DIYと暮らしを楽しむ

男前インテリアが好きで賃貸で原状回復が出来るDIYを楽しんでいます。100均DIY/ハンドメイド/プラバン/カフェ巡り/暮らしを楽しむ色んなこと。

DIYと暮らしを楽しむ

日常生活をお洒落に楽しんでいる人達が居ると知りました。
そんな方々のブログを参考に暮らしを楽しんでいるLIFE STYLE BLOGです。

ディアウォールを使わない板壁と付け替えが出来る飾り棚をDIY!

本の表紙を見せて並べて、飾りながら収納が出来る本棚を壁面に作っていました。

 

ディアウォールよりも安く突っ張り柱が作れる金具を見つけた時に、試しに作ってみたこんな「見せる収納本棚」です。 

 

ディアウォール棚の本棚

 

おしゃれな雰囲気は出るので気に入ってはいたのですが、沢山の雑誌を収納することが出来ないというデメリットがありました。

 

最近は、インテリア雑誌、カフェ雑誌、DIYの参考書などが増えてきしまって、この場所では収まらなくなってしまっていました。

 

そこで、思い切ってこの本棚を解体してしまいました。

 

本や雑誌の収納は、また別の場所で考えます。沢山の本や雑誌の収納が出来る本棚を後日作る予定です。

  

そして、本棚を解体した場所には、「板壁」と移動が可能な「飾り棚」を作りました。

 

 

ディアウォールと似ているアジャスター金具で作った本棚を「板壁」と「飾り棚」に作り変える!

 

まずは、ディアウォールの代用金具で作った棚にある雑誌を全て撤去します。そして、棚下にあったテーブルやパソコンも手前にズラしました。

 

ディアウォールやアジャスター金具作る棚

 

これだけで、既に腰が痛かったです。

 

腰痛持ちの自分に情けなくなりながらも、DIYした棚のビスを外して解体していきました。


 

DIYで作った棚は、木工用ボンドで固めたりしてない限りはビスを外していくだけで簡単に解体&再利用が出来ます。

 

簡単とは言っても面倒臭くない訳ではないので、やっぱり手間はかかります。

 

でも、「本が増えて置けなくなったから別の用途の棚に作り変える」なんて事が出来るのはやっぱりDIYの嬉しい所だと思います。

 

DIY棚の前に置いていたTVボード(パソコンテーブル)は、生活雑貨とインテリア家具の『エア・リゾーム インテリア』の通販サイトで購入した商品です。

 

結構安くて、可愛い家具や雑貨も沢山あります。

 

 

 

 

このTVボードは、今はパソコンテーブルてとして利用しています。

 

伸ばしたり縮めたり長さが自由に変えられるので置く場所に合わせられて便利ですよ。

 

このTVボードの背面は、化粧板ではない感じです。

 

 

今回は、原状回復DIYではなくて、このテレビボードの背面にビスで板を直接固定しました。

 

固定した板を柱の代わりにして、小物や雑貨などを置く棚「飾り棚」と「板壁」を作ります。

 

テレビボードの背面に1×4材をビスで固定する

 

TVボードの背面に1✕4材の木材2本をビスで固定します。そして、壁面にピタっと寄せます。

 

 

これで、2本の柱が作れました。

 

そこに、ビスで板張り風に木材(板)を固定していきます。こうして、沢山の板を固定していくと「板壁」が作れます。

 

ディアウォール風の板張りの作り方

 

板を持ちながらビス打ちしていくのが難しい場合は、先に板にビスを打っておきます。

 

 

この状態のまま板を持ち上げて柱に固定していくと、一人でも簡単に板張り風に取り付けていけます。

 

この時、木材と木材の間には、少しの隙間をあけて固定していきます。(※ 後々ちゃんと意味があります。)

 

ディアウォールに板張りを簡単に固定する方法

 

斜めにならないように水平器を使って確認しながら固定しました。水平器は100均でも購入出来ます。

 

こうして、少しの「板壁」が完成しました。

 

全部板張りにしなかったのは、後日にTVボードの上に小さい棚も作る予定だからです。

 

木材を再利用した時に残るビスの穴の隠し方

 

今回使った木材は、DIYで作ったものを壊して出た木材の再利用です。だから、木材にビスの穴が残っています。

 

 

もし、気になる場合は、100均セリアなどで購入出来る「ステンシルシール」や「ブリキプレート」などで隠せば気にならなくなります。 

 

100均DIYでセリアのブリキプレートを飾る

 

「そんな誤魔化しではなくてちゃんと穴を埋めたい!」って場合は、”ねじパテ”を使えばビスの穴を埋めることが出来ます。

 

 

でも、何処に穴があったのかが分からないくらいには隠せません。埋めないよりは見た目が少しマシになる程度です。

 

L字金具で簡易的なヘッドホン収納を作る

 

