DIYと暮らしを楽しむ

賃貸で原状回復が出来るDIYを楽しんでいます。100均DIY/ハンドメイド/プラバン/カフェ巡り/暮らしを楽しむ色んなこと。

壁紙DIYで賃貸の壁を木目にリメイク!ニトリの世界地図ウォールステッカーで更に男前にする!

賃貸の壁紙は大抵がこんな真っ白な感じですよね? 

 

賃貸の壁紙

 

この味気のない部屋をどうにかおしゃれなカフェ風男前インテリアにしていと思っていた時に知ったのが壁紙DIYでした。

 

貼って剥がせる方法を使って簡単に壁紙が貼れて、いずれ引っ越すであろう時にも現状回復が出来る!だから、賃貸でも壁紙を使って素敵なインテリアを作ることが出来る! 

 

壁紙DIYは引っ越したばかりの私には目から鱗の情報でした。 今回はその時に行った壁紙DIYのリメイク手順と、それから数年経った最近に現状回復してみた所までをまとめてみました。

 

最近では現状回復に失敗する方も多いみたいです。「本当に現状回復は出来るの?」と思っているような方の参考になるように少しのコツも書いています。

 

 

賃貸で出来る壁紙DIY!貼って剥がせて原状回復が出来る貼り方はマスキングテープをこう使う!

 

まず、壁紙を貼りたい場所に幅が太めのマスキングテープを等間隔で貼ります。 

 

マスキングテープを張り巡らせ過ぎると剥がす時に壁紙を傷めてしまいます。貼り過ぎは駄目です! 

 

でも、等間隔に貼らずに囲いだけ(周りだけ)貼っても壁紙を貼った時に壁紙がポコポコと浮いてきてしまいます。少な過ぎても完成度が下がってしまいます。

 

色々と試してみると、20〜30cmくらいずつ空けての等間隔が丁度いい感じでした。

 

原状回復が出来る壁紙の貼り方 

 

次に、この等間隔に貼ったマスキングテープの上に重なるように超強力両面テープを貼っていきます。こんな感じにです。

 

 まマスキングテープと超強力両面テープの重ね貼り 

 

最初に〈マスキングテープの幅は太めの方が良い〉と紹介したのは、この重ね貼りをする時にマスキングテープから超強力両面テープがはみ出てしまいやすいからです。

 

マスキングテープに重ねて貼った超強力両面テープがはみ出てしまうと、賃貸の壁紙に超強力両面テープが貼り付いてしまいます。こういったことも現状回復の失敗に繋がることがあります。 

 

綺麗に剥がしたいのならば丁寧な作業が大切になってきます。

 

等間隔に貼った全てのマスキングテープの上から超強力両面テープを重ね貼り出来たら、超強力両面テープのフィルムを少しずつ剥がしながら壁紙を貼っていきます。

 

 賃貸で出来る貼って剥がせる壁紙の貼り方

 

これで白いビニール壁紙を木目に変えることが出来ました。剥がしたい時にはゆっくりと丁寧に剥がすと綺麗に剥がれます。 

 

この場所の現状回復の様子は記事の後半で紹介しています。

 

壁紙DIYで貼った壁紙は綺麗に剥がせない場合があるかもしれない

 

あっという間に印象を部屋の印象を変える事が出来る壁紙DIYは〈貼っても綺麗に剥がせる〉として人気雑誌でも度々紹介されています。

 

でも、実は100%必ず成功する方法なわけではありません。

 

壁紙DIYのメリットだけではなくて、デメリットも知った上で納得して行うことが大切だと思います。

【関連記事】 www.diy-kurashi-cafe.com

 

ニトリの世界地図ウォールステッカーを使えば壁紙DIYでリメイクした壁面はもっとおしゃれになる!

 

ニトリでは数種類のウォールステッカーが販売されています。価格は数百円〜数千円です。今回購入した世界地図のタイプは900円代だったと思います。
 
ニトリのウォールステッカー
 
ニトリのウォールステッカーは貼って剥がせるシールタイプになっています。失敗しても丁寧に剥がせば貼り直しが可能です。
 
⚠注意! 説明書きには「直射日光をさけて貼る」などの注意点が記載されています。何処に貼っても絶対に綺麗に剥がせる!と言う訳ではないみたいです。
 
世界地図のような大きなウォールステッカーの場合は、大抵がパズルのようにパーツ別れしたシールで入っています。これを繋ぎ合わせて完成させます。
 
世界地図ウォールステッカー
 
パズルと言ってもパーツが大きいので物凄く簡単です。繋ぎ合わせていく中で繋ぎ目がズレてしまってもゆっくりと剥がせば貼り直すことも出来ます。
 
 
付属のお手本を見ながらまずはNo.①からペタリと貼り付けます。

ニトリステッカー
 
続いて、No.②のシールを繋ぎ目を合わせてペタリと貼り付けます。

世界地図のウォールステッカー
 
この手順で貼っていくと簡単に世界地図が完成します。
 
地図のウォールステッカー
 
こうしてコンクリートの壁紙で使っていたニトリの世界地図のウォールステッカーですが、本当に綺麗に剥がせるのかを試してみました。
 
この世界地図を丸ごと木目の壁紙の方へと移動させてみました。
 

ニトリの「ウォールステッカー」は綺麗に剥がせば使い回しが出来る!

