DIYと暮らしを楽しむ

男前インテリアが好きで賃貸で原状回復が出来るDIYを楽しんでいます。100均DIY/ハンドメイド/プラバン/カフェ巡り/暮らしを楽しむ色んなこと。

DIYと暮らしを楽しむ

日常生活をお洒落に楽しんでいる人達が居ると知りました。
そんな方々のブログを参考に暮らしを楽しんでいるLIFE STYLE BLOGです。

100均のリメイクシートとマグネットで電動ドライバーの付け替えビット収納を作る!

電動ドライバーを使っていると沢山の付け替えビットが溢れてきます。

 

何故なら、電動ドライバー購入時に付属しているプラスビットだけだと、小さなビスやネジを回す時に上手く噛み合わない事もあるからです。

 

こうなってくると、小さなネジ用の付け替えビットが欲しくなったりしてきます。

 

買い足します。また別のものも欲しくなります。買い足します。

 

こんなことを繰り返していると、以前にDIYした「付け替えビット収納」だけには収まらなくなってしまいました。

 

そこで、「付け替えビット収納」をもう一つ作る事にしました。

 

 

100均のリメイクシートとマグネットで電動ドライバーの「付け替えビット」の見せる収納をDIYする!

 

DIYで人気のブロガーさんのブログやSNSの写真を見ていると、皆さん溢れてくるDIY工具を凄くおしゃれに上手く収納しています。

 

よく見かけるのが、マグネットを使った「見せる収納」です。

 

電動ドライバーの付け替えビットや、包丁などをマグネットにくっつけて整理しつつおしゃれに収納しているのです。

 

でも、ただマグネットでくっつけて収納していくだけでは、おしゃれに見えるどころかゴチャゴチャして見えてしまいます。センスが必要みたいです。

 

そこで、今回も人気DIYブロガーさんの投稿が多い「LIMIA」のアプリを参考にDIYしました。

 

DIY・インテリア・100均・暮らしのアイデア-LIMIA
DIY・インテリア・100均・暮らしのアイデア-LIMIA
開発元:Limia, Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

アプリ内には検索機能もあります。シンプルに、「収納」「DIY工具 収納」などで検索しておしゃれで便利なアイデアを探してDIYしました。

 

100均の強力磁石マグネットを木材に貼り付ける

 

まず、100均の木材にマグネットを貼り付けます。

 

100均のマグネットと木材

 

使用したマグネットは、「強力磁石」で両面テープ付きです。100均のセリアで購入しました。

 

100均の強力磁石マグネット

 

超強力磁石(100均)よりは少しくっつきは弱いと感じましたが、今回のDIYだとこれでも十分だと思いました。 ←後半で書いていますが、少しの問題が起きました。

 

この強力磁石のマグネットは、はさみでもカットが出来ます。

 

100均の木材の幅に合わせてマグネットを並べてみて、長すぎる部分をはさみでカットしてしまいます。

 

100均の強力磁石を木材に貼る

 

100均の板幅に合わせると、マグネットを3枚半繋ぎ合わせて丁度イイ感じでした。

 

次に、マグネット裏面の両面テープのシートを剥がして、木材にマグネットを貼り付けます。 

 

でも、その前に100均の木材を塗装します。

 

100均の木材をアンティークワックスで塗装する

 

木材にマグネットを貼り付ける前に、アンティークワックスで塗装します。

 

100均の木材とアンティークワックス

 

アンティークワックスで塗装するとこんな感じです。

 

アンティークワックスで塗装した100均のむ木材

 

やっぱり塗装するだけで随分とイメージが変わります。BRIWAXも人気ですよね。

 

でも、臭いが苦手なので比較的臭いが少ないアンティークワックスを使っています。

 

 

凄く節約する時は、100均の水性塗料や水性ニスも活用しています。

 

20分くらい乾かした後、色移りが無いようにしっかりと磨いて拭き取ります。

 

そして、さっきカットしておいた両面テープ付きのマグネットを貼り付けます。

 

100均木材で作るマグネットし収納

 

このままだと、繋ぎ合わせた3枚にマグネットの繋ぎ目が見えてしまいます。

 

そこで、100均のリメイクシートを使いました。

 

100均の板張りリメイクシートでマグネットをおしゃれにデコる

 

セリアの板張り風のリメイクシートを使いました。

 

いつかのDIYで少し余ったものですが、マグネットの幅に丁度良かったのでラッキーでした。

 

マグネットの幅に大体合わせて適当にカットしたリメイクシートを、マグネットの上に貼り付けます。

 

