読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DIYと暮らしを楽しむ

男前インテリアに憧れて賃貸部屋でdiyを始めました。 カフェや雑貨屋巡りと暮らしを楽しむ色んな事。

DIYと暮らしを楽しむ

日常生活をお洒落に楽しんでいる人達が居ると知りました。
そんな方々のブログを参考に暮らしを楽しんでいるLIFE STYLE BLOGです。

100均焼き網の簡単リメイクで作れる壁面飾り棚のdiyのまとめ!

100均 100均-100均DIY DIY DIY・棚作り
 

スポンサーリンク

monchiです♪今回は私がdiyを始めた最初の頃に作った100均の焼き網を使った定番のdiy!!壁掛けの飾り棚のまとめ記事です。今までで三種類作っています。

 
 
 それらの【焼き網でのDIY】をタイプ①〜③に分けて作り方をまとめてみました。

 

 

 

★焼き網の飾り棚《タイプ①のDIY方法》

 
 
よく紹介されている定番の形の飾り棚です。
 

100均の焼き網でリメイクしたdiy飾り棚
 
 
この壁掛け飾り棚にフェイクグリーンを飾ったり、タンブラーを置くとこんな感じの見せる収納インテリアとなります。
 

100均の焼き網でリメイクしたdiy飾り棚
 
 
よく雑誌などで紹介されている定番のタイプです。材料は100均で揃います。
 
 
  • 焼き網
  • 壁掛け押しピン
  • 工作木材
  • 水性ニス
  • アクリル絵の具(茶) ※サビ加工する場合
 
 
まず、机や棚の端の上に100均の工作用の木材を置きます。
 

リメイクで使う100均木材
 
 
写真が残っていないので、下手過ぎるイラストで説明します^^;女性の力でも100均の焼き網を曲げられる様に、テコの原理を使って折り曲げます。
 

100均の焼き網リメイク使う材料
 
 
まず、棚や机から少しはみ出る位の位置に材料で購入して100均木材を置きます。この時、少しはみ出る位にしないと焼き網を曲げた時に机や棚に傷が付くので必ずはみ出る位に置くこと!
 

100均の焼き網リメイクで曲げる方法のイラスト説明
 
 
次に、木材の上から焼き網を置きます。自分が折り曲げたいと思う位置が、棚に置いた木材の端のラインに合うように置きます。(下のイラスト)
 
 
次に焼き網の左側を手の平でしっかりと押さえながら、下のイラストの赤字で書いた『上から強く押す』とある右側部分をグッ!と下に押します。
 

100均の焼き網リメイクで曲げる方法のイラスト説明
 
 
これで、下のイラストの様に女性の力でも綺麗に焼き網が曲がります。棚と焼き網の間に板を挟まずにこれをすると、家具に傷が付くので必ず木材を敷きましょう!
※家具を傷から守る為なので、分厚いタオルでも大丈夫です。


100均の焼き網リメイクで曲げる方法のイラスト説明
 
 
この焼き網を曲げる作業を繰り返して、100均の焼き網をこの様な形にします。
 

100均の焼き網リメイクdiy完成品
 
 
曲げる順番は短い方から先に!です。順番を間違えると、2箇所めを曲げる時に、棚に置いてテコの原理で曲げる方法がやりにくくなります。
 
 
テコの原理で曲げる時に使った木材の板は、焼き網の飾り棚に乗せる板として最後に使います。
 
 
100均のピカピカの焼き網も白い工作木材も水性ニスで色を付けました。使い古した感じになって、ヴィンテージ感が少しだけ出て安っぽさは無くなったと思います。
 

100均の木材をビンテージ加工
 
 
本格的な方は、茶色のアクリル絵の具でサビ加工されています。面倒くさがりな私は水性ニスのみです!
 
 
ホントは水性ニスを塗るのも面倒ですが、塗らないと100均だぜ!って感じのピカピカ感がどうも安っぽく見えて嫌いなので塗ってます^^;
 
 
100均の工作木材も色を付けるとこんな感じになります。面倒ですが、たったひと手間で100円には見えなくなるので必ず色は変えています。
 

100均の焼き網をビンテージ加工
 
 
こちらを、折り曲げた焼き網にセットします。そして、壁掛け押しピンで吊るして飾るとこうなります!
 

100均の焼き網をサビ加工
 
 
ここに、フェイクグリーンを巻き付けて、タンブラーなどを置くと【定番タイプ】の焼き網リメイクの飾り棚の完成です。
 
 
さて、ここで一つ気になりませんでしたか?色を付ける為の水性ニスやワックス、ステインってどうやって選べば良いのか?と…。
 
 
私も全然分からなくてまずは真似をして、流行りのブライワックスを使ったり、「安いやん!」と飛び付いて100均の水性ニスを使ったりと色々と試しました。
 
 
私はdiyアドバイザーの資格を持っている訳でもないので「これがオススメです!」なんて知識もないです。
 
 
ざっ!と説明をまとめていますので、仕上がりの雰囲気や価格などなど。ご自分に合った物を皆さんも試して見付けてみて下さい。
 

✒ 塗るだけで高級感が増す水性ニスやワックスの種類

 
私は色々と試してみて、ウォールナットの水性ウレタンニスを使っています。着色にも何種類かありますが、臭いや価格、そして好みの色や雰囲気でみなさん決められている様です。
 
 
 
 
定番だとこの辺りだと思います。
 
 
  • そこまで本格的ではなくても大丈夫だから価格が低い方が良い
  • 室内で出来る位のキツくない臭いが理想
  • 臭いに弱くすぐ気分が悪くなる体質
 
 
この辺りを踏まえて、ブライワックスなど色々と使った結果、臭いが少ない水性ニスと水性ウレタンニスを使う事が多くなりました。
 
 
でも、ブライワックスは磨くとツヤツヤになって高級感が出て良かったな〜…。と名残惜しさはあります^^;
 
 
みなさんも色々と使ってみて、価格や臭いや仕上がり具合などを実際確かめて答えを出して見て下さい!
 
