DIYと暮らしを楽しむ

男前インテリアが好きで賃貸で原状回復が出来るDIYを楽しんでいます。100均DIY/ハンドメイド/プラバン/カフェ巡り/暮らしを楽しむ色んなこと。

DIYと暮らしを楽しむ

日常生活をお洒落に楽しんでいる人達が居ると知りました。
そんな方々のブログを参考に暮らしを楽しんでいるLIFE STYLE BLOGです。

無印良品の収納ケースをリメイクシートで木箱風にして衣類を整理整頓する!

旦那さんの洋服が増えてきたので、整理整頓する為に簡易の棚を作りました。

 
整理整頓は得意ではありませんが、見やすくて取りやすい事と湿気がたまりにくい事を優先しました。
 
ちなみに、「湿気を取りたいならダンボールに収納でしょ!」なんて思った方は要注意ですよ。
 
そんなダンボール収納の危険な話も最後にまとめてみました。

 

 

無印良品の収納ケースと100均商品で湿気対策をした衣類収納棚を作る!

 

全てをDIYで手作りするのは大変なので、ずっと使っている無印良品の収納ケースも使って衣類収納を見直しました。

 

無印良品の収納ケースをリメイクシートで木箱風にする

 
まずは、無印良品の収納ケースをリメイクシートで木箱風にリメイクします。

無印良品収納ケース
 
ダイソーで人気のリメイクシートを無印良品の収納ケースに貼り付けます。
 

ダイソーリメイクシート
 
引き出しの下の部分には黒のマスキングテープを貼りました。
 
この辺はお好みで貼ったり貼らなかったりどっちでも良いと思います。

ダイソー新商品リメイクシート
 
でも、黒のマスキングテープを貼ると少し締まった感じも出ます。
 
無印良品の収納ケースの枠部分にも、黒のマスキングテープを貼っていきます。

無印良品をmtマステCASAでリメイク
 
黒のマスキングテープを貼ってはみ出た部分はカッターでカットします。
 
ブラックマステ
 
黒のマスキングテープを貼り終わったら、ダイソーのリメイクシートを貼った引き出しを入れます。
 
これで、無印良品の収納ケースのリメイクは完成です。
 

無印良品プラ収納ケース
 
無印良品の収納ケースをリメイクする前はこんな感じです。

f:id:mai-19820911:20160624104815j:image
 
ダイソーのリメイクシートを貼るだけの簡単なリメイクで無印良品の収納ケースも随分変わったと思います。
 

発泡スチロールレンガで無印良品の収納ケースの下にミニ収納を作る

 
次に、リメイクした無印良品の収納ケースを置く場所を作ります。
 
収納ケースの下には、メガネケースなどの小物を置けるようにしたいと思います。
 
まずは、100均で購入出来る発泡スチロールレンガを「コの字」に組んでマステで貼って固定します。


発泡スチロールレンガ
 
「テープが丸見え!」と思ったかもしれませんが、この上に無印良品の収納ケースを置くのでテープは隠れます。
 
模様替えをする時に、壊して外しても再利用が出来るのでマステで固定しました。
 
これだけでも、しっかりと固定されます。
 
この、「コの字」に組んだ発泡スチロール上に無印良品の収納ケースをおきます。
 
すると、収納ケースの下に小物を置けるスペースが出来ます。
 
無印良品収納ケース下の収納作り
 
家のあちこちに財布を置いて何処に置いたか忘れてしまうような失敗も、置く場所が決まれば防ぐ事が出来ます。
 

100均のワイヤーネットを使って換気も良い衣類収納棚を作る

 
DIYをしていると木材をホームセンターでカットして貰った時に端材が出ます。
 
この端材がたまってくると、使い切る為にいつも何か作れないか考えます。
 
今回はこの端材を使ってTシャツが置ける簡易棚を作りました。
 
まずはキッチンラックのように棚を組みます。
 
そして、そこに100均のワイヤーネットを麻紐で固定していきました。

ワイヤーネット取り付け
 
