DIYと暮らしを楽しむ

男前インテリアが好きで賃貸で原状回復が出来るDIYを楽しんでいます。100均DIY/ハンドメイド/プラバン/カフェ巡り/暮らしを楽しむ色んなこと。

DIYと暮らしを楽しむ

日常生活をお洒落に楽しんでいる人達が居ると知りました。
そんな方々のブログを参考に暮らしを楽しんでいるLIFE STYLE BLOGです。

100均クリアホルダーと無料アプリで「ステンシルシート」をDIYしてみた!

ダイソーの積み重ね可能な収納ボックスと、これまでのDIYで余っていた木材を使って隠す収納を作りました。

 

100均DIYで作る隠す収納

 

作り方はこちらの記事で確認出来ます。

 

 

この、作った収納ボックスに自作のステンシルシートを作って、こんな風にステンシルをしてみようと思いました。

 

自作ステンシルシートで100均DIY

 

ステンシルシート作りは、文字のデザインに「無料スマホアプリ」と「無料フォント」を活用しました。パソコンが無くても大丈夫です。

 

※ プリンターは必要です。プリンターが無い場合はコンビニプリントでも出来ます。

 

 

自作のステンシルシートを作るには無料アプリの「Phonto」が便利!

 

まず、ステンシルシートを作る為に文字のデザインを作ります。

 

パソコンが無くても大丈夫です。私は無料の「Phonto」というアプリを使いました。

 

Phonto 写真文字入れ
Phonto 写真文字入れ
開発元:youthhr
無料
posted with アプリーチ

 

「Phonto」はアプリダウンロード時に予め入っている文字だけではなくてネットで無料配布されているフリーフォントも使えます。

 

フリーフォントをWEB上でダウンロードしてアプリ内にインストールすることで、パソコンが無くてもスマホアプリで沢山の文字のデザインの利用が出来るようになります。

 

ダウンロードしたフリーフォントをアプリで使えるようにする方法はこちらから確認が出来ます。

 

「フリーフォントとかそんなややこしいことは嫌いやねん」「もっと簡単でいいよ」という方でも大丈夫です。

 

元々アプリ内に入っているフォントの中にも十分カッコイイ文字はあります。例えばこんな感じです。

 

写真文字入れアプリの使い方

 

これだけの文字の種類があると凝った文字のデザインを選びたくなります。実際に、ポストカードやラベルを作る場合だと凝った文字で作ると簡単にカッコイイものが作れます。

 

でも、今回のようにステンシルシートを作る為には後に文字を切り抜かなくてはいけません。

 

シンプルで太い文字を選んでいた方が自作ステンシルシートを作るのには文字の切り抜き作業がらくです。

 

無料アプリ「Phonto」の使い方

 

アプリでの文字の入力方法はとても簡単です。

 

鉛筆のマークを押すと表示される画面で「フォント」をタップして好きなデザインの文字を選びます。

 

写真文字入れアプリを使う方法

 

次に、好きな文字を入力して文字の大きさを整えます。

 

今回は、「STORAGE」と「□ IN THE BOX」を作りました。文字は白色で縁取りを黒に設定しています。

 

文字入れアプリPhontoの使い方

 

次に、文字を打った画像をスマホに保存します。

 

そして、スマホの「共有」を押すと出て来るアイコンの中から印刷ボタンを押してプリントアウトします。

 

私はセリアで購入していたハガキサイズのクラフト紙にプリントアウトしましたが用紙は何でも大丈夫です。

 

ラベル用紙ならばラベルも作れます。※ 100均でも購入可

 

スマホでステンシルシートを自作する方法

 

ただ、A4やA3でプリントアウトすると文字もかなり大きくなります。ハガキサイズでプリントアウトすると出て来る文字の大きさも予想しやすいです。

 

コスパの面でも、100均でも購入出来るハガキサイズはおすすめです。

 

自作のラベル作りに使える無料の「フリーフォントサイト」をまとめてみた

 

「無料でダウンロードが出来るカッコイイデザインの文字が気になる!」という方もいるかもしれないので、フリーフォントがダウンロード出来る人気のサイトを集めてみました。

 

 

フリーフォントを探していて、まだ「規約の表記が分かりやす」と思ったのはこれらのサイトでした。

 

「フリーフォント」を使用する時に注意しないといけないこと

 

