読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DIYと暮らしを楽しむ

男前インテリアに憧れて賃貸部屋でdiyを始めました。 カフェや雑貨屋巡りと暮らしを楽しむ色んな事。

DIYと暮らしを楽しむ

日常生活をお洒落に楽しんでいる人達が居ると知りました。
そんな方々のブログを参考に暮らしを楽しんでいるLIFE STYLE BLOGです。

調味料ラックの簡単なdiyで料理がしやすい見せる収納を作る!

DIY DIY・キッチンリメイク
 

スポンサーリンク

monchiです。「何か作らなきゃ書く事がない」と思ったので何か作って欲しい物がないかを聞いて回っている今日この頃です。

 
 
そして、調味料ラックを作って欲しいとリクエストがあったので調味料ラックを作りました。とても簡単でシンプルな調味料ラックです。
 
 
【目次】
 

★調味料ラックdiyの木材を準備!

 

  

まず、ホームセンターで作りたい大きさの長さに合わせてカットしてもらいます。お会計時にに「カットをお願いします」と伝えるとカットしてくれます。
 
 
ホームセンターのコーナンなんかはアプリをダウロードすると一日10カットまで無料のクーポンが貰えます。なので、カット数が少ないだけ無料で全てのカットを終わらせられます。
 
 
カットして貰った木材の切り口を整えるのは自分でしないといけません。紙ヤスリやサンダーでトゲトゲをツルツルに整えます。
 

ブラックデッカードライバー
 
 
お次に色を変えます。色を変えると高級感が出るからみんなワックスを塗っているんだと思っていたのですが、木材の保護などのきちんとした理由もあるそうです。
 
 
今回はVINTAGE WAX(ビンテージワックス)を塗り込みました。ブライワックスより低価格なので買ってみたワックスです。過去記事でも書きましたが臭いはOILのような臭いです。
 
 
乾燥に一日以上かかって乾燥後も一週間程だけほのかにワックスの臭いがしました。今は全然臭いません。ブライワックスの方が乾燥の時間も早くて乾燥後の臭いも少なく感じました。
 
 
 
 
布に付けて薄ーく伸ばして塗り込めます。液状の中にドロっとした物がある感じです。伸びが良くて塗りやすくて木目もしっかり出てくれます。少しの量で1本塗れるのでかなり長持ちします。手軽に室内でも塗れる液状の水性ニスよりは減りが遅いです。
 

diy木材
 
 
価格が安くても直ぐに使い切ってしまう程に減りが早い商品もあります。一回で使う量、乾燥時間、臭いや仕上がり具合などで皆さん選ばれています。一度使ってみるのが一番分かりやすいですが口コミなんかを見ても結構参考になりました。
 
 

★調味料ラックを組み立てるdiy方法!

 
 
一日乾燥させた木材をこんな風に組んでビスでとめていきます。
 


調味料ラックdiy

 
 
今回はこんな金具で固定していきました。ただビスでとめていくよりはグラグラしにくくてしっかりと頑丈になります。
 

金具のdiyで調味料ラック
 
 
この金具は一つ数十円でホームセンターでも購入できます。この金具を組んだ木材の繋ぎ目の全てにビスで固定していきます。
 

調味料ラックをdiy
 
 
たったこれだけで凄くシンプルな調味料ラックが完成です。この金具を使うと少しインダストリアル風になります。
 

diyした調味料ラック
 
 

★diyした調味料ラックをキッチンへ!

 
 
完成した調味料ラックをリクエスト宅へと運びました。背面はレンガの壁紙を貼っています。
 

diy調味料ラックとレンガ壁紙
 
 
塗料の料金を省くと全部で1000円ちょっとで完成しました。ここに塩コショウなどの調味料類を置きます。料理も凄くしやすくなります。何回も塗料を購入するとそれだけお金はかかります。
 
 
色々な塗料を購入してきましたが安くても液状だと直ぐになくなります。ブライワックスやビンテージワックスなど固形や若干液状のワックスはニスより価格は少し上がるものの少量を薄く伸ばして塗れるので長持ちします。
 
 
まだまだdiyする予定の中でコスパの良いお気に入りのOILやワックス、ニスなどを早く見付けたいと思います。
 
 
まだどれが良いのか迷い中です^^;このWAXがなくなると次に気になっているのはアンティークWAXです。ニオイが少ないという口コミを見て気になっています。また、購入したら使用感をまとめたいと思います。