DIYと暮らしを楽しむ

男前インテリアが好きで賃貸で原状回復が出来るDIYを楽しんでいます。100均DIY/ハンドメイド/プラバン/カフェ巡り/暮らしを楽しむ色んなこと。

DIYと暮らしを楽しむ

日常生活をお洒落に楽しんでいる人達が居ると知りました。
そんな方々のブログを参考に暮らしを楽しんでいるLIFE STYLE BLOGです。

100均の灰皿を使った「蚊取り線香立て」にチョークレタリングの手作りラベルを貼る!

暑いですね…蒸し暑い…。夜になるとベランダには沢山の蚊も飛んできます。

 

外に出る時に網戸の開け閉めを素早くすることを心がけても、やっぱりお家に蚊は入ってきます。

 

そこで、蚊取り線香を買う事にしました。

 
蚊取り線香を入れる容器は100均DIYで灰皿をリメイクして作りました。
 
 

100均リメイク!灰皿の缶を使った「蚊取り線香立て」を作ってみた!

 
蚊取り線香を買ったものの、「蚊取り線香立て」が我が家にはありません。
 
そこで、100均の缶タイプの灰皿を使ってレタリング文字入りの「蚊取り線香立て」を作る事にしました。
 

100均リメイクで作る「蚊取り線香立て」に貼るラベル黒板シートを作る

 
「蚊取り線香立て」として使うのは、ダイソーで販売されている灰皿です。

ダイソー蚊取り線香立て
 
普通の蚊取り線香立ても販売されていますが、缶の灰皿の方が灰も風で飛びにくいと思ってこっちのタイプを購入しました。
 
この灰皿の缶に、ラベル風に四角くカットした黒板シートを貼ります。
 
黒板シートも100均の商品です。裏面には、カットしやすいようにラインが入っているので綺麗に真っ直ぐカットが出来ます。

黒板シート
 
カットした黒板シートはクルクルと丸まらないように、マスキングテープでテーブルに貼っておきます。

100均黒板シート
 
次に、この黒板シートに手書きで文字を書いていきます。
 
流行りのチョークレタリングで、「蚊取り線香立て」に貼るラベルを自作します。
 

黒板シートの無地ラベルに手書きのレタリング文字を書いて自作ラベルを作る

 
チョークレタリングが流行っていますよね。
 
私も上手く描けるようになりたくてずっと練習しています。でも、まだまだ未熟なので下書き無しでいきなりの清書は無理です。
 
だから、まずは下書きをします。

黒板シートに手書き文字
 
黒板にクーピーを使って下書きをするとティッシュや濡れた布巾で拭くと簡単に消せます。清書で白で書くなら白のクーピーでの下書きは便利です。
 
 
クーピーは一本80円位で購入出来ます。画材屋さんなどでも単品で購入が出来ます。
 
下書きが終わったら、油性の白のマッキーのペイントマーカーで清書していきます。
 
「蚊取り線香入れ」に貼るラベルなので、沢山手で触りることになるハズです。
 
チョークで書いてしまうと、チョークが擦れて手に付いて次第に消えてきてしまうので清書にチョークは使いません。
 
消えて欲しくない時は、チョークの雰囲気を残したまま描けるマッキーのペイントマーカーなどで書きます。
 
 
大好きなチョークボーイさんも愛用している固形ペイントマーカーなんかもあります。こっちもまた、ペイントマーカーよりもチョークで書いた質感に似ているのに全然消えないです。
 
 
ペイントマーカーは、ロフトでも置いていると思いますが、ソリッドマーカーはネット通販の方が買いやすいと思います。店舗で見かけた事はないです。
 
これらのペンを使って下書きの上から清書するとこんな感じです。清書しても残る下書きは、水拭きすると消す事が出来ます。
 
手書き文字のレタリング
 
このへんてこな文字も、チョークボーイさんの本で練習して覚えた幾つかの方法を使って線を加えるとこんな感じに変わります。

手書き文字の黒板シート
 
こんなテクニックが詰まったチョークボーイさんの書籍についての記事はこちらでまとめています。
 
 
チョークボーイさんの書籍で紹介されている、レタリングをそれっぽく見せるコツを使って自作したレタリングのラベルがこちらです。

手書き文字ラベル
 
上手くはないけれど、最初の文字よりはそれっぽくは見えているのではないかなとは思えます。
 
まだまだ練習中なので、これからもチョークボーイさんの本を参考に練習したいと思います。
 
 
この黒板ラベルシールをダイソーで購入した灰皿の缶に貼り付けます。

手書き文字でラベル自作
 
これで、ダイソーの灰皿と黒板シートで作る「蚊取り線香入れ」の完成です。
 

自作ラベルやレタリングを描く時に何を書いたら良いか分からなければ英単語を書けばいい

 
こういったラベルを作る時に、英語で書くとカッコいい雰囲気が何となく出せます。
 
でも、英語で何か文字を書こうと思っても以外と思い付かないのです。
 
何を書いて良いか分からない時は、商品のパッケージに書いている文字や、商品名を英単語に置き換えて文字を書くと案外困りません。
 
今回の場合は、蚊取り線香のパッケージにある文字を抜き出しました。
 
  • MOSQUITO 
  • COOL
  • キンチョウ
  • ヨクキク
  • Japan insectisde
  • 蚊取り線香
 
蚊取り線香のパッケージからはこれだけの文字がピックアップ出来ます。
 
これらの文字をローマ字や英単語に直して好きな配置に並べて下書き後に清書すれば、簡単に自作のラベルを作れます。

蚊取り線香立てをdiy
 
おしゃれに見える文字の配置が分からない時は、好きなロゴやラベルの配置を真似て自分の好きな文字で書くと練習になります。
 
チョークボーイさんも、真似をする事が練習になると言っていました。
 
チョークボーイさんはインスタもしています。
 
気になる方は是非チェックしてみて下さい。
 
 
相当練習しないと無理だと思いながらも憧れてしまう素敵な手描きの世界です。
 
今日はここまで〜