DIYと暮らしを楽しむ

男前インテリアが好きで賃貸で原状回復が出来るDIYを楽しんでいます。100均DIY/ハンドメイド/プラバン/カフェ巡り/暮らしを楽しむ色んなこと。

DIYと暮らしを楽しむ

日常生活をお洒落に楽しんでいる人達が居ると知りました。
そんな方々のブログを参考に暮らしを楽しんでいるLIFE STYLE BLOGです。

100均セリアのランチマットでDIY!おしゃれな収納ボックスを作る!

100均DIYで、男前インテリアでも使いやすいシャレた「収納ボックス」を作りました。

 

少し調子に乗ると「 niko and.. っぽい」雰囲気はあるかなと思います。

 

まぁ、よく見るとそこまで自惚れる程では無かったのですが、完成品はこんな感じです。

 

自分の好きな雰囲気の「収納ボックス」にはなりました。

 

100均での収納ボックスの作り方

 

 

100均DIYで「niko and..」で売ってそうなお洒落な「収納ボックス」を作ってみた!

 

材料は、ほぼセリアの商品です。

 

木材もセリアの工作木材を使っているのでとても軽いです。なので、フックを付ければ壁掛け収納としても使えます。

 

凄い数を積み重ねない限りは、積み重ねての使用も可能です。

 

材料と作り方をまとめました。

 

100均DIYで作れるお洒落な収納ボックスの主な材料

 

1個の収納ボックスを作るのに使った材料はセリアのインテリアマットと45cm×12cmの木板3枚です。

 

セリアのインテリアマットと木板の種類

 

主な材料はこれだけですが、この他にセリアの塗料や速乾性ボンド、ホームセンターで100円くらいで購入出来る細い釘も使いました。

 

まずは、収納ボックスの木枠を作る

 

まず、収納ボックスの元となる木枠を作ります。

 

インテリアマットの縦幅からセリアの木の板の分厚さ2枚分を差し引いた長さ約18cmの所に印を付けます。

 

セリアの材料での収納ボックスの作り方

 

18cmの長さの板は、セリアの木の板1枚から2枚作れます。だから、1枚の板に2枚分のパーツの印を付けてカットします。

 

これで、収納ボックスの木枠を作るパーツの木材が4枚揃います。

 

100均での壁掛け収納棚を作り方

 

早速ですが、印を付けた位置で木材をカットしていきます。

 

ブラックアンドデッカーの丸鋸と、自作の丸鋸ガイドで真っ直ぐにカットしました。

 

ブラックアンドデッカーの丸鋸

 

丸鋸ガイドは、簡易的なものだと100均の木材でも簡単に作れます。作り方は、こちらの記事で確認出来ます。

 

 

カットする100均の木材は、凄く柔らかいです。電動鋸がなくても、手鋸で簡単にカットが出来ます。

 

どうしても真っ直ぐにカットが出来ない場合は、ガイドを利用してみて下さい。

 

直線だけではなくて、斜め45度とかもめちゃくちゃ綺麗にカットが出来るようになります。

 

 

この商品は、ツーバイフォー材用と書いています。でも、ツーバイフォー材より細い木材でも、この凹みに入る木材だと利用が出来ます。

 

私は、ガイドを利用する時には、木材が動かないようにクランプで木材をしっかりと固定してカットしています。クランプは100均でも販売されています。

 

収納ボックスの木枠になるパーツを塗装して組み立てる

 

木材がカット出来たらカットして荒くなっているカット面と木板の表面を紙やすりで整えて塗装します。

 

塗料はセリアの水性ニス(メープル)を使いました。

 

セリアの水性ニスの色の種類

 

乾いたら、収納ボックスの木枠となるパーツの板の完成です。

 

これらのパーツを組み合わせて、収納ボックスの元になる木枠を作っていきます。

 

まず、速乾性のボンドを塗ってコの字型にパーツの板を組んでいきます。

 

100均でのお洒落な収納ボックスの作り方

 

ボンドだけでも問題ないのですが、強度を上げたい場合は更に釘やビスで固定します。

 

今回は、更に釘を打って固定しました。細い釘の方が木が割れたりしにくいです。

 

細い釘は軽い力で叩くだけで打ち付けられるのでおすすめです。ホームセンターで、100円くらいから購入出来ます。

 

木の板をコの字に組んで固定出来たら、それを裏返して残りのパーツの木材の板1枚を乗せて同じように固定します。

 

100均で木箱を作る

 

これで、セリアの板で作った収納ボックスの元となる木枠の完成です。

 

100均でのお洒落壁掛け収納の作り方

 

完成した収納ボックスになる木枠と、セリアのランチアマットを組み合わせるとお洒落な「収納ボックス」と「壁掛け収納」を作ることが出来ます。

 

