DIYと暮らしを楽しむ

男前インテリアが好きで賃貸で原状回復が出来るDIYを楽しんでいます。100均DIY/ハンドメイド/プラバン/カフェ巡り/暮らしを楽しむ色んなこと。

DIYと暮らしを楽しむ

日常生活をお洒落に楽しんでいる人達が居ると知りました。
そんな方々のブログを参考に暮らしを楽しんでいるLIFE STYLE BLOGです。

レジンと100均の空枠でハンドメイドアクセサリーをDIY!

ハンドメイドアクセサリーで人気のレジンを使ってアクセサリーを作ってみました。

 

いつもはプラバンの最終コーティングでぷっくりさせる為にだけ使っていたレジンですが、今回はレジンが主役のハンドメイドです。

 

 

レジンと「空枠」などの100均材料でハンドメイドアクセサリーを作ってみた!

 

セリアではレジンから空枠まで全て100円で揃います。ピアスやブレスレットを作りたい時にもセリアだけで材料が揃います。

 

そんな豊富なアクセサリーパーツの中で、空枠として販売されているわけではないこちらの商品を使うと薄ーいレジンアクセサリーを作れます。 

 

セリア空枠レジン

 

ピアス作りなどでも使えるアクセサリーパーツなんですが、この中にレジンを流して固めると空枠のように使えます。形は「丸」「三角」などなどあります。

 

とはいっても、普通の空枠よりも薄いので少々コツが必要です。空枠の隙間からレジンが漏れたりしてしまいます。

 

そこで、レジンが空枠から漏れないコツをネットで調べていると幾つか発見したので試してみました。

 

その中から使えそうな2つを紹介したいと思います。

 

レジンの空枠で上手く作る方法 その①

 

空枠にレジンを注いだ時にレジンが漏れ出さずに上手く固められる方法の一つめはマスキングテープを使う方法です。

 

空枠をテーブルに置いてそのままレジンを注いでも空枠の底からレジンは漏れてきてしまいます。

 

そこで、空枠の底にマスキングテープを貼ります。空枠の縁取りに沿ってしっかりと貼り付けて空枠とマスキングテープの隙間からレジンが漏れないようにします。

 

レジン空枠100均

 

一気にレジンを入れると漏れてきやすいので、少し入れて全体に薄く伸ばして一度固めます。

 

セリアレジン空枠

 

一度固めると空枠の底もしっかり隙間なく仕上がるので、次に少々多めにレジンを入れても漏れる心配はなくなります。

 

固める時にはいつものUVでレジンを固める機械を使いました。数分で固まる便利な数千円の機械です。

 

 

レジンが固まるとマスキングテープを剥がします。すると薄い空枠の中にでもレジンを綺麗に固められます。

 

レジンアクセサリーのコツ

 

写真を見てお気付きの方は「綺麗に?」と思ったと思います。そうなのです。少しくもっています。

 

色を付けたり、コーティングでレジンや防水ニスを重ね塗りするともう少しだけ曇り具合はマシになって気にならない程度にはなりました。

 

なので、色を付けずに透き通った感を出したい時にはマスキングテープでの方法はあまり向いていないのかもしれませんね。 

 

そこで、もう一つの方法を試して診ました。 

 

レジンの空枠で上手く作る方法 その②

 

もう一つの方法は耐震マットを使う方法です。耐震マットはダイソーやセリアなどの100均でも販売されている少し粘着のあるゼリー状の耐震マットを使います。 

 

100均耐震マット

 

その耐震マットの上に空枠を置いてレジンが漏れ出さないように少し入れて底全体に伸ばして固めます。

 

レジンアクセサリー空枠diy

 

そうして固めて、空枠の底をレジンで作ったら一度UVの機械から取り出します。そして、もう一度レジンを入れて固めて完成させます。

 

耐震マットを剥がす時はツルンとこんな感じで簡単に剥がせます。


レジン空枠の漏れないコツ

 

仕上がりの透明度はマスキングテープの時よりはかなり透き通った感があって綺麗です。マスキングテープと耐震マットで作ったのを比べるとこんな感じです。


レジン空枠アクセサリーDIY

 

全然違いますよねー。でも左側のマスキングテープで作った方も色を付けるともう少し綺麗に見えます。色を付ける時はどっちで作っても良いと思います。

 

耐震マットで作る時のデメリットは、耐震マットに付くホコリに気を付けないといけません。

 

