DIYと暮らしを楽しむ

男前インテリアが好きで賃貸で原状回復が出来るDIYを楽しんでいます。100均DIY/ハンドメイド/プラバン/カフェ巡り/暮らしを楽しむ色んなこと。

DIYと暮らしを楽しむ

日常生活をお洒落に楽しんでいる人達が居ると知りました。
そんな方々のブログを参考に暮らしを楽しんでいるLIFE STYLE BLOGです。

100均のファイル収納を男前インテリア風にリメイクして整理整頓してみた!

今回は100均のファイルケースを使ってノートや参考書の整理整頓をていきます。

 

こんな風に棚に置いていた本やCD類を隠して収納してしまいます。

 

DIYした収納棚

 

100均のファイルケースは便利ですが、そのまま使うとおしゃれには見えません。

 

そこで、少し前から流行っている「ファイルケースに板を貼る」という方法で100均のチープ感を消してみました。

 

今じゃほとんどの方が知っている定番のリメイク方法です。

 

100均ファイルケースのリメイク

 

男前インテリアやカフェインテリア好きにはピッタリの簡単な100均DIYです。

 

 

100均のファイル収納を木の板を使っておしゃれにリメイクするDIYをしてみる! 

 

材料は100均のセリアとダイソーで揃えました。 

 

  • セリアの取っ手
  • セリアのファイル収納ケース
  • ダイソーの工作木材(木の板)
  • 黒の結束バンド
  • 短いビス(ネジ)

 

ダイソーでもセリアでも取っ手や木の板は販売されています。

 

どちらでも購入出来ますが、セリアの方が取っ手の種類は多いです。 

 

木の板はダイソーでもセリアでも種類が豊富です。

 

でも、大型店舗の方が木材の種類も豊富で揃えやすいとは思います。

 

ファイルケースは、穴の空いているタイプをを選びました。

 

そのだ方が結束バンドで木の板を簡単に頑丈に固定することが出来ます。

 

※ 印の場所に板を固定します。

 

100均のファイル収納ケース

 

結束バンドはよくある白色や透明なものよりも黒色がおすすめです。

 

黒い結束バンドの方が目立たないので、仕上がりがチープには見えずに誤魔化しも効きます。

 

セリアとダイソーでも黒の結束バンドが販売されています。

 

もし、最寄りの100円ショップで完売していたり短い結束バンドしかない感じでしたら通販でも100本SETで安く購入出来ます。

 

 

手順① 100均ファイル収納ケースの高さに合わせて板をカットする

 

まず、ファイルケースと木の板を並べて、ファイルケースが隠れるくらいの長さにカットします。

 

ダイソーの木材と収納ケース

 

使った木の板は100均水性ニスで塗装を済ませたダイソーの板です。

 

カットする板の長さが決まったら印を付けます。

 

のこぎりで真っ直ぐにカットすることが苦手な場合は、印を付けた線に添って木をガイド代わりに当ててカットします。

 

鋸の綺麗に切れる使い方

 

すると、木材が定規の代わりになって真っ直ぐにカットしやすくなります。

 

ノコギリで綺麗に切る方法

 

「鋸なんて苦手だよ。使うなよ。面倒くさいよ。」って方には、簡単に早くカットが出来るサムライの鋸がおすすめです。

 

写真の木の板も20秒位でカット出来ました。

 

女性の力でも軽々カット出来るということでAmazonでも大人気です。試しに買ってみましたが、本当によく切れます。

 

 

木材のカットは面倒くさくて出来れば避けて通りたいところです。

 

でも、木材をカットが出来るようになるだけで色々と作れる物も増えます。

 

サムライの鋸は決してカット面が綺麗な訳ではありませんが、カット後に紙やすりで整えれば何の問題もありません。

 

鋸でカットする用の台がない場合は、ダイソーで買えるラックを使えば大丈夫です。ドリルでの穴あけにも使えて便利です。

 

ダイソーで作る作業台

 

手順② カットした木材を紙やすりで整えて綺麗にする

 

木の板がカット出来たら、紙やすりでカット面を整えていきます。

 

粗いやすりで擦った後に細かいやすりで擦ります。すると、ツルツルになります。

 

紙やすりは木材に巻き付けると使いやすいです。 


紙やすりの使い方

 

この時に、粗めの紙やすりで木の角を強めに擦って丸みをもたせます。

 

すると、少し使い古したヴィンテージ風に仕上がります。

 

紙やすりでエイジング加工する方法

 