 

貼る場所にもよると思いますが、ニトリのウォールステッカーは〈貼って剥がせる〉となっています。

 
⚠注意! 説明書きには「直射日光をさけて貼る」などの注意点が記載されています。何処に貼っても絶対に綺麗に剥がせる!と言う訳ではないみたいです。
 

壁紙屋本舗のコンクリートの壁紙の上に貼った場合だとゆっくりと剥がすと綺麗に剥がせました。だから、貼る場所を変えるという使い回しが出来るのかも検証してみました。

 

コンクリートの壁紙に貼ったステッカーを綺麗に剥がしてビニールクロスの壁紙や化粧板に軽く貼って一旦保管しておきます。

 

ニトリのウォールステッカーを張り替える

 

そして、世界地図のウォールステッカーを移動させたい場所へと貼り直していきます。今回は木目の壁紙へと貼り直しました。

 

壁紙屋本舗の壁紙とニトリのウォールステッカー

 

無事に成功したかのように見えますが粘着力が少し弱くなっていました。貼り直しが可能でも再利用は一回が限度なのでは?というのが正直な感想です。

 

数ヶ月後に再度チェックしてみると世界地図のウォールステッカーの端の方から剥がれてもきていました。これだと「再利用は不可!」という感じですね。

 

ニトリの世界地図ウォールステッカーと壁紙

 

ただ、ガラスなどのツルツルした面からの再利用だと可能だと思います。壁紙から壁紙への移動は流石に粘着力が落ちたみたいです。

 

世界地図のウォールステッカーが少し剥がれ気味にはなってしまったものの、木目の壁紙へと移させて棚を飾ってみるとカフェインテリアの雰囲気にも合って大満足でした。

 

100均セリアで作る壁掛け収納

 

飾り棚はセリアの商品と木工用ボンドでDIYしたものです。凄く軽いのでフック付き金具を使って押しピンで固定しています。

 

【参考記事】

www.diy-kurashi-cafe.com

 

木目壁紙と世界地図ウォールステッカーで壁紙をリメイクして飾り棚を飾っていたこの場所の現状回復も行いました。

 

それぞれのDIYをした日は異なりますが、将来的に引っ越しすることを考えて行った現状回復ありきの賃貸DIYから約1年〜2年後の現状回復となります。

 

約2年前に壁紙DIYでリメイクした壁の現状回復をしてみた!

 

現状回復はマスキングテープを丁寧にゆっくりと剥がしていきます。

 

f:id:mai-19820911:20180502172126j:plain

 

ベリベリ!っと早く剥がし過ぎると元の壁紙まで一緒に付いてきてしまって現状回復は失敗してしまいます。ゆっくりと剥がしても壁紙は少し傷めてしまいます。

 

失敗しない現状回復方法

 

ビリビリに破れてしまっているわけではないので壁紙は綺麗です。ただ、ゆっくりと剥がさないとこの程度では済まなくなる「現状回復失敗!」という結果になってしまいます。

 

マスキングテープが〈貼っても綺麗に剥がせる〉というのはあくまで短期間だけの話です。マスキングテープは経年劣化します。

 

粘着部分が湿気や夏の暑さで劣化すればネチャネチャとした剥がれにくいテープになる可能性だって十分にあります。

 

貼ってから数年も経てば多少の経年劣化はあると思っておいた方が良いです。実際に現状回復を進めている我が家ですが、ほとんどのマスキングテープは貼った時よりも剥がれにくくはなっています。

 

丁寧にゆっくりと剥がしていくことで今のところは現状回復は成功しています。壁紙も元通りです!

 

賃貸DIYで成功する現状回復の壁

 

これが、「面倒くさい!急げ!」ベリベリ!っと素早く剥がしていたら間違いなく現状回復は失敗していたと思います。

 

現状回復を進める中で、最初に貼った時よりも剥がれにくくなっているマスキングテープの粘着を感じる度に「焦らず丁寧にゆっくりと」も大切なんだと痛感しています。

 

このまま今の家の現状回復が成功のまま終わることを願って作業を進めていきます。

 

今日はここまで〜

 

【関連記事】

www.diy-kurashi-cafe.com