 
それぞれに、それぞれの良さがあります。
 
    

★焼き網の飾り棚《タイプ②のDIY方法》

 
 
お次は定番タイプを少しアレンジした置き型タイプです。
 
 

100均の焼き網でリメイクしたdiy飾り棚
 
 
こちらは、板を黒く塗ったのではなくて100均のビニールテープを巻き付けて作っている簡単お手軽タイプです。
 
 
100均セリアで作ったミニ収納を置いて飾るとこんな感じになります。
 


100均の焼き網でリメイクしたdiy飾り棚

 
 
こちらのタイプも材料はほぼ100均です。
 
 
  • 焼き網
  • 分厚い木材
  • 転写シール
  • 水性ニス
  • アクリル絵の具(茶) ※サビ加工する場合
 
 
焼き網の簡単な折り曲げ方は《タイプ①》で説明した同じ方法で折り曲げます。
 
 
このタイプはホームセンターでお得販売されていた分厚い木材を使いました。安くて一本100円位で販売されている時があります。
 

2✕4木材でdiy
 
 
分厚い木材で作ったこの置き型の飾り棚は、木材に色を塗るのではなくて、100均のビニールテープを使いました。
 
 

100均のビニールテープでdiy
 
 
ぐるぐると巻き付けていきます。一定方向に貼っていくと重なっている箇所も気にならない位に綺麗に貼れます。
 

100均のビニールテープでdiy
 
 
男前インテリアに合う黒い板が出来たら、セリアの転写シールを貼ります。大体は転写シール一つでそれなりにお洒落に見えます^^
 

セリアの転写シール ステンシルシール
 
 
転写シールの良い所は、シールに見えない!ステンシルをした様な仕上がりになる嬉しい使えるアイテムです。
 
 
そして、折り曲げていた焼き網に置くとこんな雰囲気となります。
 

100均の焼き網でリメイクdiyの飾り棚
 
 
こちらの焼き網も水性ニスで少し汚した加工をしています。
 

100均の焼き網をサビ加工
 
 
完成した置き型の飾り棚に、セリアで作った収納棚などを並べると、100均の焼き網を使った見せる収納《タイプ②》の出来上がりです。
 

100均の焼き網でリメイクdiyの飾り棚
 
 

★焼き網の飾り棚《タイプ③のDIY方法》

 
 
押しピンの穴も開けたくない!出来ればふすまの扉や“かもい”(出っ張り部分)とかにかけて飾りたい!って時もありますよね。
 

ふすまのかもい
 
 
そんな時に使える方法が、押しピンを使わずに出っ張り部分にかけて飾る方法です。
diy方法は記事後半にまとめています。
 

100均の焼き網でリメイクしたdiy飾り棚
 
 
私が作った100均の焼き網を使った壁掛け飾り棚や置き型収納はこんな感じです。有名なブロガーさんになるとBOXを作ったりしている方もいますね!私もまだまだ未熟者です^^;
 
 
こちらも材料は100均で揃います。
 
 
  • 焼き網
  • S字フック付きのチェーン
  • 工作木材
  • 水性ニス
  • アクリル絵の具(茶) ※サビ加工する場合
 
 
焼き網を曲げるここまでの手順は《タイプ①》と《タイプ②》と同じ作り方です。
 

100均の焼き網でリメイクdiyの飾り棚
 
 
今回の押しピンを使わずにかけれる飾り棚は、壁にかけられる場所がなければいけません。例えば【壁面に元々付いているかもい】や【ふすま周りのかもい】などの出っ張りです。
 

ふすまのかもい
 
 
こういう部分にS字のチェーンフックで掛けて飾り棚を作ります。もしそういう場所が無ければ作ってしまうという手もあります。
 
 
私の賃貸部屋は一つ一つの部屋が狭かったので、部屋を大きく使う為に、ふすま(扉)を外して壁に立てかけていました。
 
 
そうして出来た出っ張り部分にこんな風に飾り棚をかけました。
 

壁に立て掛けたリメイクしたふすま
 
 
「え?ふすま?これレンガやん?」と思いましたか?このレンガの壁は取り外したふすまにレンガの壁紙を貼りました。詳しく知りたい方は『ふすまをレンガの壁紙でリメイク!!』の参考ブログでご覧下さい^^
 
 
元々かける場所がある方も、かける場所がなくて私の様に【ふすま+レンガ壁紙】でかける場所を作った方も、場所が出来れば、押しピンを使わずにこの方法で飾り棚を取り付けることが出来ます。
 
 
まず、セリアで販売されているフック付きチェーンを2本かけます。
 

レンガにリメイクしたふすま
 
 
作った100均の焼き網飾り棚のネット部分に、下の通し方でフックチェーンを通します。
 

レンガにリメイクしたふすまにかけたフック
 
 
これでしっかり固定されて、穴があく押しピンなどを使わなくても飾り棚をかける事が出来ます。
 

100均の焼き網でリメイクdiyの飾り棚
 
 
沢山飾っても落ちてきたりはしないです。ふすま(リメイク後のこのレンガ壁)の前には収納棚を置いています。
 

100均の焼き網でリメイクdiyの飾り棚
 
 
壁に立てかけたふすまの前に棚などを置く事で、立てかけてあるふすまが倒れて来ないようにしています。
 
 
以上が今まで作った100均の焼き網で簡単に真似が出来る飾り棚のリメイクdiyです。自分の暮らしの環境に合った飾り棚を是非作ってみて下さい^^!!