読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DIYと暮らしを楽しむ

男前インテリアに憧れて賃貸部屋でdiyを始めました。 カフェや雑貨屋巡りと暮らしを楽しむ色んな事。

DIYと暮らしを楽しむ

日常生活をお洒落に楽しんでいる人達が居ると知りました。
そんな方々のブログを参考に暮らしを楽しんでいるLIFE STYLE BLOGです。

キッチンをBROOKLYNカフェ風にリメイク!!【完成編】100均調味料ケースを使って更にカフェ風にしてみた!

DIY DIY・キッチンリメイク 100均 100均-100均DIY
 

スポンサーリンク

monchiです♪キッチンのリメイクdiyが無事に終わりました〜!!途中で黒のマステが無くなったりとトラブル続きでしたが好きな感じに完成したのでとても満足です。
 

キッチンをブルックリン風にリメイク
 
 
ここから更にリメイクを加えて、BROOKLYNのカフェ風男前インテリアに近付けけて行こうと思います。
 
 
このリメイクdiyで参考にした記事や使えるセリアグッズのまとめは過去記事に詳しく書いていますので宜しければ見てみて下さい。
 
【今回の記事の目次】

✍賃貸でも諦めないキッチンリメイクの完成写真とリメイク方!

 
 
まずはキッチンのリメイク前の写真です。
 

賃貸のタイルキッチン
 
 
昔ながらのタイルのキッチンです。賃貸の備え付きのキッチンあるあるの【タイルにプリントされた花模様】これがどうも好きになれませんでした。
 


賃貸のキッチンタイルの花柄

 
 
そう「コイツ〜」もセリアのキッチンペーパーを正方形にカットして【マステ+超強力両面テープ】で貼り付けて隠していきました。
 

セリアのキッチンペーパーを切る

セリアのキッチンペーパーをキッチンタイルに貼ってDIY
 
 
タイルの黒いラインもマスキングテー プで作ったラインなので賃貸でも大丈夫な原状回復可能なリメイク方法になっています。
 

キッチンのタイルに沿って黒のマステを貼ってリメイクする
 
 
【マステ+超強力両面テープ】で貼り付けていくと綺麗に剥がしたりが簡単に出来るので原状回復のリメイク方法として多くのサイトで紹介されています。ただ、最近ではその原状回復が失敗したなどの記事もよく目にします。
 
 
最終的には自己責任となる原状回復を考えてのリメイクdiyのメリット・デメリットを詳しく書いています。宜しければ参考にしてみて下さい。
 
 
 
 
そんな原状回復の現状も把握して行ったリメイクdiy完成後のキッチンが下の写真です。雰囲気も変わり大好きなキッチンになりました。お金をかけられない分だけ時間はかかりましたが明るくて使い勝手も良いので満足です。
 

賃貸のキッチンをリメイクDIYしてカフェ風にした
 
 
記事が更に長くなりそうだったのでキッチンのリメイクDIY方法をいつもより簡単にまとめて書きました。もっと詳しく手順を知りたいと思って下さった方は手順のみの記事を書いていますのでそちらを参考にしてみて下さい。
 
 
 
 

✍キッチン用品はかけて収納で使い勝手&オシャレ度もUP!

 
 
使い勝手を良くする為にフライ返しなどのキッチン用品を手の届く範囲にかけるという方法がよく雑誌でも紹介されています。でも、100円商品を使ってただかけるだけではゴチャゴチャして見えるだけでとてもお洒落には見えなくて真似をしようとも思えませんでした。
 
 
しかし、海外のサイトを見てみると同じ【かける】という方法でもとてもお洒落なキッチンに見えていました。一つのインテリアになっていました。どうにか少しでも真似出来ないか?と考えてみました。
 
 
下の写真の様に鍋をかけるとなると重さに耐えれる固定が必要になるので、賃貸で穴をあけれない我が家には簡単なDIYでは無理だと思い諦めました。やれるならばやりたいが場所もない!!
 

