DIYと暮らしを楽しむ

男前インテリアが好きで賃貸で原状回復が出来るDIYを楽しんでいます。100均DIY/ハンドメイド/プラバン/カフェ巡り/暮らしを楽しむ色んなこと。

DIYと暮らしを楽しむ

日常生活をお洒落に楽しんでいる人達が居ると知りました。
そんな方々のブログを参考に暮らしを楽しんでいるLIFE STYLE BLOGです。

100均材料でカフェトレイをDIY!セリアのリメイクシートで凄く簡単に作ってみた!

今回はセリアの工作木材でカフェトレイを作りました。

 

自作のカフェトレイの材料は、ほぼ100均の材料です。

 

リメイクシートを使うことで、コンクリートや板張り風のお洒落なカフェトレイも凄く簡単に作れまする。

 
 

100均セリアのベニヤ板とリメイクシートでおしゃれな「カフェトレイ」を簡単にDIY!

 
今回使う木材は全部セリアで揃えました。
 
セリア木材
 
薄くて大きなベニヤ板は塗装ではなくてリメイクシートを貼りました。ダイソーで今人気の板張り風に見えるリメイクシートです。

ダイソーリメイクシート
 

セリアのベニヤ板にリメイクシートを貼っていく

 
ベニヤ板の大きさに適当にカットしてから、空気を抜きながら貼っていきます。ベニヤ板からはみ出て余っている部分は裏返してカッターでカットします。

板張りリメイクシート
 
表から見るとこんな感じで綺麗に板張り風に見えます。
 
リメイクシートで板張りにdiy
 

カフェトレイの木枠をセリアの角材で作る

 
次に、ベニヤ板ではないセリアの角材を使います。
 
ベニヤ板の上下にこんな風に取り付けます。

ベニヤ板でカフェトレイ
 
角材にこんな風にボンドを付けてからベニヤ板の方に戻して釘で打ち付けていきます。

ベニヤ板と角材でカフェトレイ
 
等間隔で釘を打ちました。こんなに必要無いかもですが、少な過ぎてもと思っていると一杯打ってました^^;

ベニヤ板でカフェトレイ
 
次に、カフェトレイの持ち手をセリアの丸棒で作ります。
 

カフェトレイの持ち手をセリアの丸棒で作る

 
取り付けた木材にビス用の穴を開けます。
 
100均などの柔らかい木材や木材の端の方にビスを取り付ける場合は割れやすいので下穴を開けます。
 
カフェトレイに下穴
 
ここに、カットしておいたセリアの筒状の木材をはめてビスでとめます。


カフェトレイの持ち手

 
100均の木材は柔らかいのでカッターでも切れない事は無いですが、鋸の方がカットは早く終わります。
 
セリアでノコギリも購入出来ます。
 
これ位のカットだと掃除機をかけながら室内でもカット出来ます。カット面を整える紙ヤスリもセリアで購入出来ます。
 
もう片方も同じように取り付けると持ち手の取り付けが完了です。
 
カフェトレイdiy
 
これで、セリア材料で出来る簡単カフェトレイの完成です
 
カフェトレイのベニヤ板にリメイクシートを貼ったのは、もし何かこぼしたりしたり、コップの水滴などが付いた場合も拭き掃除が出来るようにする為です。
 
 
コップの後を残したりと使い込んだ雰囲気を残していきたい方は木材そのままに塗装すれば良いと思います。
 

100均の木材でもアンティークワックスを使えば100円には見えなくなる

 
今回、セリアの木材の色付けに使ったのはアンティークワックスです。

アンティークワックス
 
ブライワックスと同じように蜜蝋を使った保護ワックスです。
 
20分程乾燥させた後に軽く拭いてたわしで磨くとニスとは違う艶が出てビンテージ風な木材になります。
 
伸びが良くて少量で多くの範囲が塗装出来ます。
 
一見安く見える液体の塗料は木材に染み込むので沢山の量を使って無くなるのも早いです。
  
アンティークワックスは染み込まない分、少ない量で済むのでコスパは良いと感じました。色を濃くしたい場合は重ね塗りをします。
 
タワシで磨いた際の艶はブライワックスの方が好みでしたがマスクをしていても苦手な臭いを思うと個人的にはこのアンティークワックスの方が好きです。
 
  
人気のブライワックスだけではなくて、アンティークワックスでもこんな感じの味のある木材カフェトレイは作れます。

セリアリメイクでカフェトレイ
 
ブライワックスの臭いが苦手な方はアンティークワックスも一度使ってみて下さい。
 
あんまり臭くないですよ。
 
今日はこまで〜