この方法は、何かの雑誌の連載で整理収納アドバイザーの方が紹介していた方法です。
 
「強度は大丈夫かな?」と思ったのですが、Tシャツ程度だと全然大丈夫でした。
 
念の為に、衣類棚は下の棚板の木材に固定して倒れないようにしています。Tシャツを乗せるとこんな感じです。

Tシャツ衣類収納棚
 
短い感覚で棚を作っているのでそんなに枚数は積めませんが取りやすくなっています。
 
また、梅雨のジメジメが気になる季節ですが、ワイヤーネットなので換気も良く整理収納が出来ます。
 
隣の無印良品の収納ケースには、冬のトレーナーや長袖のカットソーなどを収納しています。
 
冬になると長袖カットソーとTシャツを入れ替えられるので衣替えも簡単です。

無印良品収納ケースとdiy棚
 
無印良品の収納ケースの上はリュックを置けるようにあけています。
 
狭いクローゼットから溢れて、ただテーブルに積んでいた衣類もスッキリしました。
 
これで、簡易の衣類収納棚は完成です。
 
 

ダンボール収納は辞めようと思った!知って良かった危険な噂

 
私は100均で人気のカッコイイ図柄の収納ケースを頻繁に使用していたのですが、ある噂を知ってからダンボール収納を控えました。
 
知って良かった真実!とは書かなかった理由は、100%そうとは言い切れないからです。
 
だから、この記事でも『噂』という見出しにしました。
 
軽くて簡単に移動が出来て耐久性もあるダンボール収納は、凄くコスパも良いです。
 
最近では、男前インテリアに合う柄がプリントされた商品も販売されています。
 
見せる収納のインテリアでも使える大人気のダンボール収納ですが、最近ネットで見かけた記事に、「まじでっ!」と衝撃を受けました。
 

ダンボール収納は湿気を吸うから最高!なのではなくて「ダニの住処」になる?

 
ダンボールって湿気を吸収するイメージがありますよね?
 
「湿気を吸収するから収納に最適やん!」ってことではないんです。
 
紙製品で湿気を吸収しやすいダンボールはカビの温床になるそうです。
 
例えば、食器や衣類をダンボールに収納したまま押入れに収納したままだと、数年後にはカビだらけになっている可能性が大きいのです。
 
また、湿気を多く含むという事はダニやゴキブリが大好きな環境になります。
 
隙間が多いダンボールはゴキブリにとってはめちゃくちゃ住み心地が良くて、メスのダニなんて一月に何万と卵を生むそうです。
 
更に、引っ越し時のダンボールをそのままにしている方は要注意だそうです。
 
運搬中に必ずダンボールは汚れています。その上、ダンボールが大好きなゴキブリが卵を産んだり紛れ込んでいる可能性もあります。
 
…もう嫌になってきませんか?
 
ある記事を見てここまで知った時点で、気持ち悪くなってダンボール収納を見直しました。
 
梅雨に入る前にはほとんどのダンボールを撤去しました。
 

ダンボール収納がおすすめ出来ないなら何で収納すれば良いのか?

 
だったら、どんな収納ケースを使用すべきなのかが気になりますよね?
 
おすすめはプラケース(特に編み目)やワイヤーネットのカゴが良いそうです。
 
どうしてもダンボール収納をしたい場合は、
 
  • 防虫剤は必ず入れての使用を心掛ける
  • 除湿剤も使用して風通しの良い環境に置く
 
この2つは、最低限心がけることが大切だそうです。
 
ダンボール収納では、「100%ゴキブリが発生する!」とは言い切れないです。
 
でも、私はダンボール収納をしたいとは思わなくなりました。
 
今は、100均でも耐久性があってコスパの良いプラケースも沢山販売されています。

100均プラ収納ケース
 
ステッカーを貼ればおしゃれに収納も出来ます。
 
まさに、「信じるか信じないかはアナタ次第です!」といったお話ではありますが、収納を見直すきっかけにはなりました。
 
我が家では、ダンボールはやめてプラケース収納に少しずつ変えています。
 
今日はここまで〜