読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DIYと暮らしを楽しむ

男前インテリアに憧れて賃貸部屋でdiyを始めました。 カフェや雑貨屋巡りと暮らしを楽しむ色んな事。

DIYと暮らしを楽しむ

日常生活をお洒落に楽しんでいる人達が居ると知りました。
そんな方々のブログを参考に暮らしを楽しんでいるLIFE STYLE BLOGです。

100均のファイル収納をお洒落にリメイクして整理整頓!

100均 100均-100均DIY DIY・整理整頓
 

スポンサーリンク

今回は100均のファイルケースを使ってノートや参考書の整理整頓をしたいと思います。整理整頓をしたい場所は過去に簡単な収納棚をDIYしたこの場所です。

 


100円ショップで整理整頓する

 

 

100均商品を使うとお洒落には見えなくなってしまうインテリアですが、今ではほとんどの方が知っている定番のリメイク方法でお洒落じゃない100円のファイルケースを少し変身させました。

 

 

男前インテリアやカフェインテリア好きにはピッタリの簡単な定番リメイクdiyです。

 

 

ー目次ー

 

 

★100均ファイル収納をお洒落にリメイクする方法!

 

 

◉100円ショップで材料を揃える!

 

 

用意する材料は100円ショップで揃えました。ダイソーとセリアで購入出来ます。

 

 

  • セリアの取っ手
  • セリアのファイル収納ケース
  • ダイソーの工作木材(木の板)
  • 黒の結束バンド
  • 短いビス(ネジ)

 

 

以上です。ダイソーでもセリアでも取っ手や木の板は販売されているので、どちらでも購入出来ます。でも、取っ手などはいつもセリアで購入しています。セリアの小物の方が好きという個人的な好みです^^;

 

 

木の板はダイソーの大型店舗の方が種類も豊富なので揃えやすいとは思いますが、セリアでも販売さるているのでサイズが合えばどちらで購入しても作れます。

 

 

木の板はファイルケースの印の場所に固定するので、この場所に板を固定してファイルケースが隠れる幅の物を選びます。

 


100均のファイル収納ケース

 

 

結束バンドはよくある白色や透明なものよりも黒色をお勧めします。黒の方が不思議とダサく見えなくて誤魔化しが効きますよ^^

 

 

セリアとダイソーでも黒の結束バンドが販売されています。もし、最寄りの100円ショップで完売していたり短い結束バンドしかない感じでしたら通販でも100本SETで安く購入出来ます。

 

ファイルケースは、こんな感じで背面に穴があいている物を選びます。

 


セリアのファイル収納ケース

 

 

リメイクをする時に、結束バンドを使って木の板とファイルケースを固定する作業があります。その時、ファイルケースに穴をあける手間なく結束バンドを通せます。

 

 

結束バンドはなるべく長い物を選んだ方が使いやすいです。短い結束バンドだと長さが足りない時があったりと何かと不便ですが、長い結束バンドだと縛った後にカットすれば長過ぎた場合も不便なく使えます。

 

 

この他にビス(ネジ)が自宅になければ、板を突き抜けない位の長さのビスを用意しておきます。格好良く見せる為にお勧めな方法の「木の板の色を変える」なんて事も100均ペンキや水性ニスで十分可能です。

 

 

100均のペンキや水性ニスは一度買ってしまえば何個かのリメイク品は作れるので、買っていても損はないと思います。

 

 

では、収納ファイルケースのリメイクdiyを始めます。

 

 

◉100均ファイル収納ケースのリメイク方法!

 

 

まず、ファイルケースと木の板を並べて、ファイルケースが隠れる位でカットする長さを決めます。

 


100均の木の板と収納ケース

 

 

A3ファイルを収納しても木の板で隠れるように、これ位の長さで印を付けました。

 


ダイソーの木材と収納ケース

 

 

この板はダイソーの板です。以前に100均の板で作った作業台を壊して使っている再利用なので片面だけ色を塗っています。

 

 

カットする位置が決まったら印を付けます。真っ直ぐ線を引くのが苦手な方は、ツーバイフォー定規がワンコインで変えるのに不器用でも真っ直ぐに線が引けて便利で使いやすいです。

 


ツーバイフォー定規

 

 

その印を付けた線に添って木を当てます。

 


鋸の綺麗に切れる使い方

 

 

線に添って当てた木を定規代わりにノコギリでカットします。

 


ノコギリで綺麗に切る方法

 

 

「ノコギリなんて苦手だよ。簡単リメイクなのに使うなよー。」って方には、先日の記事でも紹介したサムライのノコギリが切りやすくてお勧めです。写真の木の板も20秒位でカットしました。

 

 

私も木材カットが苦手でなんとか避けてきましたが、木材をカットするようになるだけで色々と作れる物も増えました。diyしたけど使わなくなったミニ棚を壊して木材を再利用なんて事も出来てホント便利になります。

 

 

もし、「ノコギリでカットする用の台がないよ」って方はダイソーで買えるラックで応用出来ます。私も今はそうやってカットしています。格好良いBLACK+DECKERの作業台からは程遠いですが、ドリルでの穴あけにも使えて便利ではあります。

 


ダイソーで作る作業台

 

 

仮の作業台で使っているダイソーラックは組み合わせて作るので100円では済みませんが、本物の作業台を買うより随分安く済みます。凝った事は出来ない今の実力だと、節約も兼ねて取り敢えず「ダイソー作業台」で十分と思っておきます^^;

 

 

木の板がカット出来たら紙やすりでトゲトゲを整えます。粗いやすりで擦った後に細かいやすりで擦るとツルツルになってトゲも刺さらずに安全です。

 


