DIYと暮らしを楽しむ

男前インテリアが好きで賃貸で原状回復が出来るDIYを楽しんでいます。100均DIY/ハンドメイド/プラバン/カフェ巡り/暮らしを楽しむ色んなこと。

DIYと暮らしを楽しむ

日常生活をお洒落に楽しんでいる人達が居ると知りました。
そんな方々のブログを参考に暮らしを楽しんでいるLIFE STYLE BLOGです。

100均プラバンで作るプラバンアクセサリーの完成度が高くなるコツ特集!

〈2017.7.21 記事の追記と手直しを行いました〉

 

プラバンは再ブームで数年前から話題になっています。

 

上手く作れるようになりたいとブームに乗っかってプラバンブローチやプラバン指輪を練習していました。

 

レジンを使ったり、ニスを塗ったり、色の塗り方を工夫するひと手間を加えるだけで雑貨屋さんで販売されているようなブローチや指輪が作れます。

 

スニーカーイニシャルプラバン

 

  • 何度も作って練習して掴んだ完成度を上げる為のコツ
  • ペンによっても異なる完成した時のプラバンの仕上がりの特徴

 

これらを簡単にまとめてみました。

  

自分好みのプラバンアクセサリーは、どんなペンを使えば作れるのかの参考になればと思います。

 

プラバンの完成度を上げる為に使える材料と着色方法とコツのまとめ!

 

子供の頃に流行った遊びの中の一つに、油性ペンを使ってイラストを書いて油性ペンで色を塗って作るプラバンのキーホルダー工作がありました。

 
今では、油性ペンだけではなくて「マニキュア」「ポスカ」「色鉛筆」「絵の具」「クレヨン」「レジン」「防水ニス」なども使います。
 
これらの材料を使う事でクオリティーの高いプラバンアクセサリーが簡単に作れます。
 
もし、「絵が下手だしセンスもない…」なんて思っているのならば、そんな心配は必要ありません。イラストが不得意でも大丈夫です。
 
好きなアーティストのグッズやお洒落なCAFEのロゴを書き写してプラバンアクセサリーを作っている方も多いです。
 
(※著作権の関係で元々あるデザインを書き写す方法で作ったプラバンは販売は出来ません!!販売したい場合は必ずオリジナルのデザインで作って下さい!!)
 
 
でも、油性ペンだけで作るプラバンは小さな子供が工作で作った様な何処かチープな仕上がりになってしまいます。
 

プラバン作りに必要な物は油性ペンだけではない

 
プラバンが「大人のアクセサリー」として再ブームとなっているのは、色々な工夫での着色の種類が増えているという点も関係していると思います。
 
チープな完成度にならない為の着色方法の一つに、油性ペンとアクリル絵の具を組み合わせる方法があります。
 
この組み合わせで作ると、簡単なのにお洒落で完成度が高いプラバンアクセサリーが作れます。
 

プラバンをアクリル絵の具で着色する

 

  1. プラバンに油性ペンで好きな図案のラインを書き写します。
  2. 色を塗らないでプラバンを焼きます。
  3. 焼き終わったプラバンの裏面からアクリル絵の具を塗ります。
 
アクリル絵の具を使う場合の完成度が上がるポイントは、焼いた後に裏面からアクリル絵の具を塗るということです。
 
細い線で書いたイラストに多くの色を使う場合は作業も大変です。
 
細い筆を使い、時には色が混ざらない様に乾かしつつ塗っていきます。
 
色ムラが出るのが気になる時は乾いた後に更に重ね塗りをします。
 
すると、表面は油性ペンで書いたライン、裏面はアクリル絵の具となります。
 
両面から分けて書く事で表面から見た時に奥行きが出て立体感も出ます。
 
表面から見ると油性ペンが浮き出ている様に見えませんか?
 