海外のキッチンのリメイクDIY
 
下の写真の様にマグカップやフライ返しなどのキッチン用品をかける位の重さにならば「両面テープとマスキングテープを上手く使うと穴をあけなくても出来る」と思いました。
 
  • アンティーク風に木材をリメイクする
  • 同じ感覚でかけるなどの統一性を持たせる

この2つの事を組み合わせるだけでも100均商品をそのまま使って、ただかけるだけよりはまだ洒落に見えるかもしれないと思いました。
 

キッチンのリメイクDIY
 
まずはセリアで木のポスターウォールシェルフを購入しました。そして、その商品にフックを取り付けてフライ返しなどのキッチン用品をかけれる物をDIYしました。
 

セリアのウォールシェルフを使ったDIY
 
 
沢山の両面テープを貼れる様にウォールシェルフの裏には厚紙の画用紙を取り付けています。厚紙に両面テープを貼ってタイルに貼り付けた完成写真がこちらです。同じ感覚でかけれる様に固定しています。
 

セリアのリメイクでキッチンに見せる収納
 
 
お次に鍋の蓋やトングなどをかけておく為のフックを作りました。作ったと言うのは大袈裟な位に簡単です。セリアの完成されているフック商品の色をアンティーク風に近付く様に塗り直して転写シールでリメイクをしただけです。
 

セリアのフックを転写シールでリメイク
 
 
軽めの鍋蓋などの重さには十分耐えれます。こちらも超強力両面テープで貼り付けていますが今の所は落ちてはきてないです。直ぐに落ちない様に貼り方を工夫したのもあるかもしれません。
 

セリアのリメイクしたフックにキッチン用品をかける
 
 
キッチン用品のフックの作り方とリメイク方法や貼り方などはもっと細かく詳しくは少し前の記事でまとめています。この記事で分かりにくく感じた時は参考にしてみて下さい。
 
 
 
 

✍100均で調味料ケースを揃えてお洒落なキッチンにする方法!

 
 
キッチン用品をかけておける場所が完成したら、次に思う事は調味料ケースの統一です。キッチンをリメイクされている方はほぼ全員が調味料ケースを統一するなどしています。
 

調味料ラックをDIY
 
格好イイですよね!!これは真似してみたくなるに決まっている憧れのキッチンです!!…とは言っても「全部を一気に変えるのは無理だな〜」と冷静さを取り戻した私は本当によく使う調味料だけを並べてみる事にしました。
 
  • コショウ
  • マジックソルト
  • コンソメ
  • 鶏ガラスープ
 
この辺ではないでしょうか??まず【塩・コショウ・マジックソルト】を入れるケースを統一する為にセリアで人気の調味料ケースを購入しました。
 


ダイモで作ったラベル



写真にある黒のラベルは【DYMO】という商品で作りました。エンボス加工の様に文字を浮き立たせたラベルを作る事が出来ます。
 
 
Amazonでも販売されていて価格も凄くお手頃なので簡単に取り入れられます。作り方も文字のダイヤルを回して「ガシャン!!」と押すだけで文字がプリントされますのでとても簡単です。
 
 
 
ラベルを作ってセリアの100円調味料ケースに貼り付けるとこんな感じで統一感も出てCafeの様な雰囲気になります。
 

セリアの調味料ケース
 
 
鶏ガラスープとコンソメはいつも大きなサイズを買います。ですから小さな調味料ケースに移してしまうより、出来れば業務用スーパーで購入したままの大きなケースで使ってしまいたいと思いました。
 
 
まず容器の「コンソメ」「鶏ガラ」と書かれた生活感満載の図柄がプリントされたビニールを全て剥がしてしまいます。次に剥がして白のプラ容器だけになった容器にネームプレートの様に長方形に黒のマステを貼ります。
 
 
黒のマステの上からDYMOで作ったラベルを貼り付けて、ラベルの周りを白のペンで囲いました。これだけでもそのまま容器を使うよりは雰囲気が随分と変わります。
 

調味料ケースにラベルを貼る
 
 
これらを横一列に並べると少し統一感が出ます。簡単なリメイクですが調味料ラックのお洒落度はなんだか少しアップした気分になります。
 

DIYした調味料ラックに並べたセリアの調味料ケース
 
 
全部しようかはまだまだ迷い中です^^;サラダ油やオリーブオイルに粉チーズ…皆さん本当に凄いですよね!やり始めるとなんといっても「キリがないっ!!」です。
 
 
【よく使う物だけを統一してみる】まずはここからでも十分だと思います。そして、全てのケースを統一したくなればする!一部の統一だけでもインテリアにしっくりきていればそのままでもいいと思います。
 
 
一部だけでも十分にお洒落な雰囲気を楽しめます。完璧を求め過ぎないのもリメイクdiyを楽しみながら進めるコツなのかもしれません。
 
 
…と、自分に言い聞かせながら所々手抜きで頑張っている今日この頃です^^
 
 

✍調味料ラックがなければ簡単なDIYで作ってしまう!