ダイソーの木材

 

 

紙やすりは木材の端材に巻き付けて使うと使いやすいです。

 


紙やすりの使い方

 

 

粗めの紙やすりで木の板の角を擦ったりすると少しヴィンテージ風に仕上がります。

 


紙やすりでエイジング加工する方法

 

 

写真の板は使い回しなので色が塗ってありますが、新品の木の板でもやすった後に着色するとちゃんとヴィンテージ風に仕上がります。

 

 

トゲトゲを奇麗に整え終わったらセリアの水性ニスで着色しました。一度乾かしてヴィンテージ風の色が付いた板の上から、セリアの水性ペンキを塗って直ぐに布で拭き取るという作業をします。

 

 

詳しく説明すると、ウォールナットを塗って数分乾かした上から、こんなふうに水性ペンキをベタ塗りします。

 


水性ペンキでビンテージ加工する

 

 

その後、素早く布でゴシゴシ拭き取ります。すると、こんな感じで最初に塗った水性ニスの上に薄〜く自然に色が付く感じで仕上がります。左側から緑・赤・オレンジです。

 


セリアの水性ニスと水性ペンキで塗装

 

 

水性ニスと水性ペンキはセリアの商品を使いました。塗る作業は使い捨て用に100均の激落ちくんみたいなスポンジを使っています。拭き取る布はいらなくなった服を切ったりして使用しています。

 


セリアの水性ニスと水性ペンキ

 

 

塗って直ぐに拭き取る方法だとハケじゃなくても十分奇麗に塗れます。100均の激落ちくんスポンジだと沢山入っていて使い捨て出来るので、洗わなきゃいけない刷毛よりも手間なく使えます。

 

 

塗装した木の板が乾いたら、ファイルケースに木の板を当てます。結束バンドを通す穴を2箇所ドリルで穴をあけます。

 


100均のファイル収納に穴をあける

 

 

ドリルで穴をあけれたら結束バンドをこんな風に通します。

 

 
ドリルで穴をあけて結束バンドを通す

 

 

表から見るとこんな感じです。

 


木材に結束バンドを通す

 

 

結束バンドをギュっと結んで余った部分をカットします。

 


100均ファイルケースと板を結束バンドで固定

 

 

これだけで、ファイル収納ケースと木の板は十分に固定されます。でも、少々グラつくのでビスでも固定します。

 

 

ファイルケースのプラスチックに下穴をあけます。下穴あけに使ったのはプラスチックに小さな穴をあけることが出来るダイソーの100円工具です。

 


プラスチックに下穴をあける

 

 

板を突き抜けない長さの小さなビスを使うので、大きな下穴だとビスが空回りします。なので、下穴は小さな穴をあけます。

 

 

小さなビスだけでもネジ穴が緩んで外れたりも考えられて強度が不安なので【結束バンド+ビス】が安心です。合計3箇所を固定しました。

 


100均ファイルケースと木材を固定

 

 

かなり頑丈になるので、ノートや参考書を入れても板が外れる事はまず無いと思います。表側から見るとこんな感じです。見える結束バンドが少々気になるので後ほど隠します。

 


100均のファイルボックスのリメイク

 

 

セリアの取っ手も付けて、合計3個を作りました。今回は初めて3個それぞれの板の色をほのかに違う色にしました。

 


100円ショップのファイル収納ボックスのリメイク

 

 

我が家は、ほぼウォールナット色のdiyで作られたインテリアです。ガッツリ違う色で作ると部屋がガチャガチャして見えると思ったので、今回の着色方法を選びました。

 

 

自分の好みに合わせて作れるのもdiyの良い所ですね^^もっと色んな物を作れるようになりたいものです。

 

 

★100円のクラフトシールで手書きのタグを作る!

 

 

さて、先程気になっていた結束バンドで固定した時のこれ。

 


100均のファイルケースでdiy

 

 

この結束バンドを簡単なハンドメイドで隠したいと思います。使うのはセリアの100円のクラフトシールです。大好きなチョークボーイさんの本を参考に手書きします。

 


クラフトシールで手書きタグ作り

 

 

しばらく練習をサボっていたので何回書いても納得いく雰囲気では書けませんでした(-_-)練習サボったら駄目ですね…。また参考書を見ながらコツコツ練習しようと思いました。参考書などが気になる方は過去記事でまとめています。

  

【関連記事】黒板チョークレタリングが簡単に上手くなる書き方とフォントが詰まった「あの本」買いました! 

 

 

作ったハンドメイドの手書きタグは100均リメイクで作ったファイル収納ケースの結束バンドを隠すように貼り付けます。

 


100均リメイクでおしゃれな収納作り

 

 

チラ見えしていた結束バンドも奇麗に誤魔化して隠す事が出来ました。シールじゃない普通のクラフト紙で作った場合は速乾性ボンドなどで貼っても直ぐに貼れて剥がれにくいです。

 

 

このファイルケースを使って散らかってはいないけれど、なんだかなー。だったこの場所を整理整頓しました。

 


見せる収納を作る場所

 

 

100均のファイルケースを並べて、ファイルケースの中にノートや参考書を整理して収納しました。

 


おしゃれな見せる収納

 

 

正面からは収納したノートや参考書は見えないのでスッキリしています。取り出す時は、取り付けた取っ手を持ってファイルケースを持ち上げられるので楽ちんです。

 


ファイルケースをおしゃれにリメイク

 

 

少しずつ整理整頓diyが進んでいます。ホント少しずつ。

 

 

今日もここまで〜