DIYと暮らしを楽しむ

男前インテリアが好きで賃貸で原状回復が出来るDIYを楽しんでいます。100均DIY/ハンドメイド/プラバン/カフェ巡り/暮らしを楽しむ色んなこと。

DIYと暮らしを楽しむ

日常生活をお洒落に楽しんでいる人達が居ると知りました。
そんな方々のブログを参考に暮らしを楽しんでいるLIFE STYLE BLOGです。

壁紙屋本舗の壁紙でカウンターキッチンをコンクリート風にリメイクする!

以前に購入したコンクリートの壁紙が微妙に余っていたのでキッチンカウンターの化粧板をコンクリートの壁紙でなんちゃってリフォームしました。

 
今回も原状回復出来るように両面テープとマステで貼りました。
 
原状回復については100%綺麗に戻せる保証がありません。デメリットとメリットを理解した上での自己責任で行って下さい(._.)
 
 

壁紙でカウンターキッチンをコンクリートにリメイクする!

 
 
壁紙でリメイクするキッチンカウンターは引越し時の随分前に購入していた物で背面と側面が化粧板仕上げになっています。
 

キッチンカウンター
 
 
このままでも十分に綺麗です。
 
でも、コンクリートの壁紙が余っているので、コンクリート風のキッチンカウンターになんちゃってリフォームしたいと思います。
 
今回使う壁紙も壁紙屋本舗ののりなしタイプです。
 
コンクリートだけでも数種類あります。
 
 
 

キッチンカウンターにコンクリートの壁紙を貼る

 
まずは、キッチンカウンターの側面位の大きさに予め壁紙をカットして両面テープ+マステで貼り付けました。原状回復が可能な方法です。
 
キッチンカウンター
 

原状回復には「失敗するかもしれない」というデメリットがあると知ってから壁紙を貼る

 
原状回復での失敗実例やメリットとデメリットについては過去にまとめてあります。
 
そちらで確認して納得してから行って下さい(._.)
 
【関連記事】


過去に100均のマステを使用したのですが、数年後に剥がす際に劣化していてプチプチと切れて剥がしにくかったです。粘着部分も所々残ってしまいました。

 
その時に安けりゃ良いというものではないという事を痛感しました。
 
今はホームセンターで購入出来るSET売りのこちらのマステを使っています。
 
 
 
数年後に原状回復で剥がしましたが綺麗に剥がせました。
 
でも、こちらのマステも湿気や暑さなどの家の環境によってどうなるかは分からないです。
 
我が家では100均のマステとは違って今の所は原状回復は成功しています。
 
なので、原状回復方法で貼る場合はずっとこのマステを使用しています。
 
このマステで貼った壁紙のはみ出た部分をキッチンカウンターの幅にカッターでカットしていきます。
 
コンクリート壁紙
 
キッチンカウンターの天板部分が少し出っ張っているので、そこだけ黒のマステを貼りました。ビフォー・アフターはこんな感じです。

壁紙の貼り方
 
コンクリートの壁紙が貼れたら、そこにステッカーを貼って側面は完了です。

壁紙コンクリート
 
本物のコンクリでリフォームなんて出来ない賃貸アパート住まいなので壁紙を使ってのなんちゃってのリフォーム気分を味わっています。
 

カウンターキッチンの背面にもコンクリートの壁紙を貼る

 
続いて、キッチンカウンターの背面をなんちゃってリフォームしたいと思います。
 
この場所に先程と同じくコンクリートの壁紙を使います。

キッチンカウンター背面
 
まずは、原状回復出来るように両面テープ+マステで準備します。

キッチンカウンターのマステを貼る
 
これで、調度 余っていたコンクリートの壁紙を使い切れる!と思ったのですが、5センチ程が足りませんでした。
 
下地の両面テープが丸見えになってしまって、少しパニックになりました。

キッチンカウンターに壁紙を貼る
 
そこで、今回カットして余っていた切れ端を継ぎ接ぎする事にしました。
 
コンクリート壁紙の切れ端
 
直ぐにグシャグシャにして捨ててなくて良かったです。
 
なんとか、繋ぎ目も分かりにくく継ぎ接ぎ出来たかなと思います。

コンクリートの壁紙でリメイク
 
ここに、先日のリメイクで余ったバスサインのステッカーを貼ります。
 
 
壁紙屋本舗の壁紙
 
これで、コンクリート壁紙でのキッチンカウンターのリメイクの完成です。
 
今日はここまで〜