余ったプラバンの欠片は三角形にカットします。

 

大きさは、大きいのがあったり小さいのがあったりの適当でも大丈夫です。

 

カットしたプラバンは、色を付けずにトースターで焼きます。

 

すると、小さくいプラ板の欠片のような三角形のパーツが出来ます。

 

プラバンアクセサリー

 

プラバンの欠片にマニキュアで着色する

 

次に、トースターで焼いた三角形のプラバンに色を塗っていきます。

 

プラバンが動いて塗りにくい場合は、丸めたマスキングテープの上に貼って固定します。

 

こうすると、プラバンが動かないので塗りやすくなります。

 

プラバンマニュキュア

 

プラ板の着色で使ったのは、マニュキュアとリキュールネイルです。

 

重ねて作る「立体ピアス」は、透明感が出た方が可愛いです。

 

何個か作ってみましたが、リキュールネイルがおすすめです。

 

リキュールネイルは100均(キャンドゥ)でも販売されています。

 

三角形プラバンを重ねて立体にしてレジンで固める

 

プラバンに塗ったマニキュアが乾いたら、好きな色の組み合わせを選びます。

 

立体プラバンピアス

 

選んだ色の組み合わせで三角形のプラバンを2個重ねて立体にしてレジンで固めます。

 

立体プラバンアクセサリー

 

UVレジンは、太陽光に当てても固まりますが、それだと何時間もかかってしまいます。

 

レジンを硬化する機械があると凄く楽ちんです。なんと、数分で固めることが出来ます。

 

数千円程度で購入することが出来ます。

 

 

プラバンの仕上げのコーティングは、レジンで行うとぷっくりとしてツヤツヤになって凄く完成度を上げて見せられます。

 

プラバンアクセサリーを作っていくのならば、レジンを固める機械はあると必ず便利なものです。

 

仕上がりをぷっくりとは見せたくない場合は、油性ペンが滲まない水性ニスとしても人気の「パジコ水性ニス」が人気です。

 

 

100均などの水性ニスとは違って、油性ペンで描いたイラストもかなり滲みにくいです。

 

私自身も、レジンもパジコの水性ニスもよく使っています。

 

100均のホイルネイル用アイテムを使って「立体プラバン」をデコる

 

レジンがしっかりと固まって重ねた三角形のプラバンが完全に固定されたら、ホイルネイルとトップコートを使います 。

 

プラバンホイルネイル

 

まず、トップコートをプラバンに塗って、ベタベタするくらいになるまで乾くのを待ちます。

 

完全には乾かさなくて少しベタベタするくらいにまで乾かしたら、100均のホイルをペタペタとプラバンにあてます。

 

すると、ホイルがプラバンにくっついて柄になります。

 

大人のプラバンアクセサリー

 

色んな色のホイルを重ねる事で、こんな感じのプラバンピアスが簡単に作れます。

 

大人のプラ版アクセサリー

 

今回は、このホイルを使ったプラバンピアスを少しアレンジして、三角ピアスを2個重ねて「立体ピアス」にしています。

 

大人のプラバンピアス

 

同じ工程で何種類か作ってみました。色違いなだけで全て同じ方法です。

 

大人プラバンとプラ版ピアス

 

リキュールネイルを使うとステンドガラスみたいに透き通ります。

 

プラバンを重ねた時も凄く綺麗です。

 

中途半端に余ったプラバンでも、こんな立体的でキラキラしたピアスが作れるなんて凄く得した気分になりました。

 

が、しかし…デメリットがあります。

 

それは、「時間がかかって面倒臭い」というところです。

 

普通のプラバンにイラストを書いて焼くだけの「プラバンピアス」よりも、数倍の手間も時間もかかりました。

 

プラバンの欠片を捨てずに残しておいて、気が向いたら作るくらいが丁度いいのかなと思いました。

 

自分には、イラストを書いて焼いて作るプラバンの方が楽しんで作れて合っていると思いました。

 

プラバンの欠片でカラフルなピアスを作る方法!Part ②

 

次に紹介するプラバンピアスもまた、プラバンの欠片を集めて作れるピアスです。

 

こちらの場合は、三角形だけではなくて色んな形のプラバンで作れます。

 

無着色のままのプラバンの欠片をトースターで焼いたら、マニキュアで色を付けていきます。

 

マニュキュアでプラ版

 

マニキュアが乾いたら、着色したプラバンの欠片をレジンで貼り合わせて固めます。

 

立体プラ版レジンで作成

 

レジンで固め終わった後に、スルッと剥がせるように耐震マットの上で作業を行います。

 

何故、耐震マットを使うのかはこちらの記事が参考になります。

 

 

レジンが固まってプラバン同士がくっついたら、表面をレジンでコーティングします。

 

これで、仕上がりをぷっくりとして見せられます。

 

レジンで立体大人プラバン

 

このピアスは、先に紹介した三角形を重ねた立体ピアスよりもまだ簡単に作れました。

 

それでも、手間も時間も定番の作り方と比べると倍の時間はかかってしまいました...。

 

これからも作って行くのかは悩みどころですが、取り敢えずは中途半端に余るプラバンの余りも取っておきたいと思います。

 

今日はここまで〜