DIYと暮らしを楽しむ

男前インテリアが好きで賃貸で原状回復が出来るDIYを楽しんでいます。100均DIY/ハンドメイド/プラバン/カフェ巡り/暮らしを楽しむ色んなこと。

DIYと暮らしを楽しむ

日常生活をお洒落に楽しんでいる人達が居ると知りました。
そんな方々のブログを参考に暮らしを楽しんでいるLIFE STYLE BLOGです。

壁掛け出来る収納棚をアンティークワックスと木材でDIY!

 

今回は、少しの本と好きな小物を飾って見せられる収納飾り棚を作ってみました。

 

  • 本棚程に大きい棚はいらないけど、少しだけ本を並べたい。
  • ちょっとした小物を置く棚が欲しい。

 

こんな風に思ったことってありませんか?

 

小さな棚だとノコギリも無しで作る事が出来ます。

 

少し大きめのホームセンターに行くと、色んな木の板が販売されているからです。

 

今回は100均の木材ではなくて、ホームセンターの木材を使って飾り棚を作りました。

 

棚diyビンテージワックス

 

 それでは、本日のDIYのスタートです。

 

 

本棚としても使える小物や雑貨を飾れる収納棚をDIYする手順!

 

まず、ホームセンターで 60cmと90cm の板を購入しました。

 

壁掛けの飾り棚を作るので、出来るだけ軽い木材を選びます。

 

diy木材

 

壁掛けでよくおすすめされているのはファルカタ材です。

 

「強度は弱いけれど柔らかくて軽い木材なので加工がしやすい」とされています。

 

雑貨を飾れる収納棚の木枠を作る

 

まず、購入した木材で木枠を組んで固定します。

 

飾り棚diy方法

 

棚板の高さは、実際に置いて飾るつもりの小物を置いてみて決めていきます。

 

感覚だけで適当に棚板と棚板の間隔を決めて棚を作ってしまうと、収納棚が完成した時に飾りたい物が大き過ぎて棚に入らなくて飾れないなんて失敗がよくあります。

 

「これくらいの間隔をあけて棚板を作れば何かと置けるでしょ!」って感覚で棚を作って置きたい物が入らない(置けない)…。なんて失敗もこの方法で防げます。

 

だから、面倒臭がりでズボラな私でもここはちゃんとします。

 

好きな棚板の幅で収納棚を作ったら壁掛けします。

 

自作の飾り棚

 

壁掛けは簡単な方法で出来ます。

 

収納棚を鴨居や出っ張りに引っ掛ける金具を取り付ける

 

壁掛け出来るようにする為には、こんな風にL字金具を取り付けます。

 

diy金具

 

この少しはみ出させて取り付けたL字金具の部分を立てかけた板にはめ込んで壁掛けにします。

 

壁掛け棚

 

こんな風にひっかけると、壁掛け収納になります。

 

壁掛け飾り棚

 

あまり重たい物は乗せられませんが、数冊の本とかCD位なら問題ないです。

 

雰囲気を出す為にアンティークワックスで塗装する

 

このままの棚の色だとかっこよくないのでアンティークワックスで色を塗ります。

 

 

このワックスは匂いもブライワックスより少ないので室内で塗れます。

 

ー追記ー

臭いに敏感な場合は、室内で塗ることに抵抗があるかもしれません。

それでも、ブライワックスなどと比べると臭いは少ないです。

ー追記ここまでー

 

いらない布やキメの細かいスポンジにアンティークワックスを付けて木の板に塗り込んでいきます。 

 

棚アンティークワックス

 

そのままの木材の色だと全然かっこよくなくて工作感が出てしまいます。

 

だけど、アンティークワックスで色を付けるだけで使い古したヴィンテージ風の雰囲気が出せます。

 

20分程乾燥させてたら、改めてタワシや布で表面を擦ると艶も出せます。

 

残ったワックスを拭き取る仕上げをしっかりとすると色落ちも色移りも防げます。

 

こんな風に、色を付ける前とは全く違う雰囲気の棚になります。

 

棚diyビンテージワックス

 

少しの手間でカッコイイ棚に変身です。

 

ここに、少しの本と小物を飾って仕上げていきたいと思います。

 

取り敢えず、今日はここまで〜