DIYと暮らしを楽しむ

男前インテリアが好きで賃貸で原状回復が出来るDIYを楽しんでいます。100均DIY/ハンドメイド/プラバン/カフェ巡り/暮らしを楽しむ色んなこと。

DIYと暮らしを楽しむ

日常生活をお洒落に楽しんでいる人達が居ると知りました。
そんな方々のブログを参考に暮らしを楽しんでいるLIFE STYLE BLOGです。

100均の写真フレームとOSBボードでDIY!『カフェ風ショーケース』を作る!

今回は、100均のA4写真フレームとOSBボード、ホームセンターのファルカタ集成材という軽くて加工がしやすい木材を使って『カフェ風ショーケース』をDIYしてみました。

 

完成イメージは、雑貨屋さんでもよく見かけるこんな感じのショーケース(ディスプレイボックス)です。

 

 

本格的でなくてもこれっぽい物であれば良いので、このガラスショーケースの雰囲気を少し真似てみました。

 

そして、ホームセンターで簡単に手に入るファルカタ集成材と100均材料を使ってDIYしたショーケースの完成品はこんな感じになりました。

 

100均写真フレームで作ったカフェ風ショーケース

 

 本物と比べると劣る部分はそりゃ沢山ありますが、これでも十分に使えます。

 

我が家では、キッチンではなくてリビングで使うことにしました。適度に隠すことが出来る収納ボックスとして整理整頓にも凄く便利です。

 

少し面倒くさい手順はありましたが、作って良かったなと思っています。

 

それでは、今回のDIYのスタートです。

 

 

手順①カフェ風ショーケースのパタパタ扉を100均写真フレームで作る!

 

まずは、カフェ風ショーケースの全面にあるパタパタ扉を作っていきます。

 

使った材料は、100均のA4写真フレーム3つと転写シールです。

 

最初に、写真フレームを水性ニスで塗装して背面の板だけを外しておきます。そして、写真を保護する透明フィルムだけを残して横に並べます。

 

透明フィルムは、好みで転写シールを貼ってアレンジしました。

 

100均写真フレームと転写シール

 

扉の持ち手にはセリアの取っ手を使いました。

 

並べた3枚の写真フレームは、背面から速乾性ボンドとタッカーで固定します。

 

写真フレームで作るカフェ風小窓

 

これで、カフェ風ショーケースで使うパタパタ扉は完成です。

 

3枚の写真フレームで作ったこのパタパタ扉は、実は以前にキッチンリメイクでDIYした『カフェ風小窓』の使い回しです。

 

キッチンをカフェ風小窓で100均リメイク

 

この時の賃貸キッチンのリメイクの詳細は、過去記事からご覧頂けます。

 

maiaimon09.blogspot.jp

 

キッチンはこの数ヶ月後に凄くシンプルな収納に再リメイクしました。だから、原状回復(解体)をして写真フレームで作った小窓は取り外して保管していました。

 

今回、こうして小窓を再利用することが出来て良かったです。

 

手順②カフェ風ショーケースの木枠(ボックス部分)のパーツを作る!

 

次に、パタパタ扉を取り付けるショーケース(ボックス部分)を作っていきます。

 

ホームセンターで簡単に手に入るファルカタ集成材3枚と、セリアで販売されているOSBボード2枚を使いました。サイズは次の通りです。

 

ファルカタ集成材と100均OSBボード

 

ファルカタ集成材は長さ60cmのものを購入すると、A4写真フレームを3つ並べて長さとほぼ一緒になります。

 

100均写真フレームで小窓をDIY

 

ノコギリでカットする手間が無くなるので、60cmのものを購入すると面倒くさい作業がほんの少しだけど減ります。

 

ファルカタ材は柔らかくて加工がしやすくて軽いので扱いやすいです。でも、勿論デメリットもあります。

 

強くぶつけると凹んでしまう場合があります。強度はそこまでしっかりとはしていないです。

 

それでも、普通に使う分には全然問題無い程度なので今回利用しました。

 

まず、2枚のファルカタ材でカフェ風ショーケースの底板を作る!

 

まず、ホームセンターで購入出来るファルカタ集成材の9cm幅と12cm幅の板2枚を速乾性ボンドで接着します。

 

ファルカタ集成材

 

普通の木工用ボンドより速乾性を使った方がかなり早くかたまってくれて便利です。

 

こうして、9cmと12cmの板2枚を貼り合わせるとA4のOSBボードの横幅と同じ長さになります。

 

100均セリアのOSBボード

 

2枚の板を速乾ボンドで繋ぎ合わせただけでは強度が不安だったので、波釘を使って板のサイドからも更に固定しておきました。

 

まず、板と板の繋ぎ目に波釘を当てます。

 

波釘の使い方

 

トンカチでトントンと打ち付けます。すると、こんな感じで波釘が埋め込まれて板と板がしっかりと繋ぎ合わされて固定されます。

 

波釘を使う

 

『速乾ボンド+波釘』で簡単に強度もアップします。波釘も高いものではないので、ストックして持っておくと色々と便利です。

 

こうして繋ぎ合わせた2枚の板が、カフェ風ショーケースの底板部分になります。

 

次に、100均リメイクシートでカフェ風ショーケースの底板をタイル張り風にする!

 

次に、繋ぎ合わせた2枚の板(ショーケースの底板部分となる)に100均のリメイクシートを貼っていきます。

 

今回使ったのは、セリアのタイル貼り風のリメイクシートです。

 

100均リメイクシートを貼る

 

板からはみ出た余分なリメイクシートはカッターで綺麗に切り取ります。すると、こんな感じになります。

 

100均セリアのタイルリメイクシート

 

「シンプルな雰囲気が好き」「材料費を削りたい」そんな場合は、リメイクシートを貼らずに水性ニスなどでの塗装だけでも良いと思います。

 

次に、セリアのOSBボードでカフェ風ショーケースの側面部分のパーツを作る!

