読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DIYと暮らしを楽しむ

男前インテリアに憧れて賃貸部屋でdiyを始めました。 カフェや雑貨屋巡りと暮らしを楽しむ色んな事。

DIYと暮らしを楽しむ

日常生活をお洒落に楽しんでいる人達が居ると知りました。
そんな方々のブログを参考に暮らしを楽しんでいるLIFE STYLE BLOGです。

100均の星と蚊取り線香立てを手書き文字でお洒落にリメイクする方法!

 

スポンサーリンク

monchiです♪暑いですね…蒸し暑い…。ベランダには蚊が飛んでいて洗濯物の取り込みも網戸をサッと開けて出てサッと締めるの繰り返しで無駄に疲れます^^;

 
 
それでもお家に入ってくる蚊に「この家は隙間だらけなのか?こんなに素早く開け閉めしているのに何故入れる…」と噛まれた足にムヒを塗りながら思います(¯―¯٥
 
 
そこで、蚊取り線香を買う事にしました。少し位の効果はあるでしょう。そして、蚊取り線香を入れる容器を100均の灰皿をリメイクして作りました。
 
 
今回はずーっと練習している手書き文字(チョークレタリング)を使ってのdiycraftです。
 
 
 
 

★100均の灰皿缶を蚊取り線香入れにdiy!

 
 
蚊が増えてきたので蚊取り線香を買ったのですが、蚊取り線香入れが我が家にはありません。ドラッグストアで買おうかなと思ったのですが100均の方が安いので100均の缶タイプの灰皿で作る事にしました。
 
 
とは言っても、作るなんて大袈裟な位に簡単な事しかしていません。まずは、缶タイプの灰皿がダイソーで売っていたのそちらを購入しました。
 

ダイソー蚊取り線香立て
 
 
勿論、普通の定番の蚊取り線香入れも蚊取り線香も売っていました。この灰皿タイプの方が灰も風で飛びにくいしなと思ってこちらにしました。
 
 
この灰皿缶に貼るラベルとして使ったのが黒板シートです。その黒板シートを好きな大きさにカットします。裏面にラインが入っているので綺麗に真っ直ぐとカットが出来ます。
 

黒板シート
 
 
黒板シートはキャンドゥやセリアで購入出来ます。表面がツルツルしている黒板シートはキャンドゥ。表面に少し凹凸があってしっかりした分厚さがある黒板シートがセリアといった感じです。
 
 
ジャンク系や男前インテリアが好きな方はセリアの黒板シートの方が好みな気がします。今回始めてキャンドゥの黒板シートを買いましたが男前インテリア好きな私はセリアが好みでした。
 
 
カットした黒板シートはクルクルと丸まってきてしまうのでマステでテーブルに貼って文字を書き始めました。
 

100均黒板シート
 
 
まだまだ未熟で、黒板シートに直ぐに油性ペンで直接書いて行ける程に上手くバランスは取れません。まずは、クーピーで下書きをします。
 

黒板シートに手書き文字
 
 
黒板にクーピーを使って下書きをするとティッシュや濡れた布巾で拭くと簡単に消せます。本番で白で書くなら白のクーピー。本番で金色を使うならば黄色のクーピーで下書きします。
 
 
クーピーは一本80円位で購入出来ます。そんな沢山の色は必要ないと思う方は単品購入がお勧めです。私も白と黄色しか持っていません^^;
 
 
下書きが終わったら油性の白のマッキーのペイントマーカーで本書きをしていきます。今回は頻繁に触るであろう蚊取り線香入れの缶の為、チョークで書くと手に付いて次第に取れて消えてしまうのでチョークは使いません。
 
 
せっかく書いたのに消えると悲しいですよね。でもチョークの雰囲気は残したいですよね?そんな時に使えるの一つ目のペンがマッキーのペイントマーカーです。
 
 
 
お次にお勧めのペンは私が凄く憧れているチョークボーイさんがお勧めしているアイテムの固形ペイントマーカーです。チョークで書いた質感に似ているのに油性ペンで消えないのでお勧めです。
 
 
 
 
ペイントマーカーはLoftなど沢山の文房具を取り扱っているお店だと置いていると思いますが、チョークボーイさんの限定のソリッドマーカーはネット通販の方が買いやすいと思います。店舗で見かけた事はないです。
 
 
これらのペンを使って下書きの上から本書きしていきます。本書きしても残る下書きは後に拭くと消す事が出来ます。
 

f:id:mai-19820911:20160708175036j:image
 
 
世の中はヘタウマも流行っています。上手くなくてもそれなりに見えれば自分の文字もヘタウマに仲間入りです。
 
 
上の写真のへんてこな文字もチョークボーイさんの本で練習して覚えた幾つかの方法を使えばヘタウマになります。例えば、文字の横に線を足したりします。
 

手書き文字の黒板シート
 
 
 
