読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DIYと暮らしを楽しむ

男前インテリアに憧れて賃貸部屋でdiyを始めました。 カフェや雑貨屋巡りと暮らしを楽しむ色んな事。

DIYと暮らしを楽しむ

日常生活をお洒落に楽しんでいる人達が居ると知りました。
そんな方々のブログを参考に暮らしを楽しんでいるLIFE STYLE BLOGです。

収納棚を木材とアンティークワックスでdiy!

 

スポンサーリンク

monchiです♪最近は親戚の家のdiyをしていたのでお家ではハンドメイドばかり作っていたのですが、久しぶりに我が家のdiyです。

 

 

今回は少しの本棚と好きな物を飾って見せられる収納飾り棚を作ってみました。

 

 

★収納飾り棚を木材とアンティークワックスでdiy!

 

 

本棚程にガツンと大きい棚はいらないけど少しだけ本を並べたいと思ったり、ちょっとした小物を置く棚が欲しかったりする時ってありませんか?

 

 

そんな小さい棚だとノコギリも無しで作る事が出来ます。少し大きめのホームセンターに行くと色んな木の板が販売されています。

 

 

今回は60cmと90cmの板を購入しました。壁掛けにするので軽い木材を購入しました。

 


diy木材

 

 

壁掛けでよくお勧めされているのはファルカタ材です。「強度は弱いのですが柔らかくて軽い木材なので加工しやすいです」と説明されていました。

 

 

私は木材なんて全然詳しくないので、いつもスマホ片手に調べながら購入しています。いつも手探りばかりの素人diyですので失敗だらけです^_^;

 

 

さてさて、今回は購入した木材をただただ組み合わせてこんな風に固定しました。

 


飾り棚diy方法

 

 

上の写真の中で床に散らばっているaikoの本やCDは棚と棚の幅を決める時に使いました。棚が完成したのに飾りたい物が飾れない時が一番「なんでやねん(゜゜)」となるからです。

 

 

そんな失敗が無いように予め置きたい物は幾つか決めておいて、置いてみて高さを決めて棚を固定します。

 

 

「これ位あけてたら何かと置けるだろうし大丈夫でしょ!」って感覚で棚を作って置きたい物が置きにくい。入らない…。なんて事は結構起こります。

 

 

なので、面倒臭がりでズボラな私でもここはちゃんとします。過去に失敗して、何を置きたいかを決めてから作る事が大切だと気付かされたからです^^;

 

 

好きな棚の幅で組み合わせて板を固定して棚が完成したら、こんな風に壁掛けしてdiyした棚を取り付けます。

 


自作の飾り棚

 

 

なので、壁掛け出来るようにこんな風にL字金具を取り付けます。

 


diy金具

 

 

この少しはみ出させて取り付けたL字金具の部分を立てかけた板にはめ込んで壁掛けにします。

 


壁掛け棚

 

 

すると、こんな状態になります。

 


壁掛け飾り棚

 

 

あまり重たい物は乗せられませんが、数冊の本とかCD位なら問題ないです。このままの棚の色だとかっこよくないのでアンティークワックスで色を塗ります。

 

 

 

 

このワックスは匂いも少ないので室内で塗れます。いらない布やキメの細かいスポンジにアンティークワックスを付けて木の板に塗り込んでいきます。

 


棚アンティークワックス

 

 

そのままの木材の色だと全然かっこよく無い工作感が出てしまうけれど、色を付けるだけでアンティーク調の使い古した雰囲気が出るのでいつもちゃんと塗ります。

 

 

そして、20分程乾燥させてから改めてタワシや布で表面を擦ると艶が出ます。しっかりと残ったワックスを拭き取る仕上げをすると色落ちも色移りも防げます。

 

 

こんな風に、色を付ける前とは全く違う雰囲気の棚になりました。少しの手間でカッコイイ棚に変身です。

 


棚diyビンテージワックス

 

 

ここに、少しの本と小物を飾って仕上げていきたいと思いますが…

 

 

取り敢えず今日はここまで〜