読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DIYと暮らしを楽しむ

男前インテリアに憧れて賃貸部屋でdiyを始めました。 カフェや雑貨屋巡りと暮らしを楽しむ色んな事。

DIYと暮らしを楽しむ

日常生活をお洒落に楽しんでいる人達が居ると知りました。
そんな方々のブログを参考に暮らしを楽しんでいるLIFE STYLE BLOGです。

100均DIYでブラックアンドデッカーで使える「丸鋸ガイド」を作る!

 

スポンサーリンク

ブラックアンドデッカーの丸鋸アタッチメントの丸鋸でカットした時に、真っ直ぐ綺麗にカット出来るように100均の工作木材で「丸鋸ガイド」を作りました。

 

ー目次ー

 

ブラックアンドデッカーの「丸鋸アタッチメント」って?

 

ブラックアンドデッカーの電動ドライバーは単品だけではなくて色々なセットがあります。先端を付け替えると「丸鋸」「サンダー」「インパクト」「電動鋸」「ジグソー」などなど、色々な工具に早変わりします。

 

 

私は丸鋸が付いたセットを買っていなかったので、追加で丸鋸のアタッチメントのみを単品で購入しました。丸鋸のアタッチメントってこんなのです。

 

ブラックアンドデッカー丸鋸アタッチ

 

このアタッチメントを使うと「大きな丸鋸を使うのは少し怖かったりする...」なんて人にはピッタリな小型の丸鋸として使う事も出来ます。

 

ブラックアンドデッカーの丸鋸

 

普通の丸鋸を買うより安いくて場所も取らないです。木材がラクラクとカット出来るので「手鋸カットが面倒くさい〜」って方はコレ一つで木材カットの面倒くささも減るのでDIYで気軽に作れる物も増えると思います。

 

デメリットは2✕4材や1✕4材などの分厚い木材だと一回ではカット出来ない事です。と言っても、100均木材や分厚くない木材はほぼカット出来ます。なので、簡単なDIYだとコレでも十分だと思います。

 

100均DIYで「丸鋸ガイド」を作る方法!

 

ブラックアンドデッカーの丸鋸は真っ直ぐカットしやすいように「↑」に印が付いています。カットしたい長さに引いた線とこの「↑」の印を合わせながらカットしていきます。

 

ブラックアンドデッカーの丸鋸

 

それでも多少は斜めになってしまったり、引いた線からズレてカットしてしまったりする場合もあります。

 

そこで、100均の工作木材を使って真っ直ぐにカット出来る丸鋸ガイドを作ろうと思いました。

 

まずは丸鋸ガイドの基本を作る!

 

使った材料はセリアとダイソーの工作木材です。以前のDIYでの残り物なので塗装済みです。

 

100均木材

 

この板を両面テープを使ってこんな感じで真っ直ぐに仮固定します。しっかり直角に仮固定出来るようにツーバイフォー定規や直角が取れる定規を使います。

 

ツーバイフォー定規と木の板

 

両面テープでの仮固定が終わったら板を裏返します。そして、裏側からビスで固定します。この時にビスの頭が板に少し埋まるくらいまで打ち付けます。

 

100均DIYで丸鋸ガイド作り

 

ビスで本固定したらこんな板の完成です。

 

100均DIY

 

この板に丸鋸本体のサイド部分を当てながら滑らせていくと真っ直ぐにカット出来ます。これで100均DIYで作る丸鋸ガイドの基本は完成です。

 

丸鋸ガイドをDIY

 

でも、切りたい木材に対してちゃんと直角に丸鋸ガイドを当てないと木材を真っ直ぐには切れません。

 

大袈裟にするとこんな感じで斜めに丸鋸ガイドを当ててしまっていたら斜めにカットしてしまうということです。

 

100均で丸鋸ガイドをDIY

 

そこで、切りたい木材に対してちゃんと直角に丸鋸ガイドを当てられるように工夫をします。

 

まず、DIYした丸鋸ガイドに対して直角になるようにセリアの木の棒を固定します。この時にもちゃんと直角になるように直角定規などを使います。

 

丸鋸ガイドをDIY

 

作った丸鋸ガイドに対して直角に木の棒を固定することで、切りたい木材に丸鋸ガイドを当てた時に丸鋸ガイドをちゃんと真っ直ぐ当てられるようになります。こんな感じです。

 

DIYした丸鋸ガイドの使い方

 

これで、丸鋸ガイドを真っ直ぐに合わせる事が出来るようになりました。

 

100均DIYで作る「丸鋸ガイド」の最終仕上げ!

 

次に、下写真のように丸鋸ガイドに丸鋸を当てて作った丸鋸ガイドの板を真っ直ぐにカットします。「丸鋸」って言葉が連発し過ぎてもう早口言葉みたいになってますね。文才が欲しい...

 

丸鋸ガイドの作り方

 

もう一度、上の写真で説明すると「↔」で印を付けた丸鋸サイドから刃までの距離で板をカットする為に、一度丸鋸ガイドに合わせて丸鋸をスライドさせます。こうして作った丸鋸ガイド本体の余分な板をカットし終わるとこんな感じになります。

 

丸鋸ガイドをDIYする方法

 

丸鋸ガイドに合わせて一度板をカットすることで、下の写真のように丸鋸ガイドに丸鋸を合わせた時に板の下から丸鋸の刃がちゃんと出るようになります。こうなれば、100均DIYで作る丸鋸ガイドの完成です。

 

丸鋸ガイドの作り方

 

節約で持ち手は端材を取り付けました。

 

100均DIYで作った「丸鋸ガイド」の使い方

 

カットしたい木材に作った丸鋸ガイドを直角に当てて、丸鋸を丸鋸ガイドに合わせて真っ直ぐスライドさせてカットすると真っ直ぐに木材がカット出来ます。

 

丸鋸ガイドをDIY

 

実際に木材をカットする時はこんな感じです。

 

100均で丸鋸ガイドの作り方

 

「作り方がよく分かりません」「作るのが面倒くさいよ」って方は真っ直ぐだけではなくて45度でカット出来たりするちゃんとした丸鋸ガイドも販売されています。

 

 

でも、手作りした丸鋸ガイドだと500円もかからずに作れます。100均で簡易で作った物なので見た目はあんまり格好良くはありませんが、少しでも節約したい場合はやっぱり手作りが安いです。

 

丸鋸ガイドの作り方はYouTubeでも見れる!

 

でも、文才のない私の文章や画像だけでは分かりにくいと思います。その場合はYouTubeで検索すると幾つかの作り方動画が見つかります。

 

今回はブラックアンドデッカーの丸鋸に合わせて作りましたが、その場合は丸鋸だけではなくてジグゾーでも使えました。なので、ジグゾーを使って真っ直ぐにカットしたい時にも凄く便利になりました。

 

 

ブラックアンドデッカーの丸鋸に合わせて作った場合はブラックアンドデッカーの丸鋸とジグゾーのどちらでも使えましたが他の工具メーカーでもこうなるのかは分かりません。

 

私はブラックアンドデッカーで全て揃えていて、丸鋸よりは木屑が飛び散りにくいジグゾーは小さなカットだと室内でもたまに使っています。だから、この丸鋸ガイドはこれから凄く活躍しそうです。

 

「真っ直ぐにカット出来なくて失敗した」なんてこともほぼ無くなる事を期待して、これから色々と作るのが楽しみです。

 

今日はここまで〜