プラバンドット柄ブローチ

出典元:Instagram

 

両面を使って書くと一気にプラバンのチープ感がなくなって雑貨屋さんで販売されている様な完成度になります。

 
写真のようなドットを作りたい場合の手順です。
 
  1. 未着色のままプラバンを焼く
  2. 焼いたプラバンの裏面からアクリル絵の具でドットを書く
  3. ドットが乾いたら裏面のドットの上から全体をアクリル絵の具で塗る
 
仕上げに、色移りやせっかく書いたイラストが消えてくる事を防ぐ為にニスやレジンでコーティングをします。
 
でも、ここで注意しなければならない事があります。
 
100均などで販売されている通常の水性ニスだと、油性ペンで書いたイラストが滲んでボヤケてグチャグチャになってしまいます。
 
油性ペンが滲みにくいおすすめの水性ニスはパジコの防水ニスです。
 
パジコの防水ニスだと、油性ペンでプラバンに書いたイラストを滲ませることなくコーティングするが出来ます。
 
また、この防水ニスは他にも凄く便利な使い道があります。
 

プラバンをレジンでコーティングすると『ぷっくり』なる

 
プラバンの完成度が上がる最終仕上げで人気なのが、ぷっくりと可愛く見せる”レジンでプラバンをコーティングする”という方法です。
 
でも、レジンを塗る時にプラバンに書いた油性ペンが滲んでしまってせっかく書いたイラストがグチャグチャになってしまう失敗がかなり多いのです。
 
私自身も何度もこの失敗をしてしまっていました。
 
そんな失敗は次の方法で簡単に解決出来ます。
 
《パジコの水性ニスを塗る⇒レジンでコーティングする》
 
この手順でコーティングするとイラストを滲ませずに綺麗にレジンコーティングをすることが出来ます。
 
だから、プラバンの仕上げのコーティングが上手くいかずに悩んでいる方にはパジコの防水水性ニスは凄くおすすめです。
 
 
ただ、滲まないと言っても何度も筆で擦ると多少は滲んでしまいます。
 
コツは、プラバンに筆が触れる回数をなるべく少なくすることです。
 
マニキュアのように1回2回で塗りきります。
 

プラバンをポスカで着色する

 
ポスカで作るプラバンは、発色が良くてポップなテイストになります。
 
  • 「ポップで明るいアクセを作りたい!」
  • 「立体感のあるデザインを作りたい!」
  • 「文字が浮き出ている様に見せたい!」
 
そんな時にはポスカが凄くおすすめです。 
 

ポスカでプラバンアクセサリー

 

ポスカで作る場合は「焼く前に塗る方法」「焼いた後に裏面から塗る方法」があります。

 

焼いた後に塗る場合はアクリル絵の具の時と同じ着色方法になります。

 
アクリル絵の具の時と違う点は、プラバンを焼いた後にポスカを塗るとムラになりやすいという事です。
 
ポスカでの着色で色ムラを防ぐ為には、乾く前に何度も重ねて塗り続けます。
 

ポスカでプラバンを塗る

出典元:Riekobo* |

 

私の場合は、上の様に乾かない内に何度も重ね塗りをして見た目にムラが無くなってから乾かす方が上手くムラなく綺麗に仕上げる事が出来ました。
 
プラバンは作る人によって作り方や色の塗り方が違います。
 
正解はあまりありません。でも、もし色ムラに悩んでいる場合は一度試してみて下さい。
 
もしかすると、お悩み解決に繋がる自分に合った方法かもしれません。
 

ポスカでの着色は焼く前?焼いた後?

 
焼く前にポスカを使った場合は、ポスカで描いたラインはプラバンの焼き上がり時にマット状になります。
 
指先で触ると少し盛り上がった感じがします。
 
こんな感じに描いた線が浮き上がって見えます。
 
この雰囲気が嫌いでしたら、ティッシュで少しポンポンとポスカのインクを抑えてから焼くとインクが付き過ぎる事を若干軽減出来ます。
 
プラバンアクセサリーは、着色が擦れなどで色落ちしてしまったり、イラストが剥げてきたりする場合もあります。
 
長く綺麗な状態で使用する為にも、レジンや、書いたイラストが滲みにくい水性ニス「スーパーエクステリアバーニッシュ(防水ニス)」などでコーティングして仕上げます。
 

プラバンを鉛筆で着色する

 