 
 
「調味料ラックに統一した調味料ケースを並べればお洒落度アップですよ!!」なんて言われても「我が家には調味料ラックがありません」って方もいらっしゃいますよね。
 
 
調味料ラックはとても簡単に作れます。「ノコギリを使って木材を切りたくない」なんて方はダイソーやホームセンターで購入出来る既にカットされている工作木材で作れます。
 
 
自分の家のキッチンの幅にピタッ!!とはめ込みたいとなれば勿論長さに合わせてのカットが必要になります。
 
 
私の家のキッチンの様に幅を合わせなくても「置き型の調味料ラックで十分だ!」なんて方は既にカットされている木材で簡単に作る事が出来ます。
 


リメイクDIYで変えた賃貸のキッチン
 
 
この調味料ラックは5本の木材をビスでとめただけです。木材はホームセンターのセールで販売されていた物です。
 
 
オレンジで書いた印(↔)の50cmの木材2本と黒で書いた印(↔)の40cmの木材3本を写真の様に組み合わせてビス(ネジ)でとめています。
 

DIYした調味料ラックの作り方
 
 
元の木材の色は真っ白です。
 

100均の工作木材
 
 
凄くお手軽な価格ですと100均の木材でも100均の水性ニスやホームセンターで販売されている水性ニスで色を付けるとアンティーク風になります。ですから100均木材でも十分に作れます。
 
 
100均の木材は薄い木材なので強度が心配でしたらもう少し分厚い木材をホームセンターで購入する事も出来ます。分厚い木材の方が木が割れたりせずにビスも打ちやすいです。
 
 
価格は長さにより異なりますがキッチンに置く幅分の長さですから、短い木材で作れると思います。1本150円〜300円程です。
 
 
①棚の高さになる柱となる部分。下の写真のオレンジの線の部分の木材。
 
 
②棚の棚になる部分。下の写真の黒い線の部分の木材。
 
 
自分の家のキッチンに合った大きさになる様に長さを考えてこれだけの木材を購入すれば簡単な調味料ラックは作れます。組み立て方は下の写真の様に組み合わせてビスでとめるだけです。
 

DIYした調味料ラックの作り方写真
 
 

✍調味料ラックDIYの実例をまとめてみた!

 
 
簡単な調味料ラックのDIY方法を紹介しましたが言うまでもなくこれ以上にお洒落な調味料ラックは沢山あります。
 
 
簡単な物ではなくてちゃんと格好いい物を作りたい!!ともなれば見本が必要です。その中でも簡単なのが「すのこ」を使った調味料ラックDIYです。
 
 
お次は100均の商品を利用した調味料ラックやキッチン収納の特集ページです。お手軽な価格で作れるキッチンdiyはナチュラルインテリアから男前インテリアまで様々紹介されていてとても参考になります。
 
f:id:mai-19820911:20151212005943j:image
 
DIYブームの今はネットで検索すれば沢山の情報に出会えます。参考になる好きな雰囲気のDIYを探して真似をする事から「自分の家ではこうしないとはまらない」などと変えてみたり。そんな事を繰り返してだんだんと色んな発想が浮かぶ様になります。
 
 
憧れのお家のインテリアを夢見てまずは真似から始めてみるのもとても楽しいです。楽しくてお家も変わっていく事はとても嬉しくもあります。
 
 
まぁ…たまーに…いや、ほぼいつも作っている最中から「何でこんな細かいデザインを思い付いたんだろう…」と面倒臭いと感じてはきますがお金をかけないならば手間だけはかけないと仕方がないと自分を納得させながらでも楽しく取り組んでいます^^;
 
 
これからもゆっくりカフェ風男前インテリアを目指して頑張ります。
 
 
= 追記!=

 


更にキッチンをリメイクしてカウンターなども作りました。100均材料で出来る方法も少しありますのでキッチンリメイクDIYの関連記事をまとめました。

 

monchi-cafe.hatenablog.jp