DIYで作る飾り棚の前にはパソコンがあります。だから、余っていたL字型金具を取り付けて、簡易的なヘッドホン収納を作りました。

 

100均DIYでL字金具でフックを作る

 

「これじゃ適当過ぎるでしょ!」と思う場合は、もっとお洒落なフックも沢山あります。

 

でも、100均の少し長めのL字型金具ならば、ヘッドホンをひっかけて収納するには十分でした。節約が出来る部分はどんどん節約します。

 

これで、TVボード(現在はパソコンテーブルとして使用中)の上に、少しの「板壁」とヘッドホン収納が完成しました。 

 

DIYでディアウォールみたいな板張り壁を作る

 

次に、この「板壁」の部分に飾り棚を取り付けていきます。

 

「板壁」の板と板の隙間を少し空けていたのは、付け替え可能な「棚板」を固定して「飾り棚」として使えるようにする為です。

 

DIYした板壁に「はめ込み式」の飾り棚を作る!

 

板と板の間に隙間を作って固定していく板張りの「板壁」には、取り付けが可能な棚板を取り付けることが出来ます。

 

しかも、好きな場所に好きな時に付け替えられる「棚板」です。

 

材料は、100均の金具と少し分厚目の木材です。今回は、余っている2✕4材の木材を使いました。

 

「板壁」を作る時に、板張り風に固定していった木の板の「分厚さ」と同じ幅の隙間をあけて、棚板にする木材にL字金具を取り付けます。 

 

100均DIYで棚板を作る方法

 

すると、L字金具が木材にガシャンとはめ込める棚板を簡単に作れます。

 

100均DIYで板張り壁に棚を作る

 

棚板を板壁の木材にガシャンとはめた後に、ビスで固定する必要はありません。それでもはめ込んだ棚板はグラつかないです。

 

L字金具を板壁に引っ掛けている方法なので、ビス固定をしなくても棚板が落ちてくる心配もありません。 

 

これだと、棚の位置を変えたい時に、棚を固定しているビスを外すなんて面倒な作業もしなくていいです。

 

ガシャンと外して、別の好きな場所にガシャンとはめ込むだけです。

 

「板壁」を作った時にあけておいた板と板の隙間ならば、何処にでも取り付けられます。

 

板張り壁を作る板の貼り方

 

今回は、棚板をこの場所に取り付けました。

 

ディアウォール棚みたいな板張り壁の作り方

 

はめ込み式の棚板の上に雑貨や小物を飾れば 、「飾り棚」として使えます。

 

無印良品の「超音波アロマディフューザー」を置いてみた

 

毎日何かを作ってパソコンをしていると肩が凝りまくります。もう、バキバキなんです。そんな時に、ふと「癒されてぇ〜」と思います。

  

そこで、飾り棚に無印の「超音波アロマディフューザー」を置きました。

 

 

プチ情報としては、Amazonでの販売価格の方が安いことが多いです。ただ、セットのアロマオイルの香りは限定されてきます。

 

それでも、好みのアロマオイルの販売があるならば、通販の方が数百円はお得です。

 

下の写真は、LEDライトを点灯させているアロマディフューザーです。【オン/オフ】の機能が付いて、間接照明としても使えます。

 

ディアウォールみたいなDIY棚に置くアロマディフューザー

 

睡眠前に、ラベンダーの香り+間接照明設定で使えばかなり癒されます。

 

オイルの使い方も簡単で、面倒くさい感はあまりないです。蓋をあけて水を注いで好きなエッセンシャルオイル数滴垂らすだけです。

 

すると、超音波が水を振動させ霧化させて香りを広範囲に拡散してくれます。香りは鼻にずっと残るようなキツイ香りではないです。

 

強い香りの芳香剤が苦手なので、アロマディフューザを買ってからはずっと使っています。オイルを変えるだけで別の香りが楽しめる所も好きです。

 

アロマディフューザーから出る蒸気の量はスイッチで調節が出来るんですが、MAXにしても部屋全体の加湿効果はあんまり無いと感じました。 


無印良品の超音波アロマディフューザーのタイマースイッチ

 

調べてみると、アロマディフューザーは加湿器ではないので、部屋全体の加湿目的ならば「加湿機」を買うべきだそうです。

 

私自身は超音波アロマディフューザーに加湿効果がなくても、湿気の多い季節も含めて一年中使えるので逆に良いかなと思いました。

 

小型タイプの超音波アロマディフューザーだと移動させる事も簡単です。リビングでは柑橘系で使用して、寝る前には寝室でラベンダーの香りで使用しています。

 

無印良品のアロマディフューザー

 

ただ、PC家電に近過ぎる場所ではあまり使わない方が良いみたいなので、家電のすぐ側で使用する時は蒸気の量をMAXにするのは避けた方が良さそうです。

 

今日はここまで〜