プラバンを色鉛筆で作る方法

 
私はよく色鉛筆でプラバンを作ります。イラストの影や動きを表現しやすくて色も沢山あるからです。
 
例えば何度も重ねて異なる色で塗る事で髪の毛の流れ具合もプラバンで表現出来ます。こんな感じです。
 

三代目のプラバンブローチ

 
作成手順は凄くシンプルで簡単です。
 
  1. 透明プラバンに油性ペンでイラストを書き写す
  2. プラバンを裏返して紙やすりで裏面だけを擦ってキズを付ける
 
これで色鉛筆でもプラバンに色を付けられるようになります。
 
ー追記ー
 
セリアでプラバンを削らなくても色鉛筆で書けるプラバンが販売されました。
 
使い心地も良くて仕上がりも問題なく綺麗なのでおすすめです。
 
 

プラバンブローチの縮み方

 
写真左から順番に、《油性ペン》→《色鉛筆で着色》→《焼いて完成》といった感じです。
 
写真中央は紙やすりで削った後に裏面から色鉛筆で塗った時のプラバンです。
 
完成品がチープ過ぎて見えない為のコツは色鉛筆を隙間なくしっかりと塗る事です。
 
そして、紙やすりをかける時に同じ方向からだけではなくて、円を描く様に全体にしっかりとかけます。
 
こちらの方法でも、仕上げにコーティングを行って色落ちを防いで下さい。
 

プラバンをクレヨンで着色する

 
クレヨンやクレパスでの着色はグラデーション感を出したい時に凄く活躍します。
 
色鉛筆の時と同じように紙やすりを使ってプラバンに色を付けられる状態にしておきます。
 
ー追記ー
 
現在はセリアで販売されている「色鉛筆で書けるプラバン」で、クレヨンでも紙やすりなどはかける手間無くイラストを描くことが出来ます。
 
クレヨンで作るグラデーションプラバンの作成手順です。
 
  1. 透明プラバンの片面を紙やすりで削る(色鉛筆プラバンの場合は省く作業)
  2. 所々に違う色でグラデーションになるように色を塗る
  3. その後、テッシュでトントンと叩いてボカしていく
  4. 通常通り焼いて完成
 
 
色は「少し薄過ぎるかな?」と感じる位が丁度良いです。トースターで熱を加えて縮んでいくと色が凄く濃くなるからです。
 
上の写真位の色の状態でも心配になって色を濃くしなくても大丈夫です。トースターで焼くと、下の写真の様に少し濃い程よいグラデーションになります。
濃く描き過ぎるとグラデーションが上手く作れません。焼き上がりは、ただただ色の濃い塊のプラバンが出来上がってしまいます。
 
着色は「色が薄過ぎるかな?」と感じるくらいにしておくことがポイントです。
 
色鉛筆で着色した場合も、書いたイラストが滲みにくい水性ニス「スーパーエクステリアバーニッシュ(防水ニス)」や、レジンなどでコーティングして仕上げます。
 

スポンサーリンク

 
 

プラバンをマニキュアで着色する

 
マニキュアで着色する時もアクリル絵の具の時と同様です。
 
でも、裏面から塗る方法と表面から塗る方法との二種類があります。
 
どちらの塗り方もプラバンを先にトースターで焼いて縮めます。
 
油性ペンでイラストを書いている場合は焼いて縮んだプラバンのイラストの裏面からマニキュアを塗っていきます。
 
イラストがないプラバンでしたら星形をただ切った透明プラバンの上にマニキュアで着色してもお洒落で可愛いです。
 

マニキュアでプラバン作り
 
マニキュアを使う利点は沢山あります。
 
  • ムラになりにくい
  • 重ね塗りで色の濃さを調節出来る
  • マーブル模様など特有の模様が作れる
  • 乾きが早い
  • ラメなどを使って作れる
 
こうした幾つかの利点があるので、イラストが無いただの円形や三角形などの型を切っただけのプラバンでも着色の時の模様やラメの入れ方で可愛い物が作れます。
 

マニキュアで三角プラバンアクセ
 
裏面ではなくて表面から塗るとマニキュア同士を混ぜて模様を作れたり、流行りの宇宙柄も作れます。
 
リキュールネイルなんかを使うとステンドグラス風のプラバンアクセサリーが作れたりもしますよ。
 
私も挑戦しましたが、凄く簡単に「大人プラバンアクセサリー」が作れます。
 
 

プラバンに着色する時に手が汚れない方法!