ホコリで汚いままに作るとレジンにホコリが付いて固まってしまいます。

 

水洗い可能なのでこまめな掃除が必要です。

 

 

そして、マスキングテープの時と違って耐震マットの粘着に密着させているだけで、テープで貼り付けてはいないのでレジンが空枠の底から溢れてきやすいです。

 

最初から一気にレジンを入れると100%と言っていい程に空枠の底からレジンが溢れてきます。底からレジンが溢れてしまうとこんな感じでバリが出てしまいます。

 

レジン空枠で上手く作るコツ

 

そんな時はヤスリで削ったりすれば大丈夫なのですが、綺麗に作る為にもマスキングテープの時以上に少量ずつレジンを入れて作る事をお勧めします。

 

それでも、2つを比べてみた結果は個人的には耐震マットで作る方法の方が綺麗に作れて好きな方法です。

  

でも、マスキングテープの方法の方が簡単で失敗も少ないです。色を付ける場合はマスキングテープで作りたいと思います。

 

100均の「カラーセロハン」と「ネイルパーツ」でレジンアクセサリー作る

 

レジンはレジンの中にパーツを埋め込んで固めていく方法が一般的な方法なのですが、形を作った後に飾り付けをしたりしていく方法を取っている方もいます。

 

今回は、その後乗せ方法でアクセサリーを作りたいと思います。使うのは先程セリアの薄い空枠で作ったこの2つのレジンです。

 

空枠レジンアクセサリーdiy

 

このレジンの上にダイソーのネイルパーツの売り場で購入出来る星を飾ります。くっ付けるのには簡易的な方法だと防水ニスやトップコートを使います。

 

※ 数ヶ月すると曇り出すというデメリットを指摘する記事もありました。

 

または、レジンでその都度固めていきながら飾り付けをしていくとより綺麗に仕上がるそうです。

 

今回は曇り出すかも?というデメリットを知った上で手間が少ないない方法を参考に作ってみました。

 

星の裏に防水ニスまたはトップコートをちょんと付けてから飾るとくっ付きます。爪楊枝やピンセットを使うと飾り付けしやすいです。


レジンアクセサリーパーツ

 

お次に使うのはダイソーのカラーセロハンです。小さく三角形にカットします。

 

数ミリの三角形なのでなかなか無くならないのに100円でかなりコスパが良いです。

 

レジンアクセサリーパーツを安くdiy

 

この三角形カラーセロハンをピンセットでレジンに飾っていきます。貼り付けは同じくトップコートやニスで行いました。

 

レジンアクセサリーの仕上げコーティング

 

全て飾り付けが終わると仕上げをします。

 

仕上げはトップコートで行っている方もいらっしゃいますが、爪に塗っても長持ちしないトップコートで仕上げても不安が残りますよね?

 

個人的には最終の仕上げは「レジン」でぷっくりさせるか、「防水ニス」でコーティングする方法を選んでいます。

 

普通のニスだと雨に濡れるとベタ付くし、プラバンに塗った時にイラストの線が滲んだりしてしまいます。

 

パジコの防水ニスだとイラストの線が滲んだりしないですし水からも守ってくれます。

 

 

プラバンでアクセサリーも作るので、レジンとプラバンの両方で使えるのはとっても便利です。

 

実はプラバンをぷっくりさせて見せる為にレジンコーティングする時にもプラバンのイラストの線が滲んだりする時があります。

 

その時も、先にパジコのニスを塗ってからレジンを塗っていくと全く滲まないです。

 

 

そんな訳で今回もパジコの防水ニスで仕上げました。何故ならレジンよりは低価格だからです^^


ハンドメイドアクセサリー

 

100均のレジンで、固めても固めてもベタベタが気になる時にも最終コーティングで防水ニスを塗るとツルツルになりますよ。


レジンアクセサリーを手作り

 

デメリットは完全に乾燥するまでに時間がかかる事ですが、一気に塗って一気に乾かせば良いだけですし乾燥に時間がかかっても手放せないです。

 

今回は完成したレジンに指輪のパーツを接着して指輪にしました。一番小さいセリアの空枠で作ってこの大きさです。


セリア空枠でレジンアクセサリー

 

あんまり正確には覚えてないのですが、この空枠でも使えるアクセサリーパーツは大きさ違いで4個か5個かのセットだったと思います。

 

残ったパーツでピアスやブローチも作れるのでお得だと思います。

 

今日はここまで〜