次に、マグネットの幅からはみ出ているリメイクシートをカッターで切り取ります。

 

セリアのリメイクリメイクシートをマグネットに貼る

 

これで、繋ぎ合わせていたマグネットの繋ぎ目が全く見えなくまりました。

 

マグネットは強力磁石なので、リメイクシートを貼っただけでくっつかなくなるなんて事はありません。

 

これで、ほぼ完成です。でも、少し英字で飾りを入れていきます。

 

DIYした「付け替えビットのマグネット収納」をロゴシールでデコる

 

このままではシンプル過ぎるので、セリアのロゴシールやステンシルシールでアレンジしていきます。

 

まず、エンボス加工がしてある英字シールを使って文字を入れました。

 

セリアのロゴシールと木材で作ったDIY収納

 

次に、ロゴシールやステンシルシールも好きな配置で貼っていきます。

 

セリアのステンシルシールで作ったマグネット収納

 

英字や文字が入るだけでも、また雰囲気が変わってきます。

 

本当はステンシルがしたいのですが、自作するのが少し苦手なDIYの分類です。過去に失敗して滲んだりしたので上手く出来る自身もありません。

 

 

そんな時は、便利なロゴシールや転写シールに頼っても何となくおしゃれな雰囲気のものは作れます。

 

100均でも、可愛くておしゃれなシールは沢山あります。

 

次に、完成した「付け替えビット収納」を有孔ボードに固定していきます。

 

DIYした「付け替えビット収納」の板を釘を使って有孔ボードに固定する

 

DIYした「付け替えビット収納」の板は、ディアウォールを使って固定している有孔ボードに取り付けます。

 

カッコよく言えば「アトリエ」みたいなこの場所です。

 

ディアウォールで作った有孔ボード収納

 

有孔ボードにフックで掛けて工具などを収納すると、「取って元に戻す」という作業が凄く簡単で便利です。

 

室内で出来るDIYは、ほぼこの場所でしています。

 

だから、この有孔ボードに「付け替えビット収納」があれば、凄く使い勝手が上がります。

 

今回は、専用フックは使わずに”釘”を有孔ボードの穴に引っ掛けて固定します。

 

少し前にも使用した方法です。釘をペンチを使って折り曲げて、自作の有孔ボードフックを作ります。

 

 

まず、DIYした「付け替えビット収納」の板を有孔ボードに押し当てて、有孔ボードの穴の間隔に合った箇所に印を付けます。

 

ディアウォールでDIYした有孔ボード収納

 

DIYした「付け替えビット収納」の板を裏返しにして、印を付けた3箇所に釘を打ちます。そして、ペンチで釘を斜めに折り曲げます。

 

DIYした有孔ボード収納

 

3箇所の折り曲げた釘を有孔ボードの穴に合わせて刺します。

 

有孔ボードに自作のフックで収納を取り付ける

 

これで、DIYした「付け替えビット収納」の板はちゃんと固定されます。

 

DIYした有孔ボード収納

 

めちゃくちゃ重たい物を収納するならばあまり良い方法ではありません。

 

危険なのでやめた方が良いです。

 

でも、今回のようにそんなに重たく無い物を収納する場合はこれで十分だと思っています。

 

 これで無事に完成したと思ったのですが、少しミスをしていました。

 

マグネット収納は「強力磁石」よりも「超強力磁石」の方がやっぱり安心感がある

 

マグネットで収納する「付け替えビット収納」も完成して、後はこんな感じで磁石にくっつけて収納していくだけだと思って整理を始めました。

 

マグネットにひっつけて収納するDIY

 

すると、太めのプラスビットがマグネットから滑り落ちる事がありました。

 

「まじですか?」って思いました。「せっかく作ったのに!」とも思いました。

 

付け替えビット全体が磁石にくっつくように”斜めにくっつけた状態”だと、マグネットからドリルビットが滑って落ちてくることはありませんでした。

 

DIY工具をマグネットで収納する

 

マグネットを2段にして、付け替えビットがマグネットにくっつく範囲を広く取れば良かったです。その方が、絶対にしっかりとくっついてくれました。

 

マグネットに貼り付けるビット収納を失敗しないコツ

 

もしくは、超強力磁石を使えば良かったです。超強力磁石の場合は、おはじきくらいの大きさの超強力磁石一つでもしっかりとくっつきました。

 

それでも、今回のDIYで斜めにビットをくっつければ強力磁石でもしっかりとくっついてくれます。

 

付け替えビットの収納が出来ないわけではないので、これからも「付け替えビット収納」として活用していきたいと思います。

 

今日はここまで〜