 

次に、用意していた残りのファルカタ集成材(幅12cm)に合わせてOSBボードに印を付けます。

 

※ 12cmの所に印を付けるということ。

 

100均OSBボード

 

2枚の100均OSBボードに印を付けれたら、斜めに線を引きます。

 

OSBボードでショーケースをDIY

 

そして、斜めに引いた線に沿ってOSBボードをカットしていきます。 

 

セリアのOSBボードとブラックアンドデッカー

 

DIYをしていくなかで、電動ドライバーの先端を付け変えるだけで色んな工具に変身させられる工具があれば凄く便利です。

 

私は、ブラックアンドデッカーを使っています。

 

色んな工具を買うよりは安くて経済的だし、先端を付け換えるだけで丸鋸やジグソー、電動ドライバーにもなるので便利です。

 

 

今回も、先端を電動ドライバーからジグソーに付け替えた電ノコでカットしました。手鋸よりもやっぱり早い!

 

ブラックアンドデッカーのジグソー

 

こうして板を添わせてカットすると、真っ直ぐに切るのが苦手な私の不器用さでも比較的真っ直ぐにカットすることが出来ます。

 

カット出来たら紙やすりでトゲトゲを整えて綺麗にしておきます。

 

カットしたセリアのOSBボード

 

この斜めにカットしたOSBボードが、カフェ風ショーケースの側面の部分になります。

 

これで、カフェ風ショーケースの木枠部分が作れる全てのパーツが完成しました。

 

次に、これらのパーツを使って木枠(ボックス)を組み立てていきます。

 

作ったパーツを使ってカフェ風ショーケースの木枠(ボックス部分)を組み立てる!

 

まず、電動ドライバーの先端をドリルに付け変えます。

 

そして、斜めにカットしたセリアのOSBボードに下穴を開けます。

 

セリアのOSBボードに下穴を開ける

 

OSBボードに下穴を開けておいた方がビスが通りやすくて簡単に組み立てられますし、ビス打ちした時に木が割れてしまう失敗を減らすことも出来ます。

 

タイル張り風のリメイクシートを貼って作っておいた底板パーツに、下穴を開けたOSBボードをビスで固定して組み立てます。

 

すると、こんな感じになります。

 

100均のOSBボードとリメイクシートで作るショーケース

 

同じようにショーケースの天井板もビスで固定していきます。

 

※ 天井板のファルカタ集成材はダイソーの水性ニスで塗装しました。

 

カフェg風ショーケースをDIYする

 

ここまで出来たら、後はショーケースの背面と扉を付ければ完成です。

 

カフェ風ショーケースの木枠(ボックス部分)に背板とパタパタ扉を取り付けて完成!

 

カフェ風ショーケースの背板に使った材料はプラダン(プラスチックダンボール)です。木の板よりもカットしやすくてカッターで切れます。

 

まず、ショーケース木枠の背面にプラダンを当ててカットする位置に印を付けます。

 

かガラスケースをDIYする方法

 

カッターでカットしたプラダンはカット部分で手を切ったりしやすいです。だから、マスキングテープで端を保護しておきました。

 

プラダンとマスキングテープ

 

あまり雑貨屋さんでは見かけないこのカモ井加工紙(mt)のマステ。幅もセロハンテープと同じくらいで使いやすいので、DIYでよく使っています。

 

 

プラダンのカット部分を保護出来たら、ヘリンボーン柄のリメイクシートを貼っていきます。今回は100均ダイソーのキッチンで使うリメイクシートを購入しました。

 

ダイソーのヘリンボーン柄のリメイクシート

 

このリメイクシートをプラダンに貼ると、真っ黒なプラダンも簡単にヘリンボーン風に変身します。

 

ダイソーのヘリンボーン柄リメイクシート

 

リメイクシートを貼ったプラダンは、ショーケースの木枠に細釘で打ち付けて固定しました。ちなみに、背面は見えないのでリメイクシートを貼っていません。

 

プラダンで出来るDIY

 

ショーケース背面へのプラダンの固定は接着剤でも良いと思います。「剥がれてしまうかな?」と少し不安に思ったので今回は釘にしました。

 

これで、ショーケースの中が真っ黒のプラダンからヘリンボーン柄になりました。

 

100均リメイクシートでショーケースや収納ボックスを作る

 

横から見るとこんな感じです。OSBボードの側面は少し斜めになっています。

 

ガラスケース(カフェ風ショーケース)のDIY

 

次に、最初に作っておいたパタパタ扉を固定します。 蝶番は100均でも販売されています。

 

写真フレームで作るガラスショーケース(収納ボックス)

 

ショーケースをキッチンで使う場合は、食器やパンなどを入れている方が多いみたいですね。 

 

我が家ではリビングで使うことにしたので、少しごちゃごちゃしてしまうものを程よく隠せる収納ショーケースとして使ってみました。

 

DIYしたショーケースに収納して隠す

 

収納ボックスに入れていてもごちゃごちゃしてしまう色んなものをショーケースに入れて、パタパタ扉を閉めるとこんな感じで程よく収納した物を隠せます。

 

100均DIYで作ったカフェ風ガラスショーケース

 

これで、100均のOSBボードと写真フレームを使ったDIYで出来る『カフェ風ショーケース』の完成です。

 

作業工程の中で色んな面倒くさい手間はかかりますが、自分で作るとやっぱり愛着が湧きますね。

 

今日はここまで〜