 
「絵の具をプラバンに塗るのなんて指先が汚れて嫌だ」って思う方におすすめの裏技改善策があります。
 
  1. マステを輪っか状にして両面に粘着がある状態にする
  2. プラバンと棒をマステでくっつける
 

プラバンに色を付ける方法
 
私もこの方法でレジンコーティングやアクリル絵の具での着色をしているのですが、マステでくっつけたプラバンが動かないので塗りやすいです。
 
私の中ではとても便利で定番の方法になっています。是非是非お試し下さい。
 

プラバンを焼く時に失敗しにくい”シート”がある

 
プラバンをトースターで焼く時には、プラバンがくっつかなくする為に何かを敷いて焼く必要があります。
 
ネット等で紹介されているのはアルミホイルです。
 
でも、私は「クッキングシート」を使っています。
 
定番の「アルミホイルシート」と、私が愛用している「クッキングシート」には、それぞれにメリットとデメリットがあります。
 
それぞれのメリットとデメリットをまとめてみました。
 

アルミホイルを使う場合

 
トースターで焼いた時に少しくっつきやすいです。
 
でも、繰り返して何度も使えて燃えなくて安全です。
 
よく紹介されている定番の材料です。

 

クッキングシートを使う場合

 

トースターで焼いた時に全くくっつかないです。

 

でも、繰り返して使うとシートが焦げてきます。

 

使い続けると燃えたり煙が出たり危険なので数個作る毎に必ず取り替える必要があります。


プラバンを「アルミホイル」を使って綺麗に焼くコツ


アルミホイルを使ってプラバンを作る場合は、まずアルミホイルをグシャグシャにシワが出来る様に軽く丸めて広げます。必ず裏面を使います。

 

プラバンのアルミホイルの敷き方

 

こうして、クシャクシャのアルミホイルを敷いた上でプラバンを焼きます。縮み切ったらトースターから取り出します。
 
そして、プラバンを平らにする為に取り出して直ぐに本などを上から置いてしばらく待ちます。これが、雑誌などでよく紹介されている方法です。
 
でもこの方法…。くっつきます。
 
私がおすすめするのは「クッキングシート」です。
 
全くくっつかないです。
 
ただ先ほども書いた様にクッキングシートが焦げてくるので取り扱いには十分に注意して数個作る度に必ず取り替えないといけないです。
 
向き不向きもありますので、どちらを選ぶかは作る人次第です。
 

プラバンを「クッキングシート」を使って綺麗に焼くコツ

 

まずクッキングシートを少し出してカットをします。


クッキングシート

 

カットしたクッキングシートを更に小さく2等分します。


クッキングシートの切り方

 

そして、トースターから出しやすい様にクッキングシートの両端を折り曲げます。この折り曲げた部分を持って焼いたプラバンを取り出します。


クッキングシートの折り方

 

クッキングシートごと焼いたプラバンを取り出した後、綺麗に平らにする為に上から軽く「手作り道具」を使ってプラバンを抑えます。

 

その抑える用に使う「手作り道具」は、本や箱などにクッキングシートを巻きつけて簡単に作れます。


プラバンの巻き方

 

この道具で、トースターで熱を加えて縮み切ったプラバンを取り出して直ぐにギューっと抑えてプレスします。すると、プラバンは平らになります。


クッキングシートの抑え方

 

10秒位抑えるだけで大丈夫です。

 

クッキングシートなので全くくっつかずに綺麗に平らにする事が出来ます。

 

【要注意!!】クッキングシートはトースターでは焦げやすくなっていて危険です。必ず頻繁にシート交換をして下さいm(_ _)m

 

プラバンを綺麗に焼く為に重要なのは『取り出すタイミング』!