フリーフォントは無料でダウンロードが出来ますが、何に利用しても良いという訳ではありません。利用規約が必ず記載されています。

 

無料であっても個人で楽しむ利用だけに限られたものや、商用利用が可能なものなど様々です。

 

また、商用利用が可能であっても商品に印刷してポストカードなどで販売することなどが禁止されている場合もあります。

 

ハンドメイドなどで販売を考えている方は必ず規約の確認を行って下さい。英文表記が多いですが、翻訳アプリなどを利用すると何が書かれているのかは大体は分かります。

 

Google 翻訳
Google 翻訳
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

「そんなの面倒くさい」「規約の確認を間違えそうで怖い」って方は、そんな事を気にせず使えるCD-ROM付きの書籍も書店や通販で販売されています。

 

ステンシルシートは紙よりもクリアホルダーで作った方が繰り返し使える!

 

アプリを使って作った文字をプリントアウトして用意が出来たら、カッター、100均のクリアホルダーを使って自作のステンシルシートを作っていきます。

 

100均DIYで自作のステンシルシートを作る方法

 

まず、「O」や「R」などは文字のままに切り取ると文字の中身がごっそり抜けてしまうので、写真のように文字に線を書き足してクリアフォルダーに書き写します。

 

クリアホルダーで自作ステンシルシートを作る方法

 

紙の方がカッターで切り取るのはラクちんです。でも、使い回しをしたかったので紙よりも丈夫なクリアホルダーを選択しました。

 

でも、やっぱりカットするのは紙よりも大変でした。

 

ステンシルシートをクリアホルダーで作る

 

「STORAGE」だけは切り取りましたが、下の段の「□ IN THE BOX」は文字も細かいので紙でステンシルシートを作る事にしました。

 

紙で作るステンシルシートは簡単に文字を切り抜けるけれど繰り返し何度も使えない

 

紙で作るステンシルシートの場合はプリントアウトした紙の文字をそのまま切り取ります。紙はコピー用紙よりも少し厚めの方が何度か繰り返し使えます。

 

自作のステンシルシートの作り方

 

切り抜いてみるとやっぱりクリアホルダーよりはかなり簡単に切り取ることが出来ました。

 

数回使っての使い捨てでも良いから、これからは切り取りがラクチンな紙で作ろうかなと思ってしまうくらいにクリアホルダーをカットするよりはラクです。

 

紙でステンシルを行うと用紙にインクが染み込んでくるので数回のステンシルで使い物にならなくなります。

 

手作りのステンシルシートを100均で作る方法

 

こんな感じで用紙にインクが染み込むと用紙も波打ってフニャフニャになってきます。

 

こうなるとステンシルも上手く出来なくなってくるので、何回も繰り返し使うにはちょっと頼りないです。

 

ずっと繰り返し使えるステンシルシートを自作する場合はクリアホルダーなどのインクが染み込まないもので作る方が絶対に良いです。

 

ただ、カットは紙で作るよりも面倒くさくなります。

 

文字の切り抜きが面倒くさいならば自動でカットしてくれる「カッティングマシーン」って機械もある

 

男前インテリアでよく見かけるこんなバスロールサインをステンシルシートを自作して作っている方が沢山います。

 

 

「STORAGE」って文字を切り抜くだけでも肩が凝る私にはこんな数の文字の切り抜きなんて到底ムリな作業です。作ったみなさんは数時間かかっているようです。

 

聞いただけで肩が凝ります^^; でも、こんなバスロールサインが自分で作れたら嬉しいです。

 

すると、人気ブロガーさんの中に「カッティングマシーン」を使っているという方がいました。早速、カッティングマシーンについて調べてみました。

 

すると、なんとまぁ...。安い方のこの商品ですら高いんです。これは、残念ながらもっとステンシルを活用するなと思ってきてからではないと買えないです。

 

 

今の私のDIYならば文字数も少ないですし、自作のバスロールサインは諦めてセルフカットのステンシルシート作りで我慢します。いや...、それで十分ですね。

 

カッティングマシーンの中には布や厚紙がカット出来る商品もありました。自分が知らない便利な機械って沢山あるんだなと一つまた豆知識が増えました。

 

今回作った自作のステンシルシートを使って、次回は100均DIYで作った「隠す収納」の木材の部分に文字を入れてリメイクを加えたいと思います。

 

100均とDIYで作るお洒落収納

 

取り敢えず今日はここまで〜