DIYと暮らしを楽しむ

男前インテリアが好きで賃貸で原状回復が出来るDIYを楽しんでいます。100均DIY/ハンドメイド/プラバン/カフェ巡り/暮らしを楽しむ色んなこと。

DIYと暮らしを楽しむ

日常生活をお洒落に楽しんでいる人達が居ると知りました。
そんな方々のブログを参考に暮らしを楽しんでいるLIFE STYLE BLOGです。

100均のグルーガンを立てて置ける便利な『グルーガンスタンド』をDIY!

100均のリメイクやDIYでも大人気の『グルーガン』。実は自立しないので立てて置く事が出来ません。

 

作業中に「ちょっと置きたいな〜」と思っても置き方が難しいんです。

 

使わなくて置いておく時には、土台を作って立て掛けたり、こんな風に横に倒して置いていました。

 

グルーガンで作るハンドメイド作品

出典:https://www.pinterest.jp/pin/815292338763679932/

 

でも、グルーガンはコンセントのスイッチを入れた状態だと、熱を持ったままになります。すると、グルーが出る先端から常にグルーが溶けて垂れてきます。

 

なので、こうして倒して置いていると使い勝手が悪いしなんだか不安でした。

 

そこで、今回は『グルーガン』を立てて置けるスタンドを作りました。

 

私が使っているのは、100均のグルーガンです。

 

 100均のグルーガンでも立てて置ける『グルーガンスタンド』をDIY!

 

今回のDIYで使ったのはこれまでのDIYで余った木材(端材)です。

 

小さい短い木材でも、こうして何かに使えるので絶対に捨てない方がお得ですよ。

 

100均のグルーガンのを立てて置くスタンドDIYの材料

 

色を塗っている木材と塗っていない木材がごちゃ混ぜですが、後で塗装し直すので気にしなくて大丈夫です。

 

『グルーガンスタンド』のデザイン(形)を余り木材で考える

 

沢山ある端材の中から、色々と組み合わせを変えて仮組み立てをしながら『グルーガンスタンド』の形を考えました。

 

出来ればあまり木材カットをしなくていいようにと考えましたが、木材が長過ぎる箇所がどうしても1箇所出来てしまいました。仕方なく100均の手鋸でカットしました。

 

100均のグルーガンを立ててい置くスタンドの組み立て方

 

100均の手鋸でカットしたのは、上の写真の中で色が付いている細い木材です。

 

この細い木材は、2枚の白い木材と木材の間にハマって欲しいのです。なので、その幅の長さでカットしました。

 

手鋸でも真っ直ぐ綺麗にカット出来る『ガイド』で木材カット!

 

100均に限らず、手鋸で真っ直ぐにカットすることが苦手です。

 

不器用なのかどうしても斜めになってしまいます。そこで、人気DIYブロガーさんが紹介していたこんな道具を使っています。

 

手鋸で真っ直ぐ切れにカット出来るガイド工具

 

溝のガイドがあるので、溝に沿って真っ直ぐにカットが出来ます。斜めカットも簡単綺麗に出来ます。何千円もしなくらいでホームセンターでも販売されています。

 

 

鋸ガイドを使って無事に真っ直ぐにカット出来た細い木材は、グルーガンを引っ掛けて置くこの場所で使います。

 

100均のグルーガンを立てて置くスタンドのDIY組み立ての方法

 

次は、上写真の形に組み立ててビスで固定していきます。

 

仕上がりが綺麗になるように、今回も固定したビスの頭が見えないようにダボでビスを埋めて隠してしまいます。

 

ダボでビス頭を隠して仕上がりの見た目を綺麗にする!

 

『ダボ埋め』で使ったのは100均のダボです。ダイソーで色んなサイズが販売されています。

 

ダボでビスを隠す詳しい方法は以前にも書いているので、今回は簡潔にちゃちゃっと流れだけを紹介します。 

 

まず、ビスで固定する箇所にツーバイフォー定規などを使って鉛筆で印を付けます。そして、ダボ用のドリルビットで穴を開けます。

 

ツーバイフォー定規で均等に印を付ける

『ツーバイフォー定規』を販売ページで確認する

 

『グルーガンスタンド』の形で組み合わせた木材を、ダボ用のドリルビットで穴を開けた箇所からビスで固定します。

 

そして、固定で留めたビス頭を埋めるように木工用ボンドを流し入れた穴にダボを刺します。木工用ボンドが固まったら余分なダボをカットします。

 

※ 下写真参照

 

グルーガンスタンドを組み立てるDIY方法

 

ダボ埋めの工程を簡単に説明しましたが、以前に更新した記事収納付きのテーブル天板を作る時に見えてしまうビス頭をダボで隠す方法!ではもう少し詳しく説明しています。

 

よく分からない場合はそちらの記事でも是非確認してみて下さい。

 

100均セリアの水性ニスで好みの色に塗装する!

 

組み立てが終わった『グルーガンスタンド』のパーツはセリアの水性ニスで塗装しました。小物雑貨なので100均で十分です。プチ節約です。

 

すセリアの水性ニスの色味と塗装後と塗装前

 

『グルーガンスタンド』に塗ったセリアの水性ニスが乾いたら、土台になる木の板に固定していきます。

 

木工用ボンドでパーツを固定したら『グルーガンスタンド』の完成!

 

パーツの固定は簡単に済ませる為に、ビスは使わずに速乾性の木工用ボンドを使いました。ボンドでくっつけるだけなんで簡単です。

 

 

下写真のような間隔でそれぞれのパーツを固定しました。丸い木材はダイソーのブロック工作木材のコーナーにで販売されています。

 

木材で作るグルーガンスタンドのDIY

 

四角い木材で組んだ場所にグルーガンを引っ掛けて置くと、丸い木材の部分には持ち手が乗る感じになります。

 

100均グルーガンをお立てて置けるグルーガンスタンドの簡単なDIY作品

 

この『グルーガンスタンド』にグルーガンを置くと、板と板に挟まれたグルーガンは横に倒れません。そして、グルーガンが出てくる先端部分も下を向いています。

 

なので、作業の工程の中で仕方なく高温のままグルーガンを置いていてグルーが垂れてきたとしても安全です。

 

『グルーガンスタンド』がない時は、作業の中でグルーガンを置きたい時に少し困って何かに立てかけるなどしていました。でも、これからは快適です。

 

まぁ、『グルーガンスタンド』は正直無くてもいい物だとは思います。

 

でも、あると凄く便利ですよ。「端材を使い切りたい!」という思いもあってのDIYでしたが、作って良かったです。

 

今日はここまで〜