 

まず、トースターは必ず予熱しておきます。

 

少し温めておく事でプラバンに均等に熱が加わり失敗が減ります。

 

プラバンはトースターで焼くと、クネクネと色んな方向に曲がりながら縮んでいきます。この時に「失敗した!」と慌てて取り出す事が失敗の原因です。

 

プラバンの熱での縮み方

出典元:プラバン手芸の紹介(作り方基本編)|手芸の情報と品揃え - 店長の部屋Plus+

 

この写真の様にクネクネと曲がって暴れながら縮んでいった後に必ず平らに近い状態になります。しばらく待つと最後にはこんな感じで必ず落ち着きます。

 


トースターでのプラバンの縮み方

出典元:[プラバン+UVレジン]まずは基本から!マスキングテープを使った、簡単かわいい多角形ピアス - Oval レジンとアクセサリーパーツの通販サイトOval レジンとアクセサリーパーツの通販サイト

 

その瞬間に取り出してプレスして平らにする事が綺麗にプラバンを焼くコツとポイントです。

 

慌てずに、グネグネしながら暴れて縮むプラバンが落ち着くのを見守る事が大切です。

 

プラバンには縮む方向がある!

 

プラバンはトースターで熱を加えると1/4程度に縮んで完成します。

 

プラバンの縮む方向は見た目だけでは誰にもわかりません。残念ながら焼いてみないと分からないんです。

 

「縮む方向なんて分からなくてもイイんじゃない?」と思いますよね。でも、一概にそうとは言い切れません。

 

それは、知っていた方が上手く作れる図案もあるからです。

 

特に人物イラストは本当に縮む方向が大事なんです。上と下からギューっと潰される様に縮んでくると描いた人物の顔は丸顔に太ってきます。

 

左右からギューっと細くなる様に縮んでくると人物の顔は細くスマートになります。

 

例えば、人物のイラストをコピーして、その上から透明プラバンを被せて、図案を綺麗になぞって写し取ったとします。

 

三代目の今市プラバン

 

友達に頼まれて描いた三代目の今市君のプラバンです。

 

こちらは上と下からギューっと押し潰されて縮む方向の向きで書いてしまいました。

 

すると仕上げに焼いたら完成がやっぱり少し小太りになってしまいました。

 

三代目プラバン

 

スマートに綺麗に完成するにはやっぱりほっそりとなる様に縮んで欲しいですよね。

 

プラバンは購入時の袋に説明で書かれている通りに、実際に焼いた時も1/4位の大きさ位には縮みます。

 

下書きと完成で、写真のように大きな差が出るのならば縮む方向もちゃんと知っておいた方が焼きあがりに不満を抱く事も少なくなると思います。

 

三代目のプラバンブローチ

 

でも、上記の通りプラバンの縮む方向は焼いてみるまで不明なのです。

 

ですから大きいプラバンの端の方を小さく正方形に少しだけカットして調べます。

 

 

カットしたプラバンを試し焼きをします。試し焼き後のプラバンを見るとどっちの向きに縮んでいるのかが分かります。

 

これで縮む方向を把握してプラバンにイラストを書けます。

 

せっかく書いたイラストが、焼くと思っていた方向とは逆に縮んでしまって小太りになるなんて事がなくなります。

 

描いた顔が細くなる方向に縮む様にイラストを書けばOKです。

 

面倒ではありますが縮む方向が完成品の出来に大きく関わってくるイラストや図形の場合は是非試してみて欲しいひと手間です。

 

プラバンアレンジのおすすめサイト

 

ここまで書いてきた沢山のコツを知っていると「自分がどんなプラバンアクセサリーを作りたいのか?」などの違いで揃える材料も分かってきます。

 

「色を塗ったり線を書き写したりすら面倒です!」といった場合は可愛いマスキングテープで作る方法もありますよ。

 

book.oval-shop.com

 

レジンでコーティングする事でマスキングテープもめくれてきにくくなりますし、表面がプクっと膨れた可愛い感じにもなります。

 

100均のレジン液だと表面がベタつくなんて口コミもよく見かけます。

 

その場合は表面をパジコのニスでコーティングしたり、硬化させた時に表面がツルツルになると人気のレジン液を使う方法もあります。

 

私は、「KIYOHARA」のレジン液を使っています。

 

100均よりは高価ですが通販で安い時にまとめて3本購入したりして送料も無料で購入しています。

 

 

100均ばかりを使うのではなくて、完成度を上げる為に自分に合った材料を探す事も大切です。

 

今日はここまで〜