DIYと暮らしを楽しむ

男前インテリアが好きで賃貸で原状回復が出来るDIYを楽しんでいます。100均DIY/ハンドメイド/プラバン/カフェ巡り/暮らしを楽しむ色んなこと。

DIYと暮らしを楽しむ

日常生活をお洒落に楽しんでいる人達が居ると知りました。
そんな方々のブログを参考に暮らしを楽しんでいるLIFE STYLE BLOGです。

プラバンでaiko着用のアクセサリーを真似して作ってみた!

私はaikoの大・大・大ファンです。なので、aikoのTwitterも勿論フォローしています。

 
先日、Twitterでaikoが自作したハンドメイドのアクセサリーを紹介していました。
 
ネックレスと重ね付けしていたのですが、それが可愛くて仕方なかったので作ってみる事にしました。

aiko着用アクセサリー 
引用(Twitter @aiko_dochibi)

 

チョーカーは首を絞められているようで苦手なので、ネックレスの方が気になりました。
 
こっちはハンドメイドではなさそうなのですが、この形が可愛いい。
 
というわけで、このネックレスの形を真似てプラバンでブレスレットを作る事にしました。
 

 

 

プラバンでaikoが着用していたネックレスに似たデザインのハンドメイドブレスレットを作ってみた!

 
さてさて、まずは紙に円を描いてその中に正方形を書きます。
 
これだけで、もうあのaikoのネックレスの形になります。
 
プラバンアクセサリー
 
今回は金色のペンを使います。
 
色鉛筆と水性ペンでも書けるプラバンがセリアで販売されているので、そのプラバンを使いました。
 
下書きしたをしたネックレスの形に似た図案を金色のペンでなぞっていきます。少し太めのラインにします。
 
プラバンブレスレット
 
こんな感じで図案が描けたら、デザインカッターでカットしていきます。
 
カッターナイフとは違って細かいカットが出来るカッターです。
 
プラバン作り
 
カットし終わるとこんな感じです。このカッターを使って慣れてくると簡単にこんな風に切れちゃいます。
 
プラバン小物
 
デザインカッターはダイソーでも販売していますし取り換えの刃の販売もあります。
 
100均で十分使えますが少ししっかりした物でも500円位〜あります。慣れないうちは手の怪我に注意して下さい(._.)
 

カットした着色済みの図形プラバンをトースターで焼く

 
カットした図案のプラバンをトースターで焼くとこんなに縮みます。
 
プラバン ハンドメイド
 
もし、縮んだ時に楕円型になってしまったり、歪んだりした場合は軍手をはめた手でプラバンを掴んで形を丸型に整えます。
 
焼いて直ぐは柔らかいので整え可能です。
 

焼いた図形プラバンをブレスレットにする為に紐を通す

 
次に、ブレスレットとして腕に付ける為にお好みの太めの糸を使います。
 
購入したままだと保管の際に糸が絡まりやすいので瓶の中に収納します。2つ共にセリア商品です。
 
プラバンのブレスレット
 
こんな感じで瓶の中に糸を押し込んで、ストローの入れる箇所から糸を出すと使いやすいです。とても便利ですよ。

セリアの毛糸とドリンクジャー
 
糸をカットしたら二つ折りにします。そして、先程焼いたaikoのネックレスに似せたデザインのプラバンに通します。
 
通す方法はこんな感じです。

aikoのハンドメイドアクセサリー
 
両側からこの通し方をします。
 
プラバンでハンドメイドアクセサリー
 
このままだとシンプル過ぎるので、お飾りのビーズを紐に通します。
 

プラバンで作るブレスレットの紐にビーズを通してよりオシャレっぽく見せる

 
道具も使わずにビーズの穴に通せる訳がないので糸通しを使います。ちなみに糸通しもビーズも100均です。
 
まず、糸通しにビーズを通します。
 
ハンドメイドでビーズ通し
 
ビーズを通して出来た糸通しの穴に糸を通します。
 
手作りブレスレット
 
ビーズをしっかりと握って、このまま糸通しを引っ張ります。
 
ビーズの通し方
 
引っ張り切ると、ビーズが糸を通ります。
 
手作りブレスレット
 
試したみた所、2本までなら糸が通ります。でも、3本は糸通しが壊れて失敗しました。無理は禁物ですね^^;
 
なので、糸2本にビーズを通して、プラバンの両側にこんな感じでポイントをつけました。

aiko着用アクセサリーを手作り
 

手作りブレスレットの紐の固定は「つぶし玉」で仕上げると凄く簡単に出来る

 
次に潰し玉を同じ要領で紐に通します。
 
潰し玉もダイソーで購入出来ます。この潰し玉が長さ調節の玉になるので、ペンチで潰さずに通して完了です。(ビーズでも可)

ブレスレットにつぶし玉
 
次に、糸をカットした部分がほつれてこないように加工します。まず、潰し玉を通してペンチで挟んで潰します。
 
ブレスレットの作り方でつぶし玉
 
これだけで、糸は絶対にほつれてこないです。
 
長さ調節出来る部分は潰し玉を潰さずに通すだけにしておいて、糸のほつれ防止の部分はちゃんと潰しておきます。これで完了!!
 
ブレスレットの作り方
 
腕にはめるとこんな感じです。
 
aiko着用アクセサリーの手作り
 
ホントはaikoのようにネックレスにするつもりでしたが、思ったよりも焼くと縮んだのでブレスレットにしました。
 
かなりシンプルなブレスレットになりましたが、アクセサリーの重ね付けには良いかも!と思いました。
 
今日はここまで〜