 
たったそれだけで文字の雰囲気も結構変わります。こんな風なチョークボーイさんの本で学んだ幾つかのテクニックを真似て完成した黒板シールへの手書きレタリングのラベルがこちらです。
 

手書き文字ラベル
 
 
上手くはないけれど愛着は湧きます^^;まだまだ練習中ですからこれからも沢山書いて行きたと思います。
 
 
この黒板ラベルシールをダイソーで購入した灰皿缶に貼り付けます。油性ペンなので手で触れても消えません。
 

手書き文字でラベル自作
 
 
こういった文字を書く時に何を書けば良いのか分からなくなります^^;どんどん閃きが生まれる人が羨ましい位です。何を書いて良いか分からない時はパッケージに書いている文字を抜き出します。
 
 
今回の場合は蚊取り線香のパッケージにある文字を抜き出しました。
 
 
  • MOSQUITO 
  • COOL
  • キンチョウ
  • ヨクキク
  • Japan insectisde
  • 蚊取り線香
 
 
今回は蚊取り線香のパッケージからこれだけの文字をピックアップしました。これらの文字をローマ字や英語に直して好きな配置に並べて下書き後に本書きします。
 

蚊取り線香立てをdiy
 
 
「好きな配置とか分からない…」って時は好きなロゴやラベルの配置を真似て自分の好きな文字で書くと良いみたいです。
 
 
一番身に付く練習方法はニュアンスは違うものの「まずは真似て練習してみて下さい」とチョークレタリングのアーティストの方は口を揃えておっしゃっています。
 
 
私もその『真似て練習』の真っ只中です。初期に比べれば本当にマシになりましたが、手書きの文字もチョークレタリングも、もっともっと上手くなりたいものです。
 
 

★セリアの星のモチーフを手書き文字でリメイクする!

 
 
お次に使う商品はセリアの星のモチーフです。黒板みたいな星なので何か書けそうだと思って購入しました。
 

セリアの星
 
 
またまた、クーピーで下書きします。間違えても消す事が出来ます。
 

100均星のリメイク
 
 
本書きは先程の蚊取り線香の缶リメイクでも使ったマッキーのペイントマーカーを使います。こちらは細いペンと普通の太さのペンで書けます。どちらで書いてもチョーク風に書けますが、細い方が少しインクが出にくいです^^;
 

セリアの星をリメイク
 
 
インクが出にくく感じた場合はペン先をノートに押し付けるか、除光液をペン先に染み込ませてしばらく蓋をすると復活します。
 
 
もしご自宅に開けたままで乾いて書けなくなってしまった油性ペンがある場合は一度試してみて下さい。もしかすると、その油性ペンは復活するかもしれませんよ^^ ※油性ペンのみでお試し下さい(._.)
 
 
こうして、セリアの星のモチーフにも文字を書いて完成です。定番の『BROOKLYN』や『CITY』とかしか浮かびませんがそれでも良いのです。と思い込んでカキカキしますφ(..)
 

星のインテリア
 
 
完成したセリアの星のモチーフは、以前にdiyしたキッチンの目隠しカウンターにフックでかけました。
 
 
 
 

★100均商品での手書きリメイクまとめ!

 
 
少しの手書きが出来るだけで、パソコンが苦手だったりする場合も簡単にリメイク出来ます。また、文字や絵が苦手でもChalk boyさんのヘタウマに見えるテクニックを使えばそれなりに見えます。
 
 
材料もペンが数本とノートだけ or 黒板とチョークからで始められるお手軽さの手描きの世界はtypoやロゴ好きにはピッタリな世界だと思います。
 


男前インテリアdiy

 
 
ただただ文字の練習をしたい場合はチョークとペンとどちらの練習も出来る洋書がお勧めです。チョークレタリングの書き方だけしか載っていませんがペンで書き方を真似て書いてもかなりの練習になります。
 
 
 
 
文字ばかりではなくて、実際にカフェで使われている黒板チョークレタリングやその文字の書き方やレタリングアーティストの下書きノートなど。お洒落な世界観も一緒に見たい方はChalkboyさんの手描きのレタリング本がお勧めです。
 
 
 
 
Chalkboyさんはinstagramもしています。凄くお洒落な手描きを書いていていつも写真が楽しみです。また、時々ですが、書き方や書く工程の動画もあげているのですがその動画が何回も再生してしまう位に素敵です。
 
 
 
 
気になる方は是非instagramを見てみて下さい。きっと私の様に「うわ!こんな風に書けるようになりたい!」と憧れるハズです。
 
 
相当練習しないと無理だと思いながらも憧れてしまう素敵な手描きの世界です。