紙やすりで整え終わったら、セリアの水性ニスで下地塗装(ブラウン)をします。

 

ここまでで、一度ちゃんと乾かします。

 

手順③ 100均セリアの水性ペンキで男前なジャンク風に塗装していく

 

下地の塗装をして一度乾かしていた木の板を、ヴィンテージ風に再塗装していきます。

 

下地の色(ブラウン)の上から、セリアの水性ペンキを塗って直ぐに布で拭き取ります。

 

写真で細かく説明していきます。

 

まずは、こんなふうに水性ペンキをベタ塗りします。

 

水性ペンキでビンテージ加工する

 

その後、素早く布でゴシゴシ拭き取ります。

 

すると、最初に塗った下地の水性ニス(ブラウン)の上に、薄く自然に色が付く感じに仕上がります。

 

左側から緑・赤・オレンジです。

 

セリアの水性ニスと水性ペンキで塗装

 

水性ニスと水性ペンキはセリアの商品を使いました。

 

塗る作業は使い捨て用に100均の激落ちくんみたいなスポンジを使っています。

 

拭き取る布はいらなくなった服や靴下を切って使用すれば節約になります。

 

セリアの水性ニスと水性ペンキ

 

塗って直ぐに拭き取る方法だと刷毛がなくても十分奇麗に塗れます。

 

100均の激落ちくんみたいなスポンジだと沢山入っていて使い捨ても出来るので、洗わなきゃいけない刷毛よりも手間も少ないです。

 

手順④ 100均のファイル収納に塗装した木の板を固定する

 

ファイルケースの正面に塗装した木の板を当てます。

 

そして、結束バンドを通す為の穴を2箇所にあけます。 

 

100均のファイル収納に穴をあける

 

ドリルで穴をあけれたら結束バンドを通します。

 

ドリルで穴をあけて結束バンドを通す

 

ファイル収納ケースの正面表から見るとこんな感じです。

 

木材に結束バンドを通す

 

結束バンドをギュっと締めて余った部分ははさみでカットします。

 

100均ファイルケースと板を結束バンドで固定

 

これだけで、ファイル収納ケースと木の板は固定されます。

 

でも、少々グラつくのでビス(ネジ)でも固定していきます。

 

まず、ファイルケースのプラスチックにキリなどを使って下穴をあけて、木の板を突き抜けてしまわない長さのビスを使って固定します。

 

でも、そんな小さなビスの固定だけだと、ネジ穴が緩んで空回りして外れたりすることも考えられます。

 

そこで、今回は【結束バンド+ビス】の合計3箇所での固定をしたのです。

 

100均ファイルケースと木材を固定

 

これで、かなり頑丈になりました。

 

ノートや参考書を入れても板が外れる事はまず無いと思います。(※ 2017年9月の今も板が外れることなく快適に使えています。)

 

100均セリアの取手を付けてほぼ完成なのですが、表側から見える結束バンドが少々気にもなります。

 

100円ショップのファイル収納ボックスのリメイク

 

黒の結束バンドを使っているので、気にならなければ問題はありません。

 

でも、今回は自作のラベルを作って結束バンドを隠してみました。

 

手順⑤ 自作の手書きラベルを作って貼って完成!

 

自作の手書きラベル作りに使ったのは、セリアの100円クラフトシールです。

 

手書きする「レタリング」は、大好きなチョークボーイさんの本を参考にしました。

 

 

でも、しばらくレタリングの練習をサボっていたので何回書いても上手くは書けませんでした。何でも練習はサボったら駄目なのですね…。 

 

クラフトシールで手書きタグ作り

 

チョークボーイさんの参考書が気になる方はこちらの記事で確認が出来ます。

 

自作した手書きラベル(タグ)は、100均でDIYしたファイル収納ケースの結束バンドを隠すように貼り付けます。

 

100均リメイクでおしゃれな収納作り

 

これで、見えていた結束バンドも奇麗に隠す事が出来ました。

 

100均でDIYしたこのファイルケースを使って、丸見えだった書類やCDなどを隠して収納してみました。

 

【Before】

見せる収納を作る場所

 

【After】

おしゃれな見せる収納

 

収納したノートや参考書が正面からは見えません。これだけなのに、随分とスッキリとしました。

 

取り出す時は、取り付けた100均の取っ手を持ってファイルケースを持ち上げます。この点の使い勝手もいい感じです。

 

ファイルケースをおしゃれにリメイク

 

本当に少しずつですが、整理整頓が進んでスッキリとしていくと凄く気分転換にもなりますね。

 

今日はここまで〜