DIYと暮らしを楽しむ

男前インテリアが好きで賃貸で原状回復が出来るDIYを楽しんでいます。100均DIY/ハンドメイド/プラバン/カフェ巡り/暮らしを楽しむ色んなこと。

DIYと暮らしを楽しむ

日常生活をお洒落に楽しんでいる人達が居ると知りました。
そんな方々のブログを参考に暮らしを楽しんでいるLIFE STYLE BLOGです。

100均DIY!無印良品風のダイソー積み重ね収納ボックスと端材で隠す収納を作る!

これは数年前の引っ越しの時に楽天の通販で購入した組み立て不要の食器棚です。レンジの収納出来る食器棚なので、こんな感じで奥行きのある収納スペースがあります。

 

レンジ収納食器棚

 

この場所はレンジを置かずにスナック菓子などの収納場所として使っていました。でも、本来の使い方がレンジやオーブンを収納して使う場所なので扉がありません。

 

なので、収納する物が丸見えになってしまうというのが悩みのタネでもありました。

 

「突っ張り棒✕セリアのカーテン」などで定番の100均DIYをしてカーテンで隠してはいたのですが、整頓されていない現実に何だか気分がスッキリしていませんでした。

 

今回はこの場所に100均商品と端材を使って「隠す収納」を作りたいと思います。

 

ー目次ー

 

ダイソーの積み重ね収納ボックスは無印良品みたいに使える!

 

今回の「隠す収納」の100均DIYで使うプラスチック製の収納ボックスは、積み重ねが可能でサイズ(種類)も豊富なこちらの商品です。

 

ダイソーの積み重ね収納ボックス

 

用途に合わせて好きな組み合わせで選んで購入しましたが、結局全種類を購入していました。浅型は塗り薬や湿布の収納に、深型はスナック菓子や栄養ドリンクを入れる用として購入しました。

 

ダイソー収納ボックス用のDIY棚を作る!

 

まずは両端に1✕4材をこうして置きます。

 

収納棚を作る方法

 

次に、この場所の幅に合わせて2枚の端材をカットして両端の木材の上に乗せます。すると、こんな感じでコの字型の棚が作れます。※ 木材は塗装済みです。

 

収納棚の作り方

 

自分が購入した収納ボックスの高さに合わせてコの字型に組み合わせただけの棚ですが、コレを作るだけでダイソーの収納ボックスの出し入れが凄く楽ちんになります。

 

100均DIYで整理収納をする

 

積み重ねが出来る収納ボックスは、ただただ積み重ねていくだけだとスッキリと収納が出来たようには見えますが物の出し入れが不便になります。

 

沢山積み重ねた収納ボックスの一番下の箱の中から何かを取り出したいと思った時なんてもう苦痛でしかありません。

 

なので、「積み重ね出来る!」という便利さがあっても積み重ね過ぎないようにしないといけません。

 

何故なら、結局は元ある場所に戻す事が面倒くさくなって整理整頓したハズの部屋が散らかり出してしまうからです。

 

そんな時に便利なのが「コの字型に木材を組む」という方法で作るこの簡易のDIY棚です。この棚を作るだけで収納ボックスの出し入れはとてもやりやすくなります。

 

今回は我が家で余っている端材の1✕4材を使いましたが、100均の工作木材でも同じ工程で作れます。

 

100均収納ボックスを使った簡単DIYで「隠す収納」を作る!

 

収納した物が取り出しやすくはなりましたが、このままだとまだまだ丸見えです。小物を沢山ボックスに入れていくとゴチャゴチャして見えてきてしまいます。出来れば隠したいです。

 

スタッキング収納ボックスでDIY

 

まずは、上の段の収納ボックスを「隠す収納」にします。ダイソーの工作木材2枚に三等分で印を付けます。

 

ダイソーの木材

 

こちらも、他のDIYで使っていたものなので穴があいたりしていますが気にせず使っていきます。印を付けたらカットしていきます。

 

私は先日端材で作った「手作りミニ丸鋸ガイド」を使って、ブラックアンドデッカーで真っ直ぐにカットしました。

 

丸鋸ガイドを手作り

 

【関連記事】100均DIYでブラックアンドデッカーで使える「丸鋸ガイド」を作る!