ボンドが完全に乾くまでは、かなりグラグラしています。頼りなく感じるかもしれません。

 

でも、完全にボンドが乾いた翌日には、しっかりと頑丈な木枠になっていました。

 

だから、そのまま安心して次の作業に進んで下さい。

 

100均DIYで作る「収納ボックス」の内側にランチマットを貼る

 

まず、セリアのインテリアマット(ランチマット)を用意します。

 

今回は収納ボックスを2個作る予定で2種類購入しました。

 

セリアのインテリアマット

 

完成した木枠の縁に速乾性のボンドを塗ってセリアのインテリアマットの上に重ねてくっつけます。

 

するとほぼピッタリになるのです。 ※ 少しはみ出てても大丈夫です。

 

セリアのインテリアマットで壁掛け収納を作るお方法

 

この時にもボンドだけの固定では不安な場合、タッカーや細い釘で更に固定しておきす。私は細い釘で更に固定しました。

 

100均で収納ボックスを作る時に釘で固定する方法

 

ボンドを使って木枠にインテリアマットを固定する時にはきっとボンドが「ムニュッ!」っとはみ出てきます。そうなった時は必ず拭き取っておきます。

 

収納ボックス作りではみ出たボンドは拭き取る

 

完全に乾くまでは多少頼りなく感じましたが、完全にボンドが乾いた翌日には収納ボックスもしっかりと頑丈なものになっていました。

 

これなら、積み重ねて置いても大丈夫なくらいです。

 

作った木枠からは少しインテリアマットがはみ出てしまいます。

 

はみ出たセリアのインテリアマットは、カッターで削いでいくと簡単に余分な部分がカット出来ます。

 

diyではみ出たインテリアマットをカットする

 

木枠からはみ出てしまっていたインテリアマットを切り取って整え終わったら、2種類のインテリアマットで作った収納ボックスはこんな感じになりました。

 

100均セリアで作る壁掛け収納

 

好みになりますが、縁取りを黒で塗装してみました。

 

すると、また雰囲気が変わってこんな感じになりました。

 

セリアでお洒落な収納ボックスえを作る

 

どちらがお好みですか?私は黒が入っている方が好きだと思って黒を入れてみたのですが、今回の場合は塗らない方が好きでした。

 

でも、今更戻れないですね。塗ってしまったし。やっちまいましたし。時間よ戻れですね。

 

100均DIYで作った収納ボックスを「壁掛け収納」にしてみる

 

100均の木材とインテリアマットで作ったこの収納ボックスは凄く軽いです。だから、壁掛け収納としても利用出来ます。

 

壁掛け用のフックも、セリアのDIYコーナーで購入出来ます。

 

壁掛け用のフックを背面に付属の小さいビスで固定します。

 

セリアの壁掛けフックの取り付け方

 

この金具を付けると、フックに収納ボックスをかけて「壁掛け収納」としても使えます。でも、本を沢山置いたりはちょっと危険かもです。

 

あまり重たい物は置かない方が良いですが、飾り棚程度に収納物を置く分には問題ないです。

 

100均セリアで作る壁掛け収納

 

壁紙屋本舗の木目の壁紙との相性もかなりバッチリだと思います。

 

100均DIYで作った収納ボックスを「見せる収納」として使ってみる

 

画鋲の穴すらあけたくない場合はシンプルに収納ボックスを重ねて置いたり、一つ一つを個別に使って「見せる収納」として小物置きとしても使えます。

 

例えば、ディアウォールで作った棚の上に置いて使ったらこんな感じです。

 

ディアウォール棚で出来る見せる収納

 

箱に入れるまでもないお香などの小物雑貨は、ただ棚に置いていると雑に見えてしまいます。でも、こうして置いて収納していると飾っているように誤魔化せます。

 

例えば、パソコンテーブルにある棚を買うまでも無いちょっとした小物類が淋し気に置かれてしまっているこんなスペースにも使えます 。

 

パソコンテーブルの整理整頓前

 

100均DIYで作った収納ボックスを置いてフェイクグリーンを飾ります。

 

薬や細かいゴチャゴチャしてしまう小物類は、100均セリアの収納缶に入れて置きました。 

 

たったこれだけで随分と雰囲気は変わりました。スッキリしました。

 

100均せdiyで作ったお洒落」収納ボックスでの整理収納

 

「収納ボックス」にも「壁掛け収納」にもなる優れモノだと思います。

 

今回の100均DIYは、100均のランチマットやインテリアマットでお洒落なデザインさえ見つかれば低価格で何種類も簡単に作れます。

 

これからは、セリア・ダイソー・キャンドゥのランチマットやインテリアマットは要チェックしていこうと思います。

 

今日はここまで〜