 

でも、100均の木材は柔らかいので100均のノコギリや手鋸でも十分綺麗にカット出来ます。カット出来たら紙やすりで整えて塗装していきます。

 

アンティークワックス

 

写真の上の段は100均の木材です。下の段は余っていた1✕4材を収納ボックスに合わせてカットしたものです。勿体ないので余り物も取っておいて使えるDIYの時にはこうして必ず使います。

 

塗装後の乾かす時に使える100均アイテム!

 

塗装が終わったら乾かさなくてはいけません。いつもはベランダの壁にビニールを貼って立て掛けて乾かしていたのですが、めちゃくちゃ便利に使える100均商品を見つけました。コレです。

 

100均食器収納アイテム

 

お皿を立てて収納するアイテムなのですが、コレが小さい木材を乾かすのに丁度良いのです。小物雑貨や小さい収納棚を作る時にはかなり便利です。こんな感じで使います。

 

100均収納グッズ

 

凄く便利ですよ。塗装後の乾かす時に困っていた方は是非試してみて下さい。100均木材を3等分して塗装していた木材が乾いたら、2枚ずつを組み合わせて木工ボンドでくっつけておきます。

 

100均DIYで収納を作る

 

速乾性のボンドでを使っているので10分位である程度は乾きます。2枚の板がくっついたら超強力両面テープ(クッション性)で収納ボックスに貼り付けます。

 

100均DIYで収納を手作り

 

めちゃくちゃ重たい物を入れる場合は超強力両面テープだと不安だと思いますが、ツナ缶数個とかくらいなら大丈夫でした。

 

「両面テープ」でも「強力両面テープ」でもなくて、クッション性の「超強力両面テープ」が一番しっかりと固定されると感じました。※ あくまで個人の感想です。

 

深型の収納ボックス全てに板を固定し終わるとこんな感じです。

 

100均DIYでオシャレ収納を手作り

 

「収納ボックスの内側から両面テープの跡が見えるのが嫌なんだよ!」って方はビスで固定するという方法もあります。でも、そんなに見える物でもないので「超強力両面テープ」の方が作業はラクです。

 

次に、写真内に印した棚の1段めの「2段重ねにした収納ボックス」にも板を貼り付けます。

 

100均DIYで整理整頓をする

 

こっちの方は余っていた1✕4材の木材の幅と収納ボックスを2個重ねた高さが偶然一緒だったのでそのまま使いました。

 

f:id:mai-19820911:20170330195439j:plain

 

重ねた二段めの収納ボックスが動かせるように、下の段の収納ボックスのみに「超強力両面テープ」を貼り付けて固定しています。

 

セリアのフックを引き出しの「取っ手」として使ってみた!

 

収納ボックスを引き出しやすくする為に取り付ける取っ手の代わりに、今回はセリアで購入出来るフックを逆さまに固定しました。

 

フックだと2個で100円です。取っ手だと1個で100円です。

 

セリアのアイアンフック

 

少しでも安くなるようにケチってしまいましたが、フックより取っ手の方が100%持ちやすいですね。持てない事もないですがこりゃ失敗でした。ケチるんじゃなかった...

 

棚を取り出しやすくする為に取り付ける取っ手などは下穴をあけてビスで固定します。

 

セリアのフックでDIYする方法

 

セリアでフックを購入した時に付属していたビスで固定しましたが、ビスが長過ぎて1ミリくらい収納ボックスの内側にビス先が飛び出してしまいました。

 

そのままだと危険なので、端材に「超強力両面テープ」を貼り付けて飛び出たビスをカバーします。

 

 

収納ボックスの内側から見るとこんな感じです。板を突き抜けてしまって危険だったビスの先端をカバー出来たので、収納している物を取り出す時の怪我も防げます。

 

 

ここまで終わったら、一番最初に作った「食器棚の中のコの字に組んだ棚」に収納ボックスを戻していきます。

 

100均DIYで「隠す収納」のbeforeとafter!

 

何にもないbeforeはこんな感じでした。

 

食器棚の収納作り

 

ここに、この字に板を組んで100均収納ボックスを並べるとこんな感じになりました。

 

100均DIYでオシャレな収納のり方

 

このままだと収納した物が丸見え状態になるので、収納物を隠す為にボックス正面に板を貼り付けてこうなりました。

 

100均DIYで隠す収納の作り方

 

でも、このままではシンプル過ぎるし、中に何が入っているのか分かりにくいし、お洒落でも何でもないです。なので、ここからまた少し手を加えたいと思います。

 

でも、取り